あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

社内SEやフリーランスSEが年収アップを狙うには
SE(システムエンジニア)の平均年収|男女・年齢別の年収相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

厚生労働省が実施した「賃金構造基本統計調査」(令和元年)によると、SEの平均年収は568.9万円(平均年齢 : 38.8歳、平均勤続年数 : 12.0年)とされています。男女別にみると、男性SEの平均年収は584.2万円、女性SEの平均年収は497.3万円となっています。

本記事では、SEの平均年収を男女別、年齢別に紹介し、社内SE、派遣SE、フリーランスSEの平均年収についても解説。さらに、SEが年収1000万円を目指す方法、年収アップを狙えるSEのキャリアパス、フリーランスSEが年収を上げるために必要なことなども取り上げています。

高単価案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

SEの平均年収
SEとプログラマーの年収比較
SEが年収1000万円を目指すには
年収アップを狙えるSEのキャリアパス
フリーランスSEになると年収は上がる?
フリーランスSEが年収を上げるには

SEの平均年収

仕事中に、パソコンの上に顔を伏せて居眠りしている男性の画像

SE(システムエンジニア)の平均年収は、雇用形態や労働形態、経験年数、年齢などの属性によって変わるので、ここでは会社員SEの男女別、年齢別の平均年収データに加え、社内SE、派遣SE、フリーランスSEの平均年収を解説していきます。

会社員SEの平均年収は約569万円

厚生労働省が発表した2019年(令和元年)の賃金構造基本統計調査によると、従業員数10名以上の企業で働くSEの平均年収は約569万円です。

参照 : 厚生労働省「賃金構造基本統計調査

国税庁が実施した2018年(平成30年)の民間給与実態統計調査では、同年の給与所得者の平均年収は約441万円とされているので、さまざまな業種・職種の中でもSEの平均年収は高い水準にあると考えられます。

参照 : 国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査

また、SEの平均年収は、企業の規模が大きくなると増える傾向にあります。2019年の賃金構造基本統計調査によると、一般的に「大企業」に分類される従業員1000人以上の企業で働くSEの平均年収は約627万円で、給料・賞与ともにSE全体の平均額を上回っています。

以下は賃金構造基本統計調査をもとに、SEの平均年収や平均年齢、平均勤続年数などを企業規模別にまとめた表です。

企業規模別 会社員SEの平均年収、年齢、勤続年数など
    企業規模
10~99人
企業規模
100~999人
企業規模
1000人以上
企業規模
10人以上
年齢 40.3歳 38.2歳 38.3歳 38.8歳
勤続年数 10.1年 12.4年 13.2年 12.0年
所定内実労働時間 160時間 155時間 153時間 156時間
超過実労働時間 8時間 15時間 17時間 14時間
月の給与 38万4300円 35万7300円 39万7800円 38万円
年間賞与・その他 75万7500円 103万4700円 149万8700円 112万9000円
年収 536万9100円 532万2300円 627万2300円 568万9000円

※上記の表では、賃金構造基本統計調査(令和元年)内の「きまって支給する現金給与総額」を「月の給与」と、「年間賞与その他特別給与額」を「年間賞与・その他」と表記しています。
※「年収」は、「月の給与」の12ヶ月分と「年間賞与・その他」との合計金額を記しています。

男性SEの平均年収は約584万円

2019年の賃金構造基本統計調査によれば、男性SEの平均年収は約584万円です。年代別に見ると50~54歳が最も高く、約727万円です。20歳~24歳の平均年収は約339万円で、30代、40代と年齢が上がるごとに年収も上がっていく傾向にあります。

以下は賃金構造基本統計調査をもとに、20代・30代・40代・50代の男性SEの平均年収をまとめた表です。

20代・30代・40代・50代の男性SEの平均年収一覧(企業規模別)
    企業規模
10~99人
企業規模
100~999人
企業規模
1000人以上
企業規模
10人以上
20~24歳の平均年収 306万7100円 326万9200円 363万7700円 339万3400円
25~29歳の平均年収 412万9800円 418万8000円 490万7500円 446万5600円
30~34歳の平均年収 486万5000円 516万2000円 612万5300円 545万6900円
35~39歳の平均年収 533万800円 574万6200円 696万5900円 598万3100円
40~44歳の平均年収 595万1500円 617万9700円 770万3600円 657万6300円
45~49歳の平均年収 618万1300円 643万2100円 731万1100円 670万1900円
50~54歳の平均年収 655万8600円 670万100円 831万2400円 726万9000円
55~59歳の平均年収 648万3600円 667万8700円 833万8000円 724万2800円

