基盤系SEの仕事内容

T.K 38歳 男性

T.K 38歳 男性

基盤系SEとはどのような職種ですか?

基盤系SEは、アプリケーションを動かす基盤部分(インフラ)を開発する職種です。システム構築後の運用やトラブル対応も行い、システムを順調に稼動させることが求められます。

詳しい解説はこちら

1.ユーザーに見えない基盤部分(インフラ)を構築するSEです

システム開発に必要なSEには、大きく分けてアプリ系SEと基盤系SEが存在します。アプリ系SEがアプリのデザインや動作を開発するのに対して、基盤系SEはアプリを動かすために必要な基盤の設計・構築を行います。インターネットが個人レベルで普及するようになった現在、企業でも日々新しいシステムが導入されています。そのため、システム構築に欠かせない基盤系SEの需要は高まっている状態です。

また個人のインターネット環境に比べて、企業の場合は膨大なデータを素早く正確に扱うことが求められます。複数のパソコンを連動させ、巨大なネットワークを構築するためには、基盤系エンジニアにも高い水準のスキルが必要です。システムの根本を支える基盤系SEは将来性が高い職種と言えるでしょう。

2.システムの構築・維持がメインの職種です

基盤系SEの仕事は、システムの基盤を構築・維持する事です。仕事内容を段階的に見ていきましょう。

■通信環境の整備

まずは必要な環境を整えます。例えばアプリ制作であれば、システムの根幹の設計、アクセスを想定したサーバー選び、予備サーバーの設置などを行います。

■整備した通信環境の維持

必要な通信環境を整えたら、維持管理の段階に移行します。ポイントは、設計・構築の段階でトラブルが起きないように努める事です。質の高いシステムを開発することでトラブル発生の可能性を低く抑え、維持管理の時間を有効に使えるようにします。

■トラブル時の対応

企業で常時稼動しているシステムの場合、障害が発生するとシステムがストップしてしまい、企業やユーザーに大きな損失を与えかねません。システムトラブルは発生しないに越したことはありませんが、不測の事態に備えた迅速で正確な対応が求められるシーンです。

3.素早く正確な対応やコミュニケーション能力が必要です

企業のシステムを担う基盤系SEには、さまざまなスキルが求められます。その中でも非常に重要とされるのが、トラブルの際の解決力です。いかに素早く、的確な解決策を実行できるかが基盤系SEの腕の見せ所になります。スキルを磨くためには、サーバー・ネットワークを仮想化し、意図的にトラブルを発生させた上で対処する方法も有効といえます。

また企業のシステム周りを担うという事は、相応の実務経験も求められます。実務経験を積むためには、日頃から個人のネット環境内で複数のPCを同一サーバーで扱ったり、サーバー増設や切り替えを行ったりと様々なシチュエーションを想定して経験を重ねていく事が大切です。

基盤系SEは、技術的なスキルの他にソフトスキルも重要視されます。クライアント先での作業、打ち合わせが多い職種のため、初対面の人とも円滑なミュニケーションを取り、予想外の事態が起きても柔軟に対応できるエンジニアが評価される傾向にあります。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.