• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

データベースエンジニアの案件をご覧の方へ

データベースエンジニアは、データベースの設計や構築、運用などを行う職種です。データベースエンジニアの求人・案件によっては、データベースだけではなくサーバーの最適化や効率化なども行うことがあります。
データベースエンジニアの求人・案件の例は以下のとおりです。
・データ分析基盤の構築
・債権管理システム開発
・公共系システム移行

上記は実際にレバテックフリーランスでご紹介しているデータベースエンジニアの求人・案件です。データベースエンジニアの役割は、クライアントの商品情報や顧客情報などを管理し、効率的に検索できるようにデータベースの設計・構築・運用・保守を行うことです。データベースエンジニアは、アクセスが集中した際の負荷分散や不正アクセスの対策など、利便性やセキュリティ面を考慮したデータベースの構築が求められます。なお、データベースエンジニアは、データ管理者(DA)とデータベース管理者(DBA)の2種類に分けられることがあります。データベースエンジニアのうち、データ管理者は情報システム全体のデータ資源を管理し、データベース管理者は基幹データベースの構築・維持などを行う傾向があります。データ管理者はシステム全体を把握することが重要であり、高いマネジメントスキルが求められます。
データベースエンジニアとして経験を積んだ後は、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーを目指すことが一般的であるとされています。中でも、専門的なデータベースの知識やスキルが必要となるデータベースコンサルタントを目指すケースが多いようです。

【データベースエンジニア求人・案件の必要なスキルについて】
データベースエンジニアの求人・案件で求められるスキルは企業や仕事内容によって異なりますが、以下の例が挙げられます。
・データベースの知識、スキル
・セキュリティの知識、スキル
・コミュニケーションスキル

データベースエンジニアの求人・案件では、Oracle社の製品の知識やMySQL、SQL Serverといったデータベースソフトを扱うスキルが求められる傾向があります。実際にレバテックフリーランスのデータベースエンジニアの案件では、SQLやMySQLでの開発経験を問われることがあります。そのため、SQLやMySQLでの実務経験が豊富なフリーエンジニアの方は、データベースエンジニア案件の選択肢を増やせるかもしれません。
その他、データベースエンジニアの求人・案件では、セキュリティの知識・スキルが求められる傾向があります。データベースエンジニア求人・案件でセキュリティ業務を担う際は、アクセス権の付与やデータの暗号化などを適切に行う必要があるため、SQLインジェクションやセキュアコーディングの知識があるとアピール材料になると考えられます。
さらに、求人・案件によっては、データベースエンジニアはクライアントに交渉したり他部署の社員と情報共有したりすることがあります。データベースエンジニアとして業務を行う際は、相手のニーズに沿って提案するスキルや端的に説明するスキルなどが大切になるといえるでしょう。

【データベースエンジニア求人・案件の将来性について】
データベースエンジニア求人・案件で求められる知識・スキルは、増加傾向にあるといわれています。一方でアプリケーションエンジニアやインフラエンジニアなどの別職種の求人・案件にデータベースエンジニアの業務を求めるケースが多くなっています。そのため、フリーランス・フリーエンジニアのデータベースエンジニアとして今後も活躍し続けるには、主体的に+αの知識・スキルを身につけることが大切だといえるでしょう。
なお、インフラエンジニアやアプリケーションエンジニアの求人・案件では、データベースエンジニアに必要なデータベースのパフォーマンスチューニングの知識が求められる場合があります。データベースエンジニアとしてスキルを磨きつつ、ネットワーク・サーバーといったITインフラやアプリケーションの知識・スキルを身につけることで、インフラエンジニアやアプリケーションエンジニアの求人・案件にもエントリーできるかもしれません。
その他、データベースエンジニアとしてPythonやR言語といったプログラミング言語の知識を身につければ、データサイエンティストの求人・案件にエントリーできる可能性があります。データサイエンティストは、企業のビジネス課題を分析して解決策を提案するのが仕事です。データサイエンティストの求人・案件では、PythonやR言語の知識のほか、データベースエンジニアに必要なSQLやデータベースを扱うスキルなどが求められる傾向があります。データサイエンティストの需要は高まっているため、データベースの知識を活かし、フリーランス・フリーエンジニアのデータベースエンジニアからキャリアチェンジを図るのも一つの方法といえます。

データベースエンジニアのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているデータベースエンジニアのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年12月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
DB(データベース)エンジニアの仕事内容 インフラエンジニアとデータベースエンジニアの違い 

関連する求人・案件
Oracleの求人・案件 SQLの求人・案件 データベースエンジニア Oracleの求人・案件 

おすすめのキーワードから探す
Oracle 技術者の求人・案件 データベース 管理者の求人・案件 データベース構築の求人・案件 データベース設計の求人・案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?