自営業と自由業の違い

N.S 25歳 男性

N.S 25歳 男性

自営業と自由業の違いを教えてください。

企業担当 米本 奈緒子

企業担当

米本 奈緒子

自営業と自由業という言葉に対して、特に定められた違いはありません。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.「自営業」と「自由業」のそれぞれの違い

辞書などで調べると、以下のような内容が出てきます。

【自営業】…社会的呼称。辞書的には個人事業主と同義。
【自由業】…雇用されてない人の総称。フリーランスともいう。

「自営業」は、「個人事業主による事業」「自分の力で経営し、生計を立てること」という意味。それに対し「自由業」は、「時間や雇用契約に束縛されない職業」「独立して営む自由職業」などとされているようです。

2.「自由業」「自営業」の例をご紹介

どちらも特に大きな違いはないため、同じような意味で使っている人も多く見られます。

ただ、世間的なイメージとしては、次のような職業がそれぞれ挙げられます。

■自営業

八百屋、農家、飲食店 etc.

自営業は、個人経営で事業を行うことを指します。基本的には、自分のお店を持ち、開店時間と閉店時間を設けているところが多いようです。

■自由業

芸術家、芸能人、弁護士、小説家、作曲家、漫画家、画家、イラストレーター、写真家 etc.

それに対し「自由業」は、場所や時間を問わず自身の技術や才能を活かして仕事をするイメージが強いようです。

一般的に自由業は、時間に縛られることなく「自由に仕事ができる」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

3.「自営業」「自由業」のメリット・デメリット

自営業と自由業は、ほぼ同じような意味として使われていますが、会社員と比べると、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。自営業、自由業と会社員のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

■「自営業」「自由業」のメリット

・自分のペースで仕事を進められる
・自分一人で行うため、営業や保険、税金などのスキルが身に付けられる

■「自営業」「自由業」のデメリット

・自分で全ての責任を負う必要ある
・収入が安定しにくい

このように、自営業や自由業は、時間や場所に縛られず、自分のアイディアを発揮できる環境にありますが、その分責任やリスクも大きいようです。

■「会社員」のメリット

・病気や怪我などで働けなくなった場合、有給や傷病手当金などの制度がある
・保険や給与など、事務的な手続きや作業は会社が行ってくれる
・現場に上司や同僚など相談できる相手がいる
・収入が安定しやすい

■「会社員」のデメリット

・基本的に会社側の指示に従う必要がある(勤務時間外労働、出張、休日出勤など)
・業務内容や人間関係など自分の意志で選択できない要素がある

会社員は自営業や自由業に比べると、時間や裁量の自由が制限されますが、その分しっかりとした保証や給与が期待できるでしょう。

ご自身の持っているスキルを発揮しやすい働き方はどちらなのかをしっかり認識して、自分に合った働き方を選択するといいのではないでしょうか。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.