オンラインカウンセリング実施中

ITアーキテクトとは|仕事内容・年収・必要なスキルや資格を解説

ITアーキテクトは、企業の戦略を実現するために最適なシステムを立案・設計する職種です。そのため、ITエンジニアの上位キャリアパスとして目指す人も少なくありません。ITアーキテクトを目指すなら、具体的な業務範囲や平均年収や必要なスキルなどは把握しておきましょう。本記事では、今回はITアーキテクトについて、仕事内容・年収・必要なスキルや資格なども合わせてご紹介します。

ITアーキテクト案件を提案してもらう

目次

ITアーキテクトとは
ITアーキテクトの仕事内容
ITアーキテクトになるには
ITアーキテクトの必要スキル
ITアーキテクトの必要資格
ITアーキテクトの年収
ITアーキテクトのキャリアパス
ITアーキテクトの今後の需要
ITアーキテクトの役割を理解しよう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ITアーキテクトとは

ITアーキテクトは、企業の要求に応じた最適なITシステムを設計するエンジニアです。

IPAの「IT アーキテクト育成ハンドブック第2版」では、ITアーキテクトの目的は「ITシステム構築を成功に導くための技術的基盤を計画し、用意する」こととされており、ITアーキテクトがシステム開発において担当する範囲では、「要求モデリング」と「アーキテクチャ設計」の2つのフェーズが挙げられています。

なお、IPAの「ITスキル標準V3」における「アーキテクチャ設計」とは「要件(制約)の分析と定義、アーキテクチャ設計指針の定義、ITアーキテクチャ設計、アーキテクチャおよび技術的視点から実現可能性評価、技術上の課題の定義と代替案の分析、プラットフォーム及び要素技術の評価」とされています。

企業が希望するビジネス課題などをITシステムで解決するために、ITアーキテクトはモデリングを通して要件や制約などを分析し、最適なITシステムの「構造」を提示します。このとき、企業の経営戦略やステークホルダー、そしてすでに導入されているシステムがあればそれも含めて企業のITシステム全体を根本から見直します。

そのため、既存の業務システムから最新のIT技術などITに関する幅広い知識やスキルが必要です。これらは表面化しない要件分析として分析に含まれます。

近年では企業におけるIT技術の導入や見直しが推進されていることもあり、ITアーキテクトの需要が高まっていくことが期待できます。

ITアーキテクトとプロジェクトマネージャの違い

プロジェクトマネージャは、プロジェクト全体を管理することが主な業務といえます。実際に、IPAの「ITスキル標準 V3」において求められるスキルには、プロジェクト憲章作成、プロジェクト・スコープ記述書暫定版作成、プロジェクトマネジメント計画書作成、プロジェクト実行の指揮・マネジメント、プロジェクト作業の監視コントロール、統合変更管理、プロジェクト終結などが挙げられています。

また、プロジェクトマネージャに必要なスキルとして、スコープ、タイム、コスト、品質、コミュニケーション、リスクなどのマネジメントスキルも挙げられます。

プロジェクトマネージャは、プロジェクトを問題なく進行させるために、スケジュール管理やチームメンバーの選定と割り当て、予算や成果物の品質管理、トラブルが起きた場合の対処、対外対応などを担当するのです。

プロジェクトマネージャも業務要件分析、技術要件分析などに携わりますが、ITアーキテクチャのようにその企業のITシステム全体が対象とはなりません。

一方で、ITアーキテクトは開発においてチームメンバーの進捗などを管理することもありますが、プロジェクトマネージャのように管理業務がメインではありません。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)とは|役割や仕事内容、年収は?

ITアーキテクトとITコンサルタントの違い

ITコンサルタントは、ITアーキテクトと比べると経営側に近い視点が必要です。ITコンサルタントには経営戦略を実現するためのITシステム企画や立案といった業務もありますが、最も重要なのは経営戦略の実現や課題の解決です。そのために必要であれば、経営戦略自体の見直しや業務の改善の支援なども行います。

ITコンサルタント、ITアーキテクトは、ともにクライアントのニーズを把握するまでのヒアリングや分析が重要であり、その内容をもとに改善提案を行う点では類似しています。