女性SEの平均年収は約497万円

2019年の賃金構造基本統計調査によると、女性SEの平均年収は約497万円です。年代別に見ると40~44歳が最も高く、約613万円です。20歳~24歳の平均年収は約343万円ですが、30歳~34歳になると平均年収は約496万円と大きくアップします。

以下は賃金構造基本統計調査をもとに、20代・30代・40代・50代の女性SEの平均年収をまとめた表です。

20代・30代・40代・50代の女性SEの平均年収一覧(企業規模別)
    企業規模
10~99人
企業規模
100~999人
企業規模
1000人以上
企業規模
10人以上
20~24歳の平均年収 309万7800円 321万8700円 366万4500円 342万8700円
25~29歳の平均年収 382万7000円 409万3600円 494万5100円 441万7000円
30~34歳の平均年収 412万8900円 466万3900円 549万1800円 495万9300円
35~39歳の平均年収 468万5700円 503万9700円 555万900円 505万7500円
40~44歳の平均年収 553万5100円 589万3700円 672万4200円 613万4500円
45~49歳の平均年収 548万1000円 533万8200円 568万4000円 549万2100円
50~54歳の平均年収 531万7000円 630万8900円 637万2900円 610万5500円
55~59歳の平均年収 572万円 608万9300円 613万3500円 602万8500円

社内SEの平均年収は?

社内SEとは、一般的に社内で運用する情報システムの開発や運用を担当するエンジニアのことを指します。社内SEの具体的な仕事内容は企業によって異なるケースがあり、明確な定義のもとに社内SEの平均年収を算出した公的なデータはありませんが、経済産業省が2017年に発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、社内SEの仕事内容に近いと考えられる「SE・プログラマ(顧客向けシステムの開発・実装)」「IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用)」などを行うIT企業勤務のエンジニアの年収データが公表されています。

同調査によると、SE・プログラマ(顧客向けシステムの開発・実装)の平均年収は約594万円、IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用)の平均年収は約609万円です。これらの金額をもとにすると、社内SEの平均年収の目安は、600万円前後と推測できるかもしれません。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

派遣SEの平均年収は?

派遣SEは、常用型派遣のSEを指す場合と、登録型派遣のSEを指す場合がありますが、ここでは登録型派遣のSEを「派遣SE」として考えます。

派遣SEの平均年収は、賃金構造基本統計調査の「正社員・正職員以外の雇用期間の定め有り」「情報通信業」で働く人の賃金データから目安を算出します。

2019年の賃金構造基本統計調査によれば、上記に該当する人の平均年収は約380万円です。派遣SEの年収を知るうえで、ひとつの目安とすることができるかもしれませんが、上記のデータにはSE以外の職種も含まれることを考慮しましょう。

フリーランスSEの平均年収は?

フリーランスSEの平均年収は、働き方やスキルによって大きく異なります。たとえば、フルタイムで働く本業のフリーランスSEと、土日だけ働く副業のフリーランスSEでは、当然ながら年収にかなりの差が出てくるでしょう。

そのため、フリーランスSE全体の平均年収を算出するのは難しいといえますが、目安としてレバテックフリーランスの案件の月額単価を参照してみましょう。

2020年7月時点でレバテックフリーランスが取り扱っているSE案件の平均月額単価は、約74万円です。これを単純に12ヶ月分に換算すると、フリーランスSEの平均年収は、約888万円というのが目安になります。

参照 : SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

しかし、フリーランスSEにはもともと即戦力として活躍できる経験豊富なエンジニアが多いこと、年間を通して継続的に案件を獲得できるとは限らないこと、基本的に収入の中から税金や年金、保険料を納めなければいけないことなどを考えると、一概に「会社員SEよりもフリーランスSEのほうが年収が高い」とはいえないでしょう。

