フリーランスとして副業するメリット|注意点や案件の探し方とあわせて解説

この記事のまとめ
  • 就業規則で禁止されていなければ、会社員をしながら副業フリーランスとして活動できる
  • 副業に多くの時間を割けるのであれば本業以上の収入も見込める
  • 将来的に独立を目指すなら、まずは副業フリーランスから始めるのがおすすめ

「会社員をしながらフリーランスとして副業を始めたい」という方もいるのではないでしょうか。基本的に、会社員は就業規則で禁止されていなければ副業を行うことが可能です。

本記事では、副業フリーランスとして働くメリット・デメリットや副業の注意点、高収入を得るためのコツなどを紹介しています。今後の働き方を考える際の参考にしてみてください。

フリーランスの働き方について話を聞く

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

副業フリーランスとは?

副業フリーランスとは、会社員として企業に勤めながら副業としてフリーランスの活動を行う人を指します。就業後や休日にフリーランスとして働き、本業にプラスした収入を得ているのが特徴です。

そもそもフリーランスとは、会社などの組織に所属せず個人で案件ごとに契約を結ぶ働き方のことを指し、代表的な職種には、エンジニアやデザイナーなどがあります。

副業フリーランスとして働く前に、クライアントと結ぶ契約形態の種類や内容について詳しく知りたい方は、「フリーランスが結ぶ契約形態の種類|業務委託との違い、契約時のメリットを解説」の記事もぜひチェックしてみてください。

副業フリーランスが増えている理由

ひと昔前と比べて副業フリーランスが増えた理由には、働き方改革の影響で社員の副業を解禁する企業が増えたことがあります。

「 労働者が社内では得られない知識・スキルを獲得することができる」 「優秀な人材の獲得・流出の防止ができ、競争力が向上する」

引用元: 厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」

上記の通り、企業側にも副業解禁のメリットがあるとされているため、会社員の副業・兼業を推進しています。

会社員は副業フリーランスになれる?

会社員が副業フリーランスになれるかどうかは、勤め先のルールによります。副業を認めている会社では副業フリーランスとして活動することが可能です。

反対に、副業を禁止する会社で副業を行うとペナルティを課される恐れがあります。あらかじめ就業規則を確認し、認められている場合のみ副業を行うようにしましょう。

副業で稼げる額の目安

副業で得られる収入はその人のスキルや労働時間によって変わります。副業で月数万円を稼ぐ人もいれば、10万円以上を稼ぐ人もいるでしょう

参考までに、厚生労働省が公表している資料によると、1週間あたりの副業の労働時間は、「10時間以上20時間未満(25.6%)」が最も多く、続いて「5時間以上10時間未満(24.3%)」、「5時間未満(23.0%)」が多い結果となっています。

※参照:副業・兼業に係る実態把握の内容等について|厚生労働省

副業案件について話を聞いてみたい

副業フリーランスの働き方

会社員の副業スタイルは、副業の目的や本業の忙しさによって異なります。一般的な副業スタイルについては、以下の通りです。

  • スポット案件を選んですきま時間に働く
  • 副業する時間をまとめて確保して働く

ここでは、それぞれの働き方に加え、本業以上の収入を得るための働き方についても解説しています。詳しく見ていきましょう。

スポット案件を選んですきま時間に働く

副業フリーランスのスタイルの1つに、スポット案件をすきま時間で対応する働き方があります。スポット案件は基本的に1回で完了するため、スケジュールが組みやすく、本業に影響が出にくいのがメリットです。

こうしたメリットがある反面、継続的な案件ではないため、大幅な収入アップは狙いにくいといえます。副業の目的がスキルアップであれば、空き時間を有意義に使うことができ、本業に良い影響を与えることも期待できるでしょう

副業する時間をまとめて確保して働く

土日などの休日を使って副業フリーランスとして稼ぐ会社員は少なくありません。この場合、休日も働くことになりますが、本業ではできない案件に携わるために副業をする人も多いようです。また、副業である程度の収入を得るため、平日の仕事終わりも含め、週3~4日副業の時間を設ける副業フリーランスもいます。

本業がある以上、副業の時間を十分につくるのは容易ではありません。しかし、本業で残業が少ない、または土日休みが確保されているなど、副業に充てられる時間を確保しやすい人は、定期的な副業収入を得やすいでしょう

本業以上の収入を得るには?

