フリーランスと無職はどう違う?

フリーランスと無職にはどのような違いがあるのでしょうか?この記事では、両者の異なる点のほか、よく似た意味の言葉である個人事業主とフリーランスとの違いもまとめています。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスと無職の違い
フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスと無職の違い

フリーランスと無職の違いは、どこにあるのでしょうか。大きく分けると、「職業に就いているかいないか」が両者のわかりやすい違いとなります。無職とは、職業に就いていない人を指す言葉で、フリーランスは仕事ごとに契約を結んで働いている人を指す言葉です。

日本標準職業分類では、「報酬を目的として仕事をすること」を職業と定義しています。また、実際に報酬を得ていなくても、「報酬を伴うか、または報酬を目的とするもの」は職業と判断されるため、収入のない期間があるフリーランスの場合でも、仕事をしていれば無職とはいえないでしょう。

報酬とは、賃金や給料、利潤など労働の対価として払われた金銭や現物を指し、利子や家賃などの財産収入や年金、小遣い、ギャンブルの配当や景品などは報酬には当たりません。報酬以外に当てはまる収入を得ている場合であっても、職業に就いていない場合は無職となります。

参照元 : 総務省 - 日本標準職業分類

フリーランスになれるか相談する

フリーランスと個人事業主の違い

前項ではフリーランスと無職の違いを説明しましたが、よくフリーランスと似た意味で使われる個人事業主とはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの言葉の意味を説明します。

個人事業主とは

個人事業主は、税務上の所得区分のひとつです。株式会社などの法人を設立せず、個人で事業を営む人を指します。

フリーランスとは

フリーランスとは、特定の企業や組織、団体に雇用されるのではなく、案件ごとに契約を結び、自分の知識やスキルを提供することで報酬を得る働き方です。フリーランスで働く職種の例としては、ITエンジニアやデザイナーなどが挙げられます。

両者のわかりやすい違いは、個人事業主は制度上の区分であり、フリーランスは働き方のことです。個人事業主かつフリーランスであるという人もいますが、必ずしもイコールであるわけではありません。

フリーランスと個人事業主の違いについては「 フリーランスと個人事業主の違い」もご確認ください。

フリーランスになれるか相談する


※本記事は2022年6月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。