会社員の仕事以外に興味が向いたら
脱サラとは?意味・基礎知識を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

脱サラとは、会社勤めを辞め、独立して生計を立てることを指します。脱サラする前には、そのメリットとデメリットをよく検討し、今後の方向性や資金面などに関して綿密な計画を立てることが大切といえます。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. 脱サラとは企業を辞め、サラリーマン以外の方法で生計を立てること
2. 脱サラにより自分の意思で事業を進められるように
3. 収入が保証されないなどリスクもあります

1. 脱サラとは企業を辞め、サラリーマン以外の方法で生計を立てること

所属していた企業を辞め、サラリーマンではない方法で生計を立てることを「脱サラ」ということがあります。会社員を続けるべきなのか悩んでいる方にとっては、今後の選択肢のひとつといえるかもしれません。本記事ではまず、脱サラする前の注意点について触れておきましょう。

■脱サラする前の注意点
脱サラ後の主な進路として考えられるのは、会社設立や店舗経営、個人事業主、農業従事、フランチャイズによる独立開業といった道です。どのような道を目指すにしても大切なのは、脱サラ実行前に綿密な準備をしておくこと。

現状が嫌だからという理由だけで何も考えずに脱サラしてしまうと、収入も方向性もない状態でやりたいことを探さなければならなくなります。

まずは自分が何に向いているのか、何をしたいのかを明確にしましょう。また、資金面での余裕があることは大切な要素です。一時的な生活資金の確保はもちろん、開業するのであればそのための元手を調達しなければなりません。

実際に行動を起こす前に念入りな計画を立てることが、脱サラを成功させる秘訣です。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 

2. 脱サラにより自分の意思で事業を進められるように

次に脱サラするメリットをいくつか見ていきましょう。

■自分のやり方でビジネスを進められる
会社勤めの場合、その会社の規則や方針に従う必要があります。時には、意に沿わない作業を行わなければならないこともあるかもしれません。その点、自分のやりたいことに取り組めるのは脱サラの利点のひとつといえるでしょう。

自ら望んで始めたことであればモチベーションを維持しやすく、積極的に事業に取り組むことができるでしょう。「やらされている」という感覚がなくなるため、利益の創出方法やコスト削減など、事業を運営していくにあたって考えるべき事柄に対しても意欲を持って対応することが可能です。

■自由度の高い働き方ができる
高い自己管理能力がなければ、独立して生計を立てていくのは難しいです。しかしそれができる方にとってはむしろ、自由度が高く魅力的な働き方であるともいえます。

事業の規模や方針を、自分の一存で決めることが可能だからです。私生活面でも、自身が理想とする生活スタイルを実現しやすくなるでしょう。

■収入アップにつながる可能性がある
独立して自らの事業を起こせば、会社員時代よりも高い報酬を手に入れられるケースもあります。また、日本の企業は多くの場合、定年制度を設けています。能力ややる気があったとしても、定年を迎えれば退職するケースがよく見受けられます。

生涯を通じて好きなことに携わり、収入を得続けられる可能性も、脱サラするメリットとなり得るでしょう。

3. 収入が保証されないなどリスクもあります

良いことばかりのように思える脱サラ。しかし、独立にはリスクも伴います。脱サラを検討している方はメリット・デメリット双方を熟慮し、後悔のない選択をするようにしましょう。

■収入が保証されない
第一に予想されるのは、毎月一定の収入を得られるとは限らなくなるということです。企業に所属していれば、月毎の収入が保証されていることに加え、時には賞与が出ることも。それに対し自己のビジネスを起こした場合、利益があれば高い報酬を得られる代わりに、儲けが出なければ収入がなくなるということになります。

■福利厚生が受けられない
企業は社員向けに、社員食堂や住宅手当、各種休暇制度といった福利厚生を用意することがありますが、脱サラすればこれらの恩恵を受けることはできなくなります。また、税金・保険・年金関係の手続きも、自ら行わなければなりません。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.