本業以上の収入を得る目的で副業に励む場合は、基本的に多くの時間を副業のために割く必要があります。

副業の案件は、専門的なスキルを必要としないものも多い分、報酬を時給換算すると本業の時給を下回ることも珍しくありません。そのため、数を多くこなさなければ十分な収入を得られないことも考えられます。

たくさんの案件をこなすには、どうしてもまとまった時間が必要になるため、毎日本業の仕事に追われて残業が多い人などは、副業で本業以上の収入を得るのは難しいでしょう。一方で、毎日2~3時間、休日はそれ以上の時間が確保できる人や、高単価な案件を受注できるスキルを持った人であれば、副業で本業以上の収入を手に入れることも不可能ではありません

副業フリーランスとして本業以上の収入を得るためには、まず実績を積み、その実績をもとに高単価の案件を受注することがポイントです。こうしたステップアップには時間がかかりますが、地道に努力を重ねればいずれ副業で大きな収入を得られるようになるかもしれません。

フリーランスとして単価アップするための方法については、「フリーランスの単価の決め方は?」の記事を参考にしてみてください。

副業案件について話を聞いてみたい

時間や場所に拘束されない副業フリーランスにおすすめの職種

最近では、クラウドソーシングサービスのサイトも増えており、副業でできる案件が多く紹介されています。インターネット環境があれば、案件探しから作業、クライアントとのやり取りや報酬受取に至るまで、すべてをサイト上で行うことが可能な場合もあります。自宅でできる副業の例としては、以下の通りです。

  • ライター・編集者
  • エンジニア
  • デザイナー
  • 動画クリエイター
  • オンラインスクールの講師
  • 翻訳

それぞれどのような仕事内容なのか、どのような副業案件があるのか見ていきましょう。

ライター・編集者

クライアントが指定するテーマや文字数に従って、期日までに記事を作成します。記事のテーマはスポーツや美容、旅行、金融、グルメ、ITなど多くあるため、本業で身につけた知識を活かして案件を受注することもできるでしょう

案件の報酬は1記事あたりで提示される場合もあれば、「1文字◯円」と文字単価で示されることもあります。

専門性の高い記事は報酬が高くなる傾向がありますが、その分知識や作業時間を要すると想像できます。報酬の高さだけで案件を決めることはせず、事前にクライアントの求めるレベルを確認し、本業との両立を考慮して受注することが大切です。

エンジニア

エンジニアの副業案件としては、Webサイト開発やアプリ開発、バグの調査・フィードバックなどが挙げられます。エンジニア経験がある場合、クラウドソーシングだけではなく、前職の同僚や知人などから案件を受注できる可能性もあるでしょう。

エンジニアの副業案件は、単発のものもあれば継続的に実装などに携わるものもあるため、本業のスケジュールを考慮して受注しましょう。

なお、フリーランスエンジニアとして副業する際は、クライアントから開発経験を聞かれたりスキルシートの提出を求められたりする場合があります。効果的にスキルをアピールできるよう、副業を始める前に自分の経歴を振り返っておきましょう。

スキルシートをつくる際は、「スキルシート落ちを回避!年間2000人を見ているコンサルタントによるスキルシート講座」の記事を参考にしてみてください。

プログラマー

プログラマーの副業としては、システム開発やアプリ開発、プログラミングを教える、コーダーとしてWeb制作を受注する、などの案件があります。Web制作に関しては、ランディングページの作成やコーポレートサイトの作成といった案件があるでしょう。

プログラマーとして幅広い案件を受注するには、複数の言語が使えると有利です。Web制作で考えてみると、JavaScript、PHPといったプログラミング言語に加え、HTML、CSSなどにも精通していると受注できる案件の幅が広がります。

案件の中には、事前にポートフォリオの提出が必要となるものもあります。そのため、習得した言語でWebサイトを作成したり、オリジナルアプリを作ったり、完成したものをポートフォリオとして用意しておくと良いでしょう。