関連記事 : 賢く稼いで収入アップ!フリーランスの年収にまつわる記事特集

高単価案件を提案してもらう

SEとプログラマーの年収比較

棒グラフの資料の上にドル紙幣が重なって置かれている画像

2019年の賃金構造基本統計調査によると、SEの平均年収が約569万円であるのに対し、プログラマーの平均年収は約426万円で、SEのほうがプログラマーよりも約143万円高くなっています。

SEの平均年収がプログラマーよりも高い要因のひとつとしては、基本的にSEは開発の上流工程を担当することが多いため、プログラマーからSEにキャリアアップするケースがあることが挙げられるでしょう。

実際に、同調査におけるプログラマーの平均年齢は33.8歳であるのに対し、SEの平均年齢は38.8歳と、約5歳の差があります。

以下は賃金構造基本統計調査をもとに、プログラマーの平均年収、平均年齢、平均勤続年数などについてまとめた表です。

プログラマーの平均年収、年齢、勤続年数など(企業規模別)
    企業規模
10~99人
企業規模
100~999人
企業規模
1000人以上
企業規模
10人以上
年齢 33.7歳 32.9歳 36.1歳 33.8歳
勤続年数 5.6年 7.5年 11.1年 7.1年
所定内実労働時間 163時間 159時間 152時間 160時間
超過実労働時間 9時間 14時間 22時間 13時間
月の給与 29万500円 30万800円 36万2500円 30万4400円
年間賞与・その他 41万2200円 66万4500円 112万7600円 60万5200円
年収 389万8200円 427万4100円 547万7600円 425万8000円


関連記事 : プログラマーの平均年収

SEが年収1000万円を目指すには

顎に手をあてて、お金について考えている女性の画像

SEが年収1000万円を稼ぐためには、「ひとつの企業に長く勤める」「職位を上げる」「大企業に転職する」「独立してフリーランスとして働く」といった方法が考えられます。

年収1000万円は、SEに限らず高収入を得たいエンジニアの多くが目標とする数字。年収アップを目指すSEに向け、それぞれの方法について以下で詳しく紹介します。

長く勤める

企業の評価制度にもよりますが、一般論として勤続年数が長くなるほど業務経験も深くなり、結果的に良い評価を受けられる可能性が高まります。もちろん、漫然と過ごすだけでは難しいですが、転職については「短期職歴がある人は採用しない」「年収に勤続年数が影響する」といった企業もあるため、現職でスキルアップに努めるのは王道といえます。

ただし、企業によってはどれだけ長く勤務しても年収1000万円には到達しない場合があることは留意しておきましょう。

職位を上げていく

SIerなどでみられる「PG(プログラマー)→SE(システムエンジニア)→PL(プロジェクトリーダー)→PM(プロジェクトマネージャー)」といったエンジニアのキャリアパスに則り、職位を上げていくという方法は、年収1000万円を目指すためのメジャーな手段のひとつといえます。

これを実現するためには、SEの場合「マネジメントスキルを身につけていく」という方法が考えられます。ただし、これは会社の評価制度などで事情が異なり、エンジニアの技術力を評価するスペシャリストとしてのキャリアパスを用意している会社も存在します。

大企業へ転職する

「SEの平均年収」の項目でも示したとおり、SEは企業規模が大きくなるほど年収もアップする傾向があるため、大企業へ転職して年収1000万円を目指すというのもひとつの考え方です。大企業へ転職するのは容易ではありませんが、「中小企業のSEだから、大企業なんて無理だよ…」と考えるのも早計です。

例えば、大手の現場で常駐して作業を行ってきた方であれば、大手のプロジェクトを経験したことになり、転職時に十分な経験・スキルとみなされる可能性があります。また、企業規模が小さいゆえに、幅広い領域を担当してきたというケースも大きな武器となり得ます。

ただし、転職する場合は一般的な傾向として年齢が上がるにつれて求められるレベルも上昇し、門は狭くなっていくという点もあります。

フリーランスとして独立する

経験やスキルに自信のあるSEなら、フリーランスSEとして独立するという方法でも年収アップを狙える可能性があります。ただし、フリーランスは純粋な技術力だけでなく、案件を得るための営業スキルや人脈が求められる場合もあります。企業に勤めているときから独立の準備をしっかりと進めておく、フリーランスエンジニア向けのエージェントを活用するといった対策が必要になるでしょう。