IPAの「ITスキル標準V3」によると、ITコンサルタントは、ビジネス上の課題の特定と分析を行い、ITの知見をもとに解決の方向性の提言するスキルが求められます。

ITコンサルタントは、情報収集や企業とのヒアリング、業務フローの分析などを行い、これらの情報分析と企業がどのようなシステム運用を希望しているのかをまとめ、システムの構築を提案します。

このITコンサルタントが提案したシステムに企業側が同意すれば開発プロジェクトが開始されますが、このときITコンサルタントによるシステム要件やアーキテクチャ要件をもとに、ITアーキテクトがアーキテクチャ設計をおこなう場合があります。このことから、ITコンサルタントは、ITアーキテクトと比べて企業とのやりとりが多くなる傾向にあるといえるでしょう。

企業がITコンサルタントの提案したシステムの導入を決めた後、ITコンサルタントはプロジェクトを管理する立場で参画します。

関連記事 : ITコンサルタントとは|仕事内容、年収、転職に役立つスキルや資格など

ITアーキテクトとITスペシャリストの違い

ITスペシャリストは、エンジニアの業務のなかでひとつの分野を極めた専門的なエンジニアです。IPAの「ITスキル標準V3」によると、ITスペシャリストはデータベース、ネットワーク、アプリケーション共通基盤、プラットフォーム、システム管理、セキュリティの6つの専門分野に分かれており、システムの開発において自分が専門とする分野の業務を担当します。

たとえば、各分野の設計フェーズにおいて問題や課題が発生した場合、システム全体を設計するITアーキテクトと、専門分野の設計を担当するITスペシャリストが話し合いを行うことがあります。問題や課題がクリアになったらITスペシャリストが設計を進め、設計に沿って開発が進められます。このときITスペシャリストは実際の開発業務も担当します。

一方、ITアーキテクトは、自分が開発・実装するのではなく、システム全体のデザインがすることがメインの業務です。ITアーキテクトは設計者側に近い職種、ITスペシャリストは開発側に近いエンジニア職種といえるでしょう。

関連記事 : 管理系の職位を目指すべきか?ITエンジニアのキャリアパスを考える

ITアーキテクト案件を提案してもらう

ITアーキテクトの仕事内容

ITアーキテクトの主な仕事内容は企業のITシステム全体を企画することですが、さらに仕事内容を詳しく見てみましょう。

  • クライアントへの企画提案
  • アーキテクチャ設計

ITアーキテクトは、企業のビジネス要件や制約などを基に、最適で実現可能なシステム構成を提案します。この企業にはどのようなシステムが最適なのかを考える際に、企業が抱える課題や環境なども把握し、分析をすることも必要です。

そしてそれらの分析をもとに、モデリング技法や開発方法を検討し、実装できるシステム要件へ落とし込みます。こうして出来上がったシステム全体の構成を企業へ提案します。

そしてシステム構成が通った段階で、システム全体のアーキテクチャ設計を進めます。アーキテクチャ設計においては、システム全体の方向性や仕組み、開発後の保守運用も含めて検討し、最も理想的かつ合理的な構成で技術的な問題がなく動作するような設計を行います。同時にエンジニアが円滑に開発を進めていけるよう、わかりやすい設計であることも重視されます。

ITアーキテクトは、開発段階のサポートも行います。プログラマーやシステムエンジニアに対して指示を出すなど、現場のメンバーをリードしていくことも業務のひとつです。

関連記事 : ITエンジニアとは?種類や仕事内容、必要なスキル・資格を紹介

ITアーキテクトになるには

ITアーキテクトはシステム全体の設計を担う仕事のため、難易度も高いがやりがいもある仕事です。とはいえ、一言でITアーキテクトといっても、システム全体を設計する「システムアーキテクチャ」、業務アプリケーション全体を設計する「アプリケーションアーキテクチャ」など、さまざまな職種があります。

アーキテクチャ設計やアプリケーション全体設計を担当するため、プラットフォームやプロダクトの知識や、対象業務の業務知識が必要です。また、システム全体の設計を担当する職種のため、知識面、行動面、コミュニケーションスキルなどで他のエンジニアからの信頼されることも必要となります。

このようにITアーキテクトは求められるレベルが高い上位職であるため、ITエンジニアとしての実務経験の十分な下地が必要です。

そのため、ITアーキテクトになるためには、IT系企業でプロジェクトに参画し、ITエンジニアとしての経験を積んでいくのが王道です。そして、並行で関連プラットフォームやプロダクトの知識を習得していきながら、システム設計スキルに関する信頼を組織内で高めていきましょう。そうした信頼の積み重ねにより、将来、ITアーキテクトとしてプロジェクトに参加することが可能となります。

関連記事 : ITアーキテクトの資格|システムアーキテクト試験などの難易度・合格率は?