システムエンジニア

システムエンジニアの副業としては、アプリやWebサービスの開発、システム開発などが挙げられます。クライアント側は、開発が難航し、急遽クラウドソーシングなどでシステムエンジニアを募集することがあるようです。案件を選ぶときは報酬の金額だけを見るのではなく、不明なことがあれば受注前に担当者に質問するなどして、納得したうえで受注しましょう。

また、自分のスキルに合った案件を選ぶことも大切です。システムエンジニアとしての実務経験が浅い場合には、まず簡単な開発案件から始めていくのが無難といえます。

Webエンジニア

Webエンジニアの副業には、コーディングやWebデザイン、アプリケーションの開発などがあります。Webエンジニアは、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに区分されることがあるように、副業でも幅広い種類の案件があるエンジニア職種の一つといえます。「Pythonが使える」「Linuxの開発経験がある」など、自分のスキルや経験に応じて案件を選ぶと良いでしょう。

Webエンジニアの中でもフロントエンドの開発にあたる案件の場合、WebデザインやUI/UXデザインに関する知識が必要となるため、勉強を重ねていくことで受注できる案件の幅が広がります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの副業可能な案件には、ネットワークの運用や保守などがあります。ネットワークエンジニアが副業を行うときに気をつけたいのは、本業と副業の時間的なバランスをとることです。

本業で予期せぬ障害が起きたときに、ネットワークエンジニアとして素早い対応が求められることもあります。本業の対応が足かせとなり、副業の仕事がおろそかになってしまう事態になりかねません。本業での予期せぬアクシデントが起こる可能性も踏まえ、時間に余裕を持ったうえで副業の案件を探すよう注意しましょう。

組み込みエンジニア

組み込みエンジニアは、基本的に副業として案件を請け負うのが難しいエンジニア職種の一つといえるでしょう。組み込みエンジニアの案件は、在宅でできるものは少ない傾向があります。基本的には客先常駐か、何らかの形でクライアントのもとに出向く案件がメインです。実際の製品に関わる作業が中心となるため、現地での確認、打ち合わせが必要になることが多いからです。

そのため、組み込みエンジニアが在宅の副業を考える場合は、プログラミング経験の下地を活かし、Web系のスキルを身につけ、副業案件を獲得する方法が考えられます。または、ITの知見を活かした技術系ライターとして活動するなど、組み込みエンジニアの知識をもとに別の領域で副業に挑戦することも検討してみましょう。

副業案件について話を聞いてみたい

デザイナー

デザイナーの副業案件には、ECサイトのデザインやロゴマークの作成、書籍の表紙の作成などがあります

フリーランスのデザイナーとして副業する際は、クライアントが求める完成物のイメージを汲み取るとともに、デザインのサイズや作成方法、納品時のファイル形式などをしっかり確認することが大切です。

案件によっては受注前にポートフォリオや過去の制作物の提出を求められるため、事前に用意しておくとクライアントとのやりとりをスムーズに進められるでしょう。

動画クリエイター

動画クリエイターは、動画作成に関わる仕事を行います。副業フリーランスとしてテレビや映画に関わる案件を受注するのは難しいかもしれませんが、動画投稿サイトに投稿する動画の撮影や編集などは受注しやすいでしょう。

近年は動画投稿サイトの人気が高まっていることから、動画作成を行う企業も増えてきており、動画クリエイターの需要も伸びてきているといえます。

オンラインスクールの講師

講師と聞くとハードルが高いと思われがちですが、オンラインスクールの講師は、副業フリーランスとして気軽に始めることができます。教える内容については、学問的なものに限らず、ライティングやプログラミング、動画編集など、何でも問題ありません。人に教えるのが好きな人には向いているでしょう。

翻訳

前提として翻訳スキルは必須ですが、翻訳は未経験の副業フリーランスもチャレンジしやすい案件です。翻訳には種類があり、海外の書籍や雑誌の翻訳をする出版翻訳や、医療や金融、ITといった分野の文書を翻訳する実務翻訳などがあります。実績を重ねることで、段々と高単価の案件にも挑戦できるようになるでしょう。

