あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

共通点とメリット、デメリット
フリーランスとフリーターの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとフリーター、どちらも「フリー」という言葉が使われているためか、混同されることがあるようです。しかし、両者の意味は異なり、フリーターが主にアルバイトとして雇用される人を指すのに対し、フリーランスは特定の企業に属さずに働くワークスタイルのことを言います。本記事では、両者の言葉の意味や共通点、違い、フリーランスのメリットについて解説していきます。

フリーランスの働き方について話を聞く

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスとフリーターの定義
フリーランスとフリーターの共通点
フリーランスとフリーターの違い
フリーランスのメリット
フリーランスのデメリット
フリーターのメリット
フリーターのデメリット
フリーターからフリーランスになるには

フリーランスとフリーターの定義

本記事ではフリーランス、およびフリーターの違いについて主に解説します。まずは、双方の言葉の意味について確認しましょう。

フリーランス

フリーランスとは、特定の企業や組織、団体などに所属することなく独立した働き方のことを指します。各クライアントと契約を取り交わし、業務を受託し、遂行した作業に対して単価が発生します。フリーランスの多い業種の例として、各種ITエンジニアやWebデザイナーといったコンピューター関連、イラストレーター・ライターなどのクリエイティブ職などが挙げられます。

フリーター

フリーターとは、正社員とは異なる雇用形態、とりわけアルバイトを中心に生計を立てている人を指します。定職に就かない理由としては、本当にやりたいことを見つけるまでのつなぎとして仕事をしている、不景気などで正社員の職を得ることが難しい、といったことが挙げられます。

フリーターについての明確な定義はありませんが、政府が行っている労働に関する調査において定義している内容をひとつの目安として確認しておきましょう。

【総務省統計局が毎月実施している「労働力調査」におけるフリーターの定義】
  • 若年のパート・アルバイト及びその希望者
  • 年齢が15~34歳
  • 男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者
  • 雇用者のうち勤め先における呼称がパート・アルバイトの者
  • 完全失業者のうち探している仕事の形態がパート・アルバイトの者
  • 非労働力人口で、家事も通学もしていない者のうち、就業内定しておらず、希望する仕事の形態がパート・アルバイトの者
【厚生労働省が平成3年に行った「労働経済分析」におけるフリーターの定義】
  • 年齢は15~34歳と限定
  • 現在就業している者については勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者
  • 男性については継続就業年数が1~5年未満の者
  • 女性については未婚で仕事を主にしている者
  • 現在無業の者については家事も通学もしておらず、「アルバイト・パート」の仕事を希望する者

参照 : 総務省統計局 統計データFAQ「フリーターの人数
関連記事 : フリーランスとは?イチから始めるための基礎知識

フリーランスの働き方について話を聞く

フリーランスとフリーターの共通点

前項で解説した言葉の定義から、フリーランスが雇用されずに活動する働き方であるのに対し、フリーターは非正規雇用として生計を立てる働き方ということが分かりました。

では、なぜ混同されることが多いのかというと、両者には以下のような共通点があるためです。

働く時間が比較的自由

在宅型のフリーランスであれば、受託した案件を決められた期限内に遂行できれば良いので、業務はいつ行っても問題ありません。フリーターも多くの場合、自由にシフトを決めることができるため、プライベートを重視した働き方が可能です。

収入が安定しづらい

正社員であれば、毎月一定額の収入が得られますが、フリーランスとフリーターは、どれだけ働いたかによって月の収入が変わってきます。引き受けた案件や入ったシフトの量が多ければ、その分収入は増えますが、体調を崩して働けなくなった場合、収入がゼロになってしまう可能性もあるでしょう。

副業を行いやすい

正社員でも、会社側の許可が下りれば副業を行うことができますが、本業との両立が難しいことからハードルは高めです。フリーランスならばどんな案件をどんなスケジュールでこなすか、フリーターならばどこのバイト先でどんなシフトにするか、は比較的調整しやすいため、掛け持ちで働くのに向いている働き方だといえます。

関連記事  :  フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの働き方比較

フリーランスとフリーターの違い

フリーランスとフリーターには、上記のような共通点がありますが、その一方で大きく異なる部分もあります。以下では、両者の違いについて見ていきましょう。

専門知識・スキルが必要かどうか

フリーランスとして活動するためには、何らかの得意分野・専門分野を持つことが大切になります。契約を結ぶにあたり、単価を支払うのに値する高い能力が求められるからです。一方フリーターは、正社員の補助的な立ち位置であることが多いです。必ずしも専門性を要するということはなく、未経験からチャレンジできるケースもあります。

雇用契約および制約の有無

フリーランスは、クライアントとの契約時に定めた業務を遂行します。雇用契約ではないため、作業場所や時間などもある程度フリーランス自身の意思が反映されます。それに対しフリーターの働き方は、雇用契約による制約があるのが基本です。大抵の場合は職場に出勤して作業を行い、雇用者に進行を管理される立場にあります。

報酬の決め方の違い

フリーターは、時間当たりの単価によって収入が決まっているケースがほとんどが、フリーランスは、クライアントとの交渉によって報酬が決まります。つまり、フリーランスは個人の能力次第で高い収入を得られる可能性があるということです。

関連記事  :  どうやって決断した?フリーランスになった経緯まとめ

フリーランスのメリット

以上がフリーランスとフリーターの主な