プログラミング講師に必要なスキル

O.M 40歳 男性

O.M 40歳 男性

プログラミング講師になるには、どのようなスキルが必要になりますか。

企業担当 長岡 豊

企業担当

長岡 豊

プログラミング講師になるためには、 特定のプログラミング言語に精通していることが必要です。さらに、エンジニアとしての実務経験を求められることもあります。

詳しい解説はこちら

1.プログラミング講師の仕事内容と働き方について

プログラミング講師は、その名の通りプログラミング技術を教える職種です。プログラミングと一言に言っても、Web系(HTML/CSS、JavaScript、PHPなど)やモバイルアプリ系(Java、Android、Swift)といった様々な言語があるため、それぞれの言語に特化したプログラミング講師が存在します。社会人向けの講座をはじめ、近年では小・中・高校生向けのプログラミング教室なども増えてきており、プログラミング講師の活躍の場は広がっています。

企業先や研修施設などに出向いてレクチャーを行う他、オンライン講師として活動したり、副業として講師をしている人もいます。

■プログラミング講師の仕事内容

スクールによって異なりますが、下記がプログラミング講師の主な仕事内容です。
・プログラミング言語のレクチャー
・生徒へのフィードバック
・カリキュラムの確認
・学習進捗の確認 など

2.プログラミング講師になる方法とは?

■プログラミング講師に資格は必要か?

プログラミング講師になるために、特に必要な資格や免許はありません。プログラミングの知識・経験があれば、講師としての経験がなくても活動できる場合もあります。講師の研修や養成を行っているプログラミングスクールも増えてきました。また、カリキュラムなどが用意されている場合もあり、それに沿ってレクチャーすることもできます。

■プログラミング講師として働くには?

まずは、プログラミング講師を募集しているスクールなどに応募します。プログラミング講師を本業としている人もいれば、副業としている人もいます。オンラインスクールも増えていることから、エンジニアやプログラマーなどで働く傍ら、空いた時間を利用して副業として働くこともあります。

■プログラミング講師の需要

子供向けのプログラミング教室やオンラインでの講座など活躍の場が広がっていることから、プログラミング講師の需要は増加の傾向にあります。また現在、高度IT化が進んでおり、それに伴ってプログラミングができる人材が必要とされています。将来的にはIT人材の不足が懸念されており、人材育成のためにもプログラミング技術をレクチャーできる講師の存在は重要と言えるでしょう。

3.プログラミング講師に必要なスキルと経験

■プログラミングの知識とノウハウ

プログラミング講師に必要なスキルには、まず何かしらのプログラミング言語に精通していることが挙げられます。プログラミング講師になるための資格は特にありませんが、実務経験やプログラミング関連の資格を取得しておくことがスキルの証明になることもあるでしょう。さらにプログラミングに関連するシステム開発やOSについての知識・ノウハウなども必要です。

■エンジニアとしての実務経験

プログラミング講師にはエンジニアなどの実務経験を重視されることが多く、一方で講師としての経験を必要としない場合もあります。実務上での経験は、テキストにも記載されてないことがあり、生徒にとっても付加価値として役に立つことがあるからです。実務経験はあっても講師としてのスキルに自信がない場合は、講師を育成するためのサポート体制が整っている企業やスクールへ応募するとよいでしょう。

■その他

分かりやすく端的に説明できるスキルは必要です。オンラインでレクチャーを行うこともあるため、伝えたいことを分かりやすく説明できる人はプログラミング講師に向いていると言えます。さらに丁寧にフィードバックを行ったり、学習の進捗をしっかり把握しておくなど、生徒への細かな心掛けも大切といえます。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.