副業案件について話を聞いてみたい

会社員がフリーランスとして副業するメリット・デメリット

副業フリーランスに興味があっても、本業と両立する大変さを想像すると、「副業を始めるか迷う…」という人もいるのではないでしょうか。ここでは、副業フリーランスとして副業をするメリット・デメリットを紹介します。これからの働き方を考える際の参考にしてみてください。

会社員がフリーランスとして副業するメリット

会社員がフリーランスとして副業すると、以下のようなメリットがあります。

  • 収入が増える
  • 経費が使える
  • 時間を有効に使える
  • 独立や起業の準備になる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

収入が増える

会社員がフリーランスという働き方で副業するメリットの一つは、収入が増えることです。副業を行うことで収入源が複数に増え、確実に収入アップを図れます

そのため、勤めている会社の給与では足りない方、一時的に収入を増やしたい方が副業を行うことも多いようです。

経費が使える

フリーランスとして副業することは、個人事業主になることを指します。個人事業主になると副業にかかった費用を経費として計上できます

たとえば、在宅の副業で自宅の一室を仕事場として使用する場合、総面積に対する仕事場の面積分の家賃を必要経費として計上することが可能です。毎月の家賃が120,000円の場合、自宅総面積が100㎡、仕事場の面積が40㎡だとすると120,000円×40/100=48,000円を毎月の経費として計上できます。

また、副業の所得が年に20万円を超えると確定申告が必要になりますが、所得から必要経費を差し引けば所得税の節税にもなるでしょう。

時間を有効に使える

空いた時間を有効に使えることも、メリットの一つに挙げられます。最近では在宅でできる案件が増えており、退社後、または休日に自宅で副業を行えます

特に、インターネットを用いた在宅ワークは増えてきており、時間だけでなく場所も選ばずに行うことが可能です。

独立や起業の準備になる

将来起業したい方やフリーランスで活躍したい方が、独立準備として副業をすることもあります。初めは副業からスタートし、軌道に乗ってから独立する方が、退職してすぐに独立するよりもリスクを軽減できるからです

このように、会社員の副業にはさまざまなメリットがあります。このほかのメリットについて知りたい方は、「エンジニアが副業する7つのメリットと案件の探し方」の記事も参考にしてみてください。

また、副業は社会的なメリットがあることも指摘されています。

「副業・兼業は、社会全体としてみれば、オープンイノベーションや起業の手段としても有効」

引用元: 厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」

副業案件について話を聞いてみたい

会社員がフリーランスとして副業するデメリット

一方で、会社員が副業フリーランスとして働くのには、以下のようなデメリットがあることも覚えておきましょう。

  • 自由な時間がなくなる
  • 自分ですべての責任を負う
自由な時間がなくなる

たとえば、副業としてライターやエンジニアの案件を受注する場合、クライアントが指定する納期を守る必要があります。

副業の中には、納期に余裕のあるものもあれば、タイトなものもあります。納期がタイトな場合、時間に追われることになりがちです。会社員がフリーランスとして副業する場合、本業の終業後や休日などを副業に充てることになるでしょう。自由な時間が減ってしまうのは、副業のデメリットです。

自分ですべての責任を負う

会社員にも仕事上の責任はありますが、すべての責任を一人で背負う場面はあまり多くないでしょう。しかし、フリーランスとして副業をする場合は、自分の責任となる範囲が大きくなります

任された案件は、自分一人で責任を持って遂行する必要があるため、期限が遅れたり、ミスをしたりしないように注意するプレッシャーは本業以上かもしれません。

副業案件について話を聞いてみたい

副業フリーランスにおすすめの案件の探し方

副業フリーランスになるメリット・デメリットを把握したうえで、いざ副業を始めようと思った場合、どのようにして案件を探せば良いのでしょうか。ここでは、副業を探す際のおすすめの方法について紹介します。

  • クラウドソーシングを使う
  • 副業紹介のエージェントサービスを活用する
  • 業務委託の案件に応募する
  • 人脈を活用する

クラウドソーシングを使う

フリーランスとして副業を探す際に、まず思い浮かぶ方法の一つがクラウドソーシングです。クラウドソーシングは、不特定多数の人が自由に案件を探せるサービスで、フリーランスとして働く人や副業をする人の強い味方となっています