関連記事 : フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの働き方比較

年収アップを狙えるSEのキャリアパス

SEのキャリアパスには、「プロジェクトマネージャー」「ITコンサルタント」「ITアーキテクト」などがあります。これらの職種に就くことを目指すと、年収アップが実現できるかもしれません。

それぞれのキャリアパスについて、以下で説明します。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、要件定義や計画策定、予算管理、進捗管理など、実施されるプロジェクト全体を統括する職種です。SEのキャリアパスのひとつとして紹介されることが多い職種ですが、SEからプロジェクトマネージャーになるには、マネジメントスキルやコミュニケーション能力を高めることが重要といえます。

プロジェクトマネージャーの年収

経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、IT関連企業で働くプロジェクトマネージャーの平均年収は約892万円です。

また、レバテックフリーランスでの公開案件を基にしたプロジェクトマネージャーの月単価・年収例でいうと、平均月単価 : 76万円、12ヶ月分を年収とすると912万円(2020年7月時点)となっています。

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・案件一覧

関連記事 : プロジェクトマネージャーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、一般的にクライアントが抱える課題をIT戦略にもとづいて解決に導くのが仕事です。「ヒアリングをもとに計画を立て、要望を叶えるシステムを作る」という意味では、SEとITコンサルタントの仕事内容には共通する部分もあるといえます。

しかし、基本的にITコンサルタントはSEよりも経営に近い領域で問題解決にあたることが多いため、SEが担当する仕事のさらに上流工程を担うイメージになります。

ITコンサルタントの年収

経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、IT関連企業で働く「コンサルタント」の平均年収は約929万円です。

また、レバテックフリーランスでの公開案件を基にしたITコンサルタントの月単価・年収例は、平均月単価 : 78万円、12ヶ月分を年収とすると936万円(2020年7月時点)です。

ITコンサルタントの求人・案件一覧

関連記事 : ITコンサルタントとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

ITアーキテクト

ITアーキテクトは、経営やビジネスに関する知識、開発に関する知識の両方を活かしてシステムの設計を行います。仕事内容は企業や案件によって幅がありますが、経済産業省が定めている「ITスキル標準(ITSS)」によると、ITアーキテクトの活動領域は専門分野によって「アプリケーションアーキテクチャ」「インテグレーションアーキテクチャ」「インフラストラクチャアーキテクチャ」に区分されます。

参照 : 経済産業省「IT人材の育成

ITアーキテクトの年収

経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、IT関連企業で働く「高度SE・ITエンジニア(基板設計担当・ITアーキテクト)」の平均年収は約778万円です。

また、レバテックフリーランスでの公開案件を基にしたITアーキテクトの月単価・年収例を見てみると、平均月単価 : 81万円、12ヶ月分を年収とすれば972万円(2020年7月時点)です。

ITアーキテクトの求人・案件一覧
関連記事 : システムエンジニア(SE)とは

フリーランスSEになると年収は上がる?

「Freelance」の文字とドル紙幣、赤いペンが置かれた画像

企業で働いているSEの中には、「独立してフリーランスSEになり、年収をアップさせたい」と考えている人もいるでしょう。しかし、フリーランスSEという働き方は、年収以外にもさまざまなメリットが考えられる一方で、デメリットになり得るポイントもあるので、一概に年収アップを実現できるとは限りません。

以下にフリーランスSEのメリット、デメリットをまとめました。

フリーランスになるメリット

「正社員として別の企業に転職すること」と「フリーランスとして独立すること」を比べた場合、企業側としては、正社員は状況に応じて年収を下げたり、解雇したりするのは難しいケースもあるため、正社員採用には慎重になるところもあります。

一方、フリーランスは案件ごとの契約となるため、企業側としてはスポット的に業務を依頼でき、単価も調整しやすいという面があります。そのため、年収アップの実現しやすさという点でも、フリーランスにはメリットがあるといえるかもしれません。