ITアーキテクトの必要スキル

ITアーキテクトにはITスキルは必須ですが、それ以外にも必要なスキルがあります。ここでは、ITアーキテクトに必要なスキルは以下の3点を例として挙げます。

  • アーキテクチャ設計
  • 設計技法
  • 関連技術動向の把握

アーキテクチャ設計

1つ目は「アーキテクチャ設計」のスキルです。アーキテクチャ設計に求められるのは、「要件分析」「アーキテクチャ設計指針の定義」「技術上の課題も定義と代替案の提案」などです。まずは携わったプロジェクトの基本設計書などを参照しながらアーキテクチャ設計を確認し、自分の知識として蓄積していきましょう。

設計技法

2つ目は「設計技法」のスキルです。システムで要求される仕様を分析して設計をおこなうフェーズにおいて、流れや構造などを把握するために「モデル」を作成します。モデルを作ることを「モデリング」と呼び、「業務フローのモデリング」、「データモデリング」、「プロセスモデリング」、「UMLモデリング」などが挙げられます。

また、モデリングは「DFD(データフローダイアグラム)」や、データベース設計に用いる「ER図」などを用いて表記されます。まずは、これらのモデリング技法を理解し、システム設計などで実際に活用し、設計技法を身につけましょう。

関連技術動向の把握

3つ目は「関連技術動向の把握」です。AWSやGCPなど、プラットフォームやプロダクトによって、特性や実装方法が異なります。このため、システム全体の設計を行うには、関連プラットフォームやプロダクトの知識や実装スキルが不可欠です。関連プロダクトやプラットフォームの動向を把握し、知識やスキルを高めていきましょう。

関連記事 : インフラエンジニアに必要なAWSのスキルとは?求人案件や勉強方法を紹介

ITアーキテクトの必要資格

ITアーキテクトには必須の資格はありません。しかし、以下のような資格は業務に活かしていくことができます。

  • システムアーキテクト試験
  • プロジェクトマネージャ

システムアーキテクト試験では技術的な知識を習得でき、プロジェクトマネージャの資格ではプロジェクトを円滑に遂行するための知識を習得できます。

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験」は、IPA(情報処理推進機構)が実施している試験で、情報処理系の国家資格のひとつです。システムアーキテクト試験に合格することで、情報システムの設計に関して高度な知識を有しているIT人材であることを証明できます。

試験では、システムの選定、システムやソフトウェアの開発に関する要件定義から運用保守までの一連の業務、IoTや組み込みシステムを利用したシステムの開発などについて出題されます。

難易度としては高めで、2019年の合格率は15.3%です。1回の試験では午前Ⅰ・Ⅱ、午後Ⅰ・Ⅱの4つを受けることとなり、合格には、午前Ⅰ・Ⅱと午後Ⅰのすべてで100点中60点以上をとり、午後Ⅱの論述式試験でAランク評価を得る必要があります。午後の試験はⅠ・Ⅱともに記述式の問題となり、実務経験を活かした論述が求められます。

システムアーキテクト試験に合格することで、より高度なアーキテクチャ設計を実現しやすくなり、業務に活かしていくことができるでしょう。

また、システムアーキテクト試験は国家資格でもあるため、給与の資格手当に該当する可能性があります。年収アップにも繋がりますし、将来的にはフリーランスとして独立した際にも、アピールポイントにもできるので、取得を目指す価値は大きいと言えるでしょう。

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャ試験」もまた、IPA(情報処理推進機構)が実施している情報処理系の国家資格のひとつです。プロジェクトマネージャ試験に合格することで、プロジェクト管理が行える知識を持っていることを証明できます。

試験では、プロジェクトの目標設定、スケジュールの作成、コストの見積り、チームの選定、リスクや品質の管理など、プロジェクトの発足から完了までの一連の業務について出題されます。プロジェクトマネージャ試験においても、午後の試験は記述式の問題となり、実務経験を活かした論述が求められます。