クラウドソーシングサービスでは、サイトに登録した後気になる案件に応募できます。場合によってはポートフォリオなどを充実させておく必要がありますが、簡単な案件なら書類選考・面接選考がない場合もあるようです。このように、気軽に始められるところがクラウドソーシングの特徴です。

案件の種類は、データ入力やライティング、プログラミングなど豊富に揃っています。クラウドソーシングサービスのサービスは数多く存在するため、幅広く比較検討して案件を探したい人は、複数のサイトに登録することをおすすめします。

副業紹介のエージェントサービスを活用する

副業紹介のエージェントサービスを活用して案件を探す方法もあります。クラウドソーシングサービスは気軽に利用できますが、希望に合った案件を一から自分で探さなくてはなりません。その点、副業紹介のエージェントサービスを利用すれば、担当者に条件を満たす案件を紹介してもらえます。

エージェントサービスでは案件を探す手間を省けるのに加えて、案件について相談できるメリットもあります。エージェントごとに得意とする案件の分野が異なるので、エンジニアの案件を探している場合は、エンジニア専門のエージェントサービスを利用すると良いでしょう。

エージェントの詳しいサービスや特徴については、「初めてでも安心!フリーランスエージェント」の記事を参考にしてみてください。

業務委託の案件に応募する

求人サイトや求人検索サイトにて、業務委託の案件を探す方法もあります。継続案件が多い傾向にありますが、具体的な業務内容や報酬が不明確なこともあるため、齟齬が生じないよう契約前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

人脈を活用する

フリーランスとして副業を探す際には、自分の人脈を活用する方法もあります。たとえば、取引先で仲良くなった人や、趣味の集まりなどで知り合った人に本業の内容や副業を考えていることを伝えておくと、副業を始めたときに案件を依頼される可能性があるでしょう

人脈を広げておくと、思わぬところから仕事が舞い込んでくる可能性が出てきますし、実績を残せば口コミで評判が広まることもあります。

フリーランスの人脈作りの方法|メリットと案件獲得のコツについて解説」では、これから新しく人脈をつくるためのヒントをまとめました。

副業案件について話を聞いてみたい

会社員のフリーランスが副業で高収入を目指すには?

副業フリーランスとして収入面でのメリットをより大きくするには、収入アップを目指すことがポイントです。ここでは、高収入を得るヒントを紹介するので、副業を始める方はぜひチェックしてみてください。

  • 強みが活かせる案件を探す
  • 今までの実績をアピールする
  • 条件交渉をする
  • 交渉が苦手な人はエージェントを使う

強みが活かせる案件を探す

自分が得意な分野の案件をこなすことで、効率よく作業ができ収入アップにつながります。質の良い成果物を納品すれば、評価につながり、ゆくゆくは単価が上がると期待できるでしょう。

また、専門性が高い案件ほど高単価になる傾向があるため、得意分野がある方は自分の強みを活かせる案件を探すのがおすすめです。

今までの実績をアピールする

経験者向けの単価の高い案件を受注するには、本業で培ったスキルや実績のアピールが欠かせません。特に、本業と似た案件を受注する際は、本業でのポジションや身につけたスキル、さらには課題に向き合うときの姿勢について、スキルシートを通して伝えると効果的です。

条件交渉をする

副業フリーランスとしてある程度の実績を積んだら、納得のいく条件で契約を結ぶことを意識しましょう

同じクライアントと取引を継続する場合は、新しいスキルを身につけた際や、新しいプロジェクトが開始されるときが単価交渉のチャンスです。また、新しいクライアントと取引を開始する際、最初から高めの単価を提示するのも良いでしょう。

交渉が苦手な人はエージェントを使う

単価交渉は、「どれくらいの金額を提示すべきか」「どのタイミングで行うべきか」と悩むことが多く、苦手意識のある方もいるでしょう。

自分で交渉を行う自信がない場合は、最初からエージェントを通して案件を受注するのがおすすめです。エージェントでは単価交渉を代行してくれるのはもちろん、契約内容について一緒に確認してもらえる心強さがあります。契約に関して不安がある場合は、エージェントを活用するのが賢明です。

