オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

プロジェクトリーダーの仕事内容

プロジェクトリーダーの役目は、プロジェクトマネージャーの補佐役として、プロジェクトの現場を円滑に管理・統括することです。高い技術力はもちろんのこと、チーム全体をまとめる人間力が重視されます。

プロジェクトリーダー案件を提案してもらう

目次

プロジェクトリーダーの仕事内容
プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャの違い
プロジェクトリーダーに必要なスキル
フリーランスプロジェクトリーダーの年収
プロジェクトリーダーの求人・案件例

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

プロジェクトリーダーの仕事内容

プロジェクトリーダーとは、システム構築のためのプロジェクトを管理・統括するチームの責任者です。略してPLと呼ばれることも多く、プロジェクトマネージャーの補佐役としてチームメンバーの士気を高め、開発工程が円滑に遂行するよう務めます。

同時に、イレギュラーやトラブルが発生した際には、プロジェクトリーダーと共に打開策を講じ、工程に遅れが出ないように対応することも職務のひとつです。

プロジェクトを管理・監督するという点ではプロジェクトマネージャーと同じですが、その違いを一言でいうと、社内管理を担うのがプロジェクトリーダーで、社外管理を担うのがプロジェクトマネージャーと区分されることが一般的です。

また、将来のキャリアパスに多く挙げられるのが、プロジェクトマネージャーへのキャリアアップです。その際に、応用情報技術者試験や高度情報処理技術者試験などの資格を取得しておくと、自己アピールの強化に繋がるでしょう。

プロジェクトリーダーとして開発現場で培ったリーダーシップやマネジメントスキルに加え、より綿密な経営視点が求められる職位にチャレンジすることで、さらに高額な案件へ携わるチャンスを獲得することができます。

関連記事 : プロジェクトリーダーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

プロジェクトリーダー案件を提案してもらう

 

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャの違い

求人・案件情報の中には、開発プロジェクトにプロジェクトリーダーしか存在しないものや、その逆でプロジェクトマネージャーしか存在しないというものもあります。両者の職務の線引きが、企業やプロジェクト内容によって異なる場合もありますが、一般的にはプロジェクトリーダーの上の職位にあたるのがプロジェクトマネージャーです。

経営における予算権限をもち、プロジェクトの計画から、見積り・要件定義・クライアントとの交渉などプロジェクト全体の管理を行うプロジェクトマネージャーに対し、プロジェクトリーダーは、詳細設計・構築・テスト・納品といったプロジェクト遂行における現場業務の実施に対する管理を担います。

現場の監督および管理を行ないながら、プロジェクトの進捗状況に応じて、自分自身がプログラミングやバグ修正などの実務に携わることもあります。プロジェクトのチームメンバーを統率するリーダーとして現場の技術水準をアップさせるためにも、メンバー以上の豊富な経験・知識・技術力が求められるポジションです。

現場の「ひと」と「もの」の全体をまとめながら開発に取り組むプロジェクトリーダーだからこそ、計画通りに無事プロジェクトを終えることができたときには、大きな充実感と達成感を味わうことができるのだと言えるでしょう。

関連記事 : プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い

プロジェクトリーダーに必要なスキル

プロジェクトリーダーの職務を担う上で求められるスキルは、非常に広域なものとなります。以下に必要とされるスキルをご紹介します。

・高いコミュニケーションスキル
・高いコミュニケーションスキル
・周囲への気配りなど全体を見渡せるスキル
・リーダーシップ
・経営的な視点での判断力

そして、その中でも最も必須とされるスキルが、プロジェクト全体の士気を高めるヒューマンスキルです。綿密に計画、打ち合わせされた開発プロジェクトであっても、思わぬトラブルやイレギュラーが発生してしまうことがあります。

その際に、即座にトラブルを回避し、計画通りかつスムーズにプロジェクトが遂行できるようにチーム全体をまとめるスキルが必要とされるのです。迅速な判断や的確な指示によりメンバーの信頼を得ることで、チーム全体の結束が強まり、円滑かつスムーズにプロジェクトを遂行することができます。

そのためにも必要不可欠とされるのが、プロジェクトメンバーとの日々のコミュニケーションです。信頼を得るのは単時間では難しいと思われます。時にメンバーと同じ目線に立ち、共に問題を解決していく姿勢が次第に周りからの信頼を集めていくことに繋がります。

円滑な人間関係が構築できた現場では、メンバーひとりひとりの協力体制が万全になり、プロジェクト自体も成功することが多いのです。

以上のことから、プロジェクトリーダーに最も必要とされるスキルは高い技術力や豊富な開発経験や知識ではなく、リーダー自身のヒューマンスキルだと言えるでしょう。

関連記事 : プロジェクトリーダーのスキルと役割

フリーランスプロジェクトリーダーの年収

ここではプロジェクトリーダーの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスプロジェクトリーダーの平均月単価 : 73万円(12ヶ月分を年収とすると876万円)
最高単価 : 145万円
最低単価 : 50万円

※下記ページから引用(2020年1月時点)
プロジェクトリーダーの求人・案件一覧
※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

関連記事 : プロジェクトリーダー(PL)の平均年収|PMとの役割の違いや仕事内容も解説

プロジェクトリーダーの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、プロジェクトリーダーの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。プロジェクトリーダーの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【PMO】教育事業向けタブレットアプリ開発の求人・案件

■単価
〜650,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
SE (システムエンジニア) 、プロジェクトリーダー(PL)

■職務内容
・タブレットアプリの開発案件にPMOとして参画いただきます。
・下記を行っていただきます。
-設計支援
-ソースコードレビュー 等

■求めるスキル
・システム開発の経験

【歓迎スキル】
・C#もしくはJavaScriptでのプロダクト開発経験
・PMOの経験

■最寄り駅
京王多摩センター(東京都)

【PHP/Python】動画配信基盤システム開発の求人・案件

■単価
〜750,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
プロジェクトマネージャー(PM) 、プロジェクトリーダー(PL)

■職務内容
・DVDレンタル会社動画配信アプリの基盤開発をご担当頂きます。
・基盤構築から幅広く担当していただきます。

■求めるスキル
・上流工程のご経験
・開発のご経験(言語不問)
【歓迎スキル】
・直接折衝のご経験
・サブリーダーやリーダーとしてのご経験

■最寄り駅
渋谷(東京都)


上記の内容はプロジェクトリーダーのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。
プロジェクトリーダーの案件をもっとみる

関連記事 :プロジェクトリーダーの資格

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プロジェクトリーダー案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとプロジェクトリーダー(PL)の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.