フリーランスになるデメリット

フリーランスになることには、もちろんデメリットもあります。一例を挙げると、自分にマッチする案件が常に見つかるとは限らないという点。これには「スキルレベルが不足している」「技術の汎用性がない」「案件を取ってくる営業力が弱い」といった事情が考えられます。

ただし、こういった点は案件を仲介するエージェントなどを利用することで補うこともできます。レバテックフリーランスでは、案件の提案だけでなく、「今の自分のスキルだと、どのぐらいの単価になるのか?」「継続して案件がもらえるか?」などの疑問やお悩みがある方に向けて相談を受けつけておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

レバテックフリーランスへ相談する

関連記事 : あなたはいつ決断する?3つの転向事例から見る「ITフリーランスを選んだ理由」

フリーランスSEが年収を上げるには

絵で書かれた小さな男性を、虫眼鏡で上から覗き込む女性の画像

前段で述べたとおり、SEは「フリーランスになれば必ず年収がアップする」とは限りません。ここでは、レバテックフリーランスのコーディネーターが推奨する、高収入のフリーランスSEを目指すために大切なことをご紹介します。

スキルの幅・深さを広げる

プログラミングスキルのような核となるスキル以外にも、周辺技術に関するスキルや知識を身につけていくことが大切です。例えば、Rubyを使ったWebサービス開発の案件でしたら、Ruby以外にもウリとなるスキルがあれば、単価・年収アップにつながりやすくなります。高負荷なシステムに対応できる、DevOpsのスキルを持っている、インフラを構築できる、などが例となります。

ここでいう「スキルの幅」は何も技術的なスキルに限った話ではありません。例えば、商流の浅いWebサービス開発の案件の場合、サービス全体をどう改善していくかという視点を持って動けると、単価・年収アップに役立ちます。

具体的にはWebサイトの分析能力(あるいはそのスキルを有している人たちと会話ができるレベルの知識)や安定してサービスを運用するノウハウなど技術以外の部分の認識などが一例です。

担当できる領域が広がると、単価が上がりやすくなるだけでなく、参画できる案件の幅が広がるというメリットもあります。自分の軸となるスキルを基に、周辺領域を経験し幅を広げていくことが大切です。

なお、「資格を取って年収アップ」という話を耳にしたことがあるかもしれませんが、SEなどのエンジニアの場合は事情が異なります。エンジニアにおける資格は、学習している姿勢や基礎知識があることの証明にはなるものの、資格単体で年収・単価アップにつながるかというと難しいところです。

長期的に参画した実績をつくる

準委任契約のフリーランスの場合、基本的に契約で定められた期間に応じて参画します。とはいえ、クライアントの立場からすれば「できるだけプロジェクト完了に至るまで参画し続けてほしい」というのが心情です。そうしたクライアントの立場を汲み取り、参画実績を作ってきた人の方が、単価が高くなりやすいという傾向があります。

自分の過去のスキルシートにおいても、プロジェクトを長期的に見据えて参画した経歴があることで、自分のスキルに説得力を持たせることができます。フリーランスといえども、最後まで責任を持って案件に携わり続ける人がクライアントから信頼され、結果として年収アップを実現しやすいと言えるかもしれません。

商流の浅い案件を受ける

できるだけ商流の浅い案件を受けることが、フリーランスエンジニアにとっては望ましいとされます。エージェントなどを間に通すことにより、効率よく高単価の案件を受けやすくなるでしょう。

プロジェクト遂行に対する責任感と意欲を持つ

フリーランスとして年収を上げるためには、スキルだけでなく、責任感と高い意欲をもってプロジェクトに取り組むことも大切です。例えば、自分のスキルを高めつつクライアントにも貢献しようとするマインドや、大きなプロジェクトを中途で抜けず最後までやり遂げるといった姿勢などです。

大量のデータを扱ったり、プロジェクト内の作業が多忙を極めたりすると、その分損害が大きくなる確率が上がります。また、システム停止や障害などを考慮する必要性も出てくるでしょう。そうした大事な局面においても逃げずに、リスクをとって挑戦していく気持ちがクライアントの信頼獲得につながります。

関連記事 : フリーランスのプログラマー・SE(システムエンジニア)で年収800万円以上稼ぐための16のヒント

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

高単価案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとSE (システムエンジニア)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.