副業案件について話を聞いてみたい

副業フリーランスとして働く際の手続きと注意点

会社員がフリーランスとして副業を行う際は、以下の点に注意しましょう。

  • 就業規則の確認する
  • 開業届を提出する
  • 確定申告を行う
  • 無理なくできる副業を選ぶ
  • 自己管理を徹底する

就業規則の確認

会社員が副業を行うことは法律上では禁止されていません。しかし、会社の就業規則などに副業の禁止が明記されている場合も多くあります。「会社での業務に支障が出る」「重要な情報が漏えいしてしまう恐れがある」といったことが会社が副業を禁止する主な理由です。

副業を行う前に就業規則を確認し、副業が可能な場合も、会社での業務に差し支えがない範囲で行うよう注意しましょう。

また、会社への報告義務はありませんが、不要なトラブルを避けるためにも副業を開始する際は事前に会社へ伝えておくことをおすすめします。本業のスキルを活かせる副業をする場合、本業にも良い影響があることをあわせて伝えておくと良いかもしれません。

副業は会社にばれる?

「副業をしているとばれなければ良いのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、副業が明らかになる可能性をゼロにすることはできません。

たとえば、会社員の住民税は会社が給与から天引きして納税します。副業で得た収入によっては、住民税額が同じ給与水準より高くなり、「ほかにも収入があるのではないか?」と不審に思われる可能性が出てくるでしょう。

副業は常にばれるリスクを負うため、副業禁止の会社では、副業を諦めるか、副業OKの会社への転職を考えるのが現実的な選択です

開業届を提出する

副業フリーランスとして本格的に活動する場合は、開業届を提出しましょう。開業届は個人事業を行う人が税務署に提出する書類で、事業を開始して1ヶ月以内に提出することが定められています。副業であっても、開業する場合は開業届の提出が必要です。

開業届の提出にはメリットがあり、開業届と青色申告承認申請書を提出することで、青色申告で確定申告を行えるようになります。青色申告では最大で最高55万円の控除を受けられ、節税につながります。

開業届の提出には手数料はかからず、書類は国税庁のWebサイトからダウンロードできます。郵送での提出も可能なので、副業を開始したら早めに提出しましょう。書き方については、「フリーランスは開業届の提出は必須?書き方やタイミング、メリットデメリットを徹底解説」の記事で詳しく説明しています。

※参照:[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁
※参照:青色申告制度|国税庁

副業案件について話を聞いてみたい

確定申告を行う

会社員は確定申告の代行ともいえる年末調整を企業で受けるため、基本的に確定申告は不要です。

ただし、フリーランスとして副業で1年間(その年の1月1日から12月31日まで)に20万円を超える所得を得た際は、確定申告する必要があります
確定申告には青色申告と白色申告があり、期間は原則として2月16日から3月15日までです。申告期限を過ぎると、ペナルティを受けることもあるので注意してください。確定申告の際は、税務署への確定申告書の提出と、不足分がある場合は不足分の所得税の納付が必要です。

※参照:確定申告が必要な方|国税庁

確定申告を行うためには、自分で帳簿を管理しなくてはいけないため、帳簿作成のスキルを身に付けておくと良いでしょう。「フリーランスエンジニア1年生が初めての白色申告でやることをまとめてみた」の記事では、確定申告のやり方を分かりやすく解説しています。税金の知識を身につけたい方は参考にしてみてください。

請求書・領収書を保存しておく

確定申告を行うフリーランスは、請求書・領収書を一定期間保存しておく必要があります。経費として計上したい支払いについては、必ず領収書をレシート受け取って保存しましょう

副業フリーランスが知っておきたい税金関連の知識は、「フリーランスなら押さえておきたい!今さら聞けない『税金・保険・年金』のキホン」の記事でもまとめているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

無理なくできる副業を選ぶ

副業をする際には、どのような目的でどのくらいの期間行うのかを明確にすることが大切です。

たとえば、一時的に収入を増やしたい場合は、短期間で集中してできる副業を選ぶことになるでしょう。一方で、長期的に副業を継続したい場合は、本業の支障にならない案件を選ぶことが鍵となります

