あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスがアルバイトをするメリットとは?
フリーランスとアルバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

収入が安定しないうちは、何となく気持ちが落ち着かなかったり、視野が狭まったりしてしまうこともあるかと思います。そんな時はアルバイトをすることで、収入を増やし、気持ちの転換を図れるかもしれません。この記事では、フリーランスがアルバイトをするメリットとあわせて、アルバイトの選び方や注意点についてまとめました。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスとアルバイトの違い
フリーランスがアルバイトをするメリット
フリーランスがアルバイトをするデメリット
アルバイト選びのポイント
フリーランスがアルバイトをする時の注意点

フリーランスとアルバイトの違い

まずは、働き方と報酬の面から、フリーランスとアルバイトの違いを確認しましょう。

働き方

フリーランスは案件参画時に業務委託契約を結びますが、これはクライアント企業に所属することを意味しません。フリーランスは特定の企業や団体に属さない独立した存在として、クライアントと対等な立場で契約を交わします。一方のアルバイトは、雇用主に雇われ、会社や店舗などに所属しながら働く形態です。

報酬

フリーランスは会社員ではないため、クライアントから受け取る報酬は給与ではなく、「事業所得」や「雑収入」といった呼び方をするのが特徴です。反対に、アルバイトは雇用される立場なので、働くことで得る報酬は「給与」と呼ばれます。

関連記事 : フリーランスとフリーターの違い

フリーランスになれるか相談する

フリーランスがアルバイトをするメリット

フリーランスを始めてすぐのうちは、満足する収入を得られないことも考えられます。そういった時は準備期間としてアルバイトをする方もいるようです。フリーランスをしながらアルバイトをするメリットを挙げてみましょう。

収入の安定

アルバイトは時給や日給の形式で支払われるものがほとんどなので、収入の目処をつけやすくなります。最低限必要な生活費を定め、それに見合うように収入を安定させることを目的としてアルバイトをするフリーランスもいるようです。

気持ちのリフレッシュ

フリーランスの中で在宅での作業が多いという方にとっては、1人で行き詰まってしまったり、客観的にものを見ることができなくなったりする場合があるかもしれません。そういった時にアルバイトで気分転換を図り、新しい空気を自分の中にとり込めるメリットがあります。

関連記事 : 収入アップやスキル向上は可能?フリーランスがアルバイトを掛け持ちするメリット・デメリット

フリーランスがアルバイトをするデメリット

フリーランスがアルバイトを行うにあたっては、利点だけでなくデメリットもあります。たとえば、次のような事柄です。

時間に縛られる

フリーランスの案件とアルバイトを両方こなすので、時間に縛られやすくなるのがデメリットです。両者の予定が被らないよう、綿密なスケジュール管理を行う必要があるでしょう。

アルバイトに集中しすぎると、フリーランスではなくフリーターになってしまう可能性も。フリーランスとしての活動や、関連スキルを磨くための時間が確保できるかどうかが問われそうです。

体調管理が疎かになる

常に働いている状態になることで、体調管理が疎かになる場合もあります。フリーランスとアルバイトを兼ねていると、自らの意志によっては何時間でも働き続けることが可能だからです。

たとえやる気があっても、体調不良でフリーランス案件・アルバイトの双方に悪影響を及ぼしては元も子もなくなります。働きすぎは避けるよう心がけましょう。

関連記事 : フリーランスは体が資本!健康意識が高まるお役立ち記事特集

アルバイト選びのポイント

アルバイトの選び方にはいくつかのポイントがあります。並行して行うアルバイト選びを誤ってしまうと、時間を無駄にしてしまう可能性も。要点を押さえて、効果的なアルバイト選びをしましょう。

フリーランスの業種に関連のあるジャンル

フリーランスのジャンルと近いものでアルバイトを探すことにより、アルバイト先のスタッフから情報収集できたり、スキルアップを図ったりできる場合があります。アルバイトの時間も無駄にすることなく、フリーランスとしての経験値を上げるために使えると良いでしょう。

フリーランスの業種とは関係のないもの

関連のあるジャンルから選ぶのも良いですが、反対に全く関係のない職種を選ぶ人も多いようです。本業の思考を邪魔しない単純作業のものや、趣味に関係するバイトなど、気分転換と収入アップが目的の場合はこちらになるでしょう。ただ、バイトの比率が増えてしまうと、本業に弊害が生まれてしまう可能性もあります。バランスを考えて必要最低限の収入を得られるようなシフトが組めるものにしましょう。

シフトに融通が利きやすい

参画している案件に支障が出ないように、就業時間や休みなどが柔軟なアルバイトを選ぶことが重要になってきます。案件の締め切りが近づいているにも関わらず、アルバイトを休めないもしくは休むと迷惑をかけてしまうという状況では本末転倒ですよね。イベント系や軽作業といった短期バイトも、急に予定の空いた日に働くという働き方ができるので候補のひとつとしてみても良いかもしれません。

心身への負担が少ないもの

長時間立ちっぱなしの作業、頻繁なクレーム対応といった心身への負担が大きいアルバイトは、フリーランスの健康維持に向いていないと考えられます。

フリーランスにとって、アルバイトはあくまでも収入を得る手段。健康を損なわない程度に留めたいものです。なお、精神的負担は、自分の好き・得意な仕事を選ぶことでも軽減できます。

関連記事 : 大学生もフリーランスエンジニアになれるか

フリーランスがアルバイトをする時の注意点

フリーランスをしながらアルバイトをする場合、注意したほうが良い点をご紹介します。

アルバイトをする目的や目標を明確にしておく

収入を増やすためやスキルアップのためなど、アルバイトを始めるきっかけは人それぞれだと思いますが、習得する技術のレベルや働く期間の目安を設定しておくことが大切です。目標が曖昧なままで始めると、辞めるタイミングを逃してしまう可能性もあります。
「◯◯のスキルを身につけるために働く」「◯年後までにフリーランスの収入のみで生活できるようにする」といった具体的な目標を持ち、それに近づけるようにしましょう。

確定申告

アルバイトを掛け持ちする場合に特に注意が必要な点が確定申告です。フリーランスのためのスキルアップとしてアルバイトをする場合の経費計上を誤ってしまうと、脱税とみなされる危険性もあります。収入に応じて税金の支払いなども変わってくる場合があるので、慎重に管理しましょう。

レバテックフリーランスでは、アルバイトとの掛け持ちで発生する税金、収入などのお悩みを解決するサポートも行っています。無料の税理士紹介サービスもあるので、お気軽にご相談ください。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)の確定申告について

※本記事は平成30年12月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.