2019年の合格率は14.1%となっており、プロジェクトの上流工程に携わった経験がない人が試験勉強だけで合格するのは難しいかもしれません。

ITアーキテクトにとって、マネジメント能力は重要なスキルです。プロジェクトマネージャ試験に合格することで、よりマネジメント力が上がり、日々の業務に直接活かしていくことができるでしょう。

また、プロジェクトマネージャ試験においても、システムアーキテクト試験と同様に年収アップやフリーランス案件受注の際に役立つことが期待できます。

関連記事 : プロジェクトマネージャーに役立つ資格|試験概要や難易度、勉強方法を紹介

ITアーキテクトの年収

企業に勤めるITアーキテクトそのものの年収について官公庁が公表したデータはありません。そのためここでは、近い職種の年収をご紹介します。

平成29年の経済産業省による「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、高度SE、ITエンジニア、基板設計担当・ITアーキテクト)IT人材の平均年収が778.2万円となっています。

数あるIT職種の中でもITアーキテクトのような高度な業務を担当するIT職種の年収は、IT人材全体の平均よりも高くなる可能性があります。ITアーキテクトは、実務経験と豊富な知識がなければこなせない職種という点でも、実績やスキルなどの評価が収入に反映されることが期待できます。

関連記事 : ITアーキテクトの平均年収|年収アップに役立つ資格やスキルは?

ITアーキテクトのキャリアパス

ITエンジニアの中でも最上流工程に携わるITアーキテクトのキャリアパスとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • ITコンサルタント
  • フリーランスとして独立

ITコンサルタント

ITコンサルタントになるキャリアパスは、ITアーキテクトとITコンサルタントの業務が一部重なるところもあるため、キャリアチェンジしやすいでしょう。ただし、ITコンサルタントは企業側目線で企画や提案を行うので、経営に関する知識やクライアントの業界独自の傾向などを踏まえた提案が必要となる点には注意が必要です。

ITアーキテクトの経験を持つITコンサルタントは技術的な面も踏まえた設計が可能となるため、より市場価値を高められるでしょう。ITコンサルタントになるキャリアパスは、営業よりの業務に挑戦したい人や経営に近い視点からの提案を行いたい人に向いているキャリアパスです。

フリーランスとして独立

フリーランスとして独立するキャリアパスでは、ITアーキテクトとして一定年数の実務経験があることが重要です。フリーランス案件では、業務遂行に必要な知識やスキルだけでなく、実務経験年数が条件となる場合があるからです。

フリーランスとして案件を受注した方が、企業の社員で働くよりも自由な働き方が可能になり、収入も増える可能性が高まります。しかし、フリーランスとして安定した収入を得るには、継続的に案件を獲得するための営業も必要です。

フリーランスとして独立するキャリアパスは、ITアーキテクトとしての自分のスキルを試したい人や、比較的自由な働き方で収入アップを目指したい人に向いています。

関連記事 : ITコンサルタントとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

ITアーキテクトの今後の需要

IT業界に限らず、多くの企業はITシステムを導入しており、今後はIT技術をどれだけ事業に活かしていけるかがより重要なポイントとなるでしょう。ITアーキテクトというポジションは、企業のIT活用という問題に直接解決策を提案することができるため、需要が高まることが期待できます。

最近ではビッグデータの活用や機械学習、IoTの活用などにも注目が集まっているため、これらのような最新の技術を取り入れられるITアーキテクトは、市場価値がアップすることが見込まれます。

関連記事 : IoTエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

ITアーキテクトの役割を理解しよう

ITアーキテクトは、システム開発において重要な設計を担う職種です。ITスキルやマネジメントスキルなど必要となるスキルや経験が高度であるため、初心者からいきなり目指すのは難しい職種だと言えるでしょう。

しかし、ITアーキテクトは今後も需要が期待できるので、まずはエンジニアとしてプロジェクトの上流工程を経験したのち、システムアーキテクト試験やプロジェクトマネージャ試験などの資格を取得して、知識を深めてから目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事 : プロジェクトマネージャーに役立つ資格|試験概要や難易度、勉強方法を紹介

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

ITアーキテクト案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとITアーキテクトの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.