副業はあくまで本業と両立する必要があるため、過度な負担にならない案件選びを意識しましょう。

自己管理を徹底する

本業と副業を両立するには、体調管理やスケジュール管理に注意する必要があります。

「大幅に収入を増やしたいから」「希望どおりの案件が見つかったから」とスケジュールを考慮せずに案件を受注すると、休日も作業に追われたり睡眠時間を十分に確保できなかったりする可能性があるでしょう。体調を崩すと本業と副業の両方に支障をきたし、会社の同僚や取引先の社員、副業の受注先との信頼関係にも悪影響が出てしまいます

トラブルを防ぐためにも、規則正しい生活を送り、スケジュールはこまめに確認するよう気をつけましょう。

自己管理を含めて、副業フリーランスが押さえておくべきことについては、「これから副業を始める方が知っておきたいこと」の記事もチェックしてみてください。

副業案件について話を聞いてみたい

副業からフリーランスとして独立するときのポイント

副業から始め、ゆくゆくは完全なフリーランスとして独立することは可能です。いきなりフリーランスを目指すよりも、副業からスタートして収入が安定した段階で独立した方が、リスクを抑えられるでしょう。

ここでは、フリーランスとして独立する際の注意点を紹介します。

最低限の貯蓄をしておく

独立に踏み切るかを判断するうえで目安の一つになるのは、「一定期間収入が得られなかったとしても、生活していける貯蓄があるかどうか」です

生活費は人によって異なるため、具体的にどのくらいの貯蓄があれば安心して独立できるのかはケースバイケースです。しかし、いずれにしても自分の生活費と独立後に見込まれる収入をきちんと把握し、最低限いくら貯蓄があれば良いのかを考えておくことが大切です。

副業で本業以上の収入を得られるようになる

独立の時期に迷ったら、本業以上の収入を得られるようになってからが安心です。フリーランスは会社員と違って毎月一定額の収入が得られるとは限りません。そのため、本業以上の収入が安定的に確保できるようになってからが、安心して独立できるタイミングといえます

本業を今すぐ辞めたい理由がない場合、目標額を上回るまでは会社員を辞めずに副業を続けるか、パラレルワークを選択するのが賢明な選択だといえるでしょう。

営業力をつける

フリーランスとして独立するなら、自分を売り込む営業力を身につけることを意識しましょう。SNSで情報発信したり、気になる企業に営業メールを送ったり、自分に合った営業方法を見つけることが大切です。

「自己アピールが苦手」「営業にかける時間がもったいない」という人は、フリーランスエージェントを活用するのも良いでしょう。

人脈をつくっておく

独立する前に人脈を築いておくことで、フリーランスになってから安定して案件を受注できます。スキルがあっても実績がないと案件を受注するのが難しいため、副業フリーランスの間に簡単な案件で実績を積み、大きな案件を任せられる力をつけておきましょう。


「フリーランスは経済面が不安定」と指摘されがちですが、独立前に十分な準備をすることで安心して働けます。さらに詳しく独立前の準備について知りたい方は、「フリーランスになる前に必要な準備は?安心してスタートをきるための参考記事特集」もご覧ください。

会社員の副業に関するよくある質問

会社員の副業に関するよくある質問と、その回答をまとめました。

副業でも開業届は出すべき?

副業の場合でも、新たに事業を開始したのであれば、原則として事業を開始した日から1ヶ月以内に開業届を出す必要があります。開業届の写しがあると、事業を行っていると証明しやすくなり、給付金を受給するときなどにも役立つでしょう。

副業は会社にばれる?

副業は常に会社にばれる可能性があります。その原因の多くは、住民税の通知です。会社の給料から天引きされる住民税は、副業所得があるとそれも加えた金額をもとに計算されます。会社の給料に対して住民税額が高いと「ほかに収入源があるのでは?」と会社側が不審に思う要因になります。

契約社員はフリーランスとして副業できる?

契約社員だからといって副業が制限されることはありません。ただし、正社員であるか契約社員であるかに関わらず、就業規則で副業を禁止している会社もあるため注意が必要です。

※本記事は2022年7月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。