ネットワークエンジニアとの違いについても言及
サーバーエンジニアの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

サーバーエンジニアの仕事はサーバーの構築と保守に大きく分けられます。ネットワークエンジニアと混同されがちなので、両者の違いをしっかり理解しておきましょう。下記の解説を是非お読み下さい。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 構築・保守がサーバーエンジニアの主な仕事
2. 違いはどこ?サーバーエンジニアとネットワークエンジニア
3. サーバーエンジニアが大変に思うことや苦労することの例を見てみましょう
4. サーバーエンジニアの求人・案件ってどんなかんじなの?

1. 構築・保守がサーバーエンジニアの主な仕事

サーバーエンジニアの仕事は、大きく分けて構築業務と保守業務に分かれています。それでは2つの業務についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

構築業務

まず1つ目は、構築に関わる作業についてです。

サーバーの構築・設計

サーバーには、メールサーバー・webサーバー・ファイルサーバーなど様々な種類があります。プログラマと相談しながら、どのサーバーを何台使用するのか、スペックや処理能力などを考慮して構築していきます。
その際、通信速度がどれくらいになるか、電源容量的に許容できるのか、コスト面でもOKかなど、あらゆる面を考慮し抜け漏れがないかを確認します。後々の運用がスムーズにいくかも考えながら先を見据えて構築をしていくことが大切になります。

ラッキング&配線作業

サーバーの構築ができたら、ラッキングや配線などの物理的な作業を行います。導入するサーバーをラックに置いていき、ケーブルの配線をする作業です。 キレイに配置・配線することで、後のメンテナンスもしやすくなります。

OS&サーバーアプリケーションの設定

サーバーシステムを動かすためのOSや、そのOS上で動作するアプリケーションをインストール・設定します。
OSにはユーザーや目的により種類が分かれています。一般で広く利用されているのはWindowsとMAC OS Xですが、サーバーとしてはUnix系OS、スマートフォンではAndroidやiOSなどがあります。

保守業務

2つ目は、保守関連の作業です。

設定の変更

OSバージョンアップに伴う端末の設定変更、メールサーバーにアドレスを追加する、アクセス増加に耐えられるようなチューニングなどの業務です。

監視・障害対応

監視専用のプログラムにより、サーバーにエラーが起こっていないか監視・確認をします。エラーがあれば、ログ解析などをして対応します。しっかりと原因を探ってメンテナンスし、別の障害時にも対応できるようにします。

バックアップ

バックアップの設定が正常に機能しているかの確認をします。もし上手くバックアップできていなければ、リカバリーを行います。

セキュリティチェック

ウィルス攻撃などがあった際にも耐えられるように、セキュリティに問題が無いかの確認、対策の見直しなどを行います。

サーバーエンジニアには、これらの業務に関連するスキルや知識が必要です。OSやネットワーク、セキュリティ関連の知識が豊富にあると、より業務がスムーズになります。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. 違いはどこ?サーバーエンジニアとネットワークエンジニア

サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」はよく混同されがちですが、実際の業務は異なっています。

簡単に言うと、サーバーエンジニアが行うのは『サーバー』の構築・運用・保守、ネットワークエンジニアが行うのは『ネットワーク』の構築・運用・保守となります。
つまり、サーバーを動かすアプリケーションに関する仕事と、ネットワークをつなぐアプリケーションに関する仕事ということです。そもそも対象としているもの自体が異なっているのです。

サーバーエンジニアについては前半で述べたので、ここではネットワークエンジニアについて説明します。ネットワークエンジニアの仕事は、スイッチやルータで通信の中継地点を作り、それぞれのサーバー同士をネットワークで繋げることなどです。これにより、内部、外部と通信できるようになります。また、ネットワークを繋げるだけではなく、その後の障害対応やセキュリティ対策、メンテナンスも引き続き行っていく必要があります。

仕事の対象自体は異なっていますが、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアは、コンピューターのスムーズな動きを実現するためにどちらも欠かせない役割です。自らの業務内容を責任感を持って確実にこなす必要があります。そして、共通しているのは、OSやネットワーク、セキュリティなどの知識・スキルが必要とされることです。求められる知識・スキルが近いだけに、キャリアの中でサーバーエンジニアとネットワークエンジニア両職種を経験する方が多いようですね。

3. サーバーエンジニアが大変に思うことや苦労することの例を見てみましょう

「自分が構築・設計したサーバーがサクサクと情報処理を行い、スムーズに作業を進めているのが嬉しい」「サーバーが安定しているから助かる」と、サービスを提供しているお客さまに言われた時は、サーバーエンジニアが仕事にやりがいを感じる瞬間です。

どんな仕事にもやりがいがある反面、大変なことや苦労することもあります。サーバーエンジニアの仕事での例を紹介します。

サーバートラブルでは勤務時間は関係なし

サーバーのバグやトラブル対処に時間は関係ありません。急いで障害を確認し、復旧作業を行う必要があります。スピードが大切なため、夜中であろうと休日であろうと、サーバーエンジニアは原因究明のため作業することになります。比較的残業も多いので、体力勝負の仕事だと言えます。

サービス提供先のお客さまへの対応

サーバーエンジニアは、セキュリティ対策のため専用プログラムを用いて、サーバーを常時監視出来る体制を整えている方が多いです。もしエラーが出た場合、すぐにアラートが飛んできて対策を取ることになります。しかし、アラートがなくても、アクセス過多やハードの問題などでサーバーが重くなることがあります。その場合、お客様から「サーバーが重かった原因は何でしょう?」など苦情が出ることもあるので、常に目を光らせて、原因究明やトラブルに対応できるように準備しておく必要があります。

人とのコミュニケーション

サーバーエンジニアが仕事上向き合うのは、サーバーやコンピューターだけではありません。システムエンジニアやネットワークエンジニア、サービス提供のお客様など、人と向き合う機会が多数あり、人とのコミュニケーションも大切になります。連携がうまく取れないと、仕事はスムーズには進みません。エンジニアと言えど、コミュニケーション能力は必須です。

4. サーバーエンジニアの求人・案件ってどんなかんじなの?

ここまでサーバーエンジニアの仕事内容の大枠をお伝えしてきましたが、実際は求人・案件によって求められる役割はさまざまです。一例として、下記にサーバーエンジニアの案件をご紹介していますが、単価などはご自身の経験やスキルで変動する可能性があります。

レバテックフリーランスでは「自分のスキルで案件があるのかな?」といったご相談や「サーバーエンジニアの単価相場っていくらぐらいなの?」といった声にもお答えします。ぜひお気軽にご相談ください。

 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?