あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

会社員がフリーランスとして副業を行う場合のメリットや注意点
会社員がフリーランスとして副業をすることはできるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

会社員がフリーランスとして副業を行うことは法律上は禁止されていません。しかし、就業規則や雇用契約書といった形で本業以外の副業を禁止している会社もあるようです。副業を行う際は、事前に就業規則を確認をし、自分の状況や目的に合ったものを選択することが大切だと言えます。また、副業で得た所得が一定額を超える場合は確定申告も忘れずに行いましょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

会社員がフリーランスとして副業するメリット
時間や場所に拘束されない副業の例
フリーランスとして副業を行う際の注意点

会社員がフリーランスとして副業するメリット

会社員がフリーランスとして副業すると、以下のようなメリットがあります。

収入が増える

会社員がフリーランスという働き方で副業するメリットとしては、収入が増えるということがまず挙げられます。そのため、勤めている会社からの収入では足りないという方や、一時的に収入を増やしたいという方が行うこともあるようです。

時間を有効に使うことができる

空いた時間を有効に使うことができるということもメリットの一つに挙げられます。最近では在宅ワークでできる作業も増えており、退社して帰宅後、または休日に自宅で副業を行うということも可能になってきました。特にインターネットを用いた在宅ワークは増えてきており、時間だけでなく場所も選ばずに行うことが可能です。

独立や起業の準備になる

将来的に起業したい方やフリーランスのみで活躍したい方などが、今後の独立準備として副業をすることもあります。初めは副業からスタートし、軌道に乗り次第、独立へシフトする方が、突然退職して独立するよりもリスクを軽減できるといった考えがあるようです。

関連記事:これから副業を始める方が知っておきたいこと

フリーランスの働き方について話を聞く

時間や場所に拘束されない副業の例

最近ではクラウドソーシングサービスのサイトも増えており、副業でできる多くの案件が紹介されています。インターネット環境があれば、案件探しから作業、契約先とのやり取りや報酬受取に至るまで、全てをサイト上で行うことも可能な場合もあります。副業に費やせる時間などを考慮して、自分のスキルや適性に見合う案件を見つけることが大切です。

自宅でできる副業の例としては、ライターやエンジニア、デザイナーなどが挙げられます。

ライター

クライアントが指定するテーマや文字数に従って期日までに記事を作成します。記事のテーマはスポーツや美容、旅行、金融、グルメ、ITなど多くあるため、本業で身につけた知識を活かして案件を受注するのも一つの方法です。

案件の報酬は1記事あたりで提示される場合もあれば、「1文字◯円」と文字単価で示されることがあります。

専門性の高い記事は報酬が高くなる傾向がありますが、その分知識や作業時間を要するでしょう。報酬の高さだけで案件を決めることはせず、事前にクライアントの求めるレベルを確認し、本業との両立を考慮して受注することが大切です。

エンジニア

エンジニアの副業の案件には、Webサイト開発やアプリ開発、バグの調査・フィードバックなどが挙げられます。エンジニア経験がある場合、クラウドソーシングだけではなく前職の同僚や知人などから案件を受注できる可能性もあるでしょう。

エンジニアの副業案件は単発のものもあれば継続的に実装などに携わるものもあるため、本業のスケジュールを考慮して受注しましょう。

なお、フリーランスエンジニアとして副業する際は、クライアントから開発経験を聞かれたりスキルシートの提出を求められたりする場合があります。効果的にスキルをアピールできるよう、副業を始める前に自分の経歴を振り返っておきましょう。

関連記事:スキルシートの書き方

デザイナー

デザイナーの副業案件には、ECサイトのデザインやロゴマークの作成、書籍の表紙の作成などがあります。

フリーランスのデザイナーとして副業する際は、クライアントが求める完成物のイメージを汲み取るとともに、デザインのサイズや作成方法、納品時のファイル形式などをしっかり確認することが大切です。

案件によっては受注前にポートフォリオや過去の制作物の提出を求められる場合があるため、事前に用意しておくとクライアントとのやりとりをスムーズに進められると考えられます。

関連記事:Webデザイナー必見!転職活動で評価されるポートフォリオの作り方

フリーランスとして副業を行う際の注意点

会社員がフリーランスとして副業を行う際は、以下の3点に注意しましょう。

就業規則の確認

会社員が副業を行うことは法律上では禁止されていません。しかし、会社の就業規則などに副業の禁止が明記されている場合も多くあります。会社での業務に支障が出る、重要な情報などが漏えいしてしまう恐れがあるといったことが副業を禁止する主な理由のようです。副業を行う前に就業規則を確認し、副業が可能な場合も、会社での業務に差し支えがない範囲で行うようにしましょう。

確定申告

会社員は確定申告の代行ともいえる年末調整を企業で受けるため、基本的に確定申告は不要です。ただし、フリーランスとして副業で1年間(その年の1月1日から12月31日まで)に20万円を超える所得を得た際は、確定申告する必要があります。確定申告は、納める所得税(1年間の所得に対する税金)の過不足を精算する手続きです。

確定申告の期間は原則として2月16日から3月15日までで、税務署への確定申告書の提出と不足分の所得税の納付(不足分がある場合)が必要です。

参考:国税庁のWebサイト「確定申告が必要な方」

副業の選択

副業をする際には、どのような目的でどのくらいの期間行うのかを明確にすることが大切です。例えば一時的に収入を増やしたい場合は、短期間で集中して行うことができる副業を選ぶことになるでしょう。しかし、長期的に行う場合は持続できるような副業を選ぶことが重要です。会社員として会社の業務に支障のないような副業を選ぶことが持続できる鍵と言えるでしょう。

自己管理の徹底

本業と副業を両立するには、体調管理やスケジュール管理により一層注意する必要があります。

「大幅に収入を増やしたいから」「希望通りの案件が見つかったから」とスケジュールを考慮せずに案件を受注すると、休日も作業に追われたり睡眠時間を十分に確保できなかったりする可能性があるでしょう。体調を崩すと本業と副業の両方に支障をきたし、会社の同僚や取引先の社員、副業の受注先との信頼関係にも悪影響が出てしまいます。

トラブルを防ぐために、規則正しい生活やスケジュールのこまめな確認を心がけましょう。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

※本記事は2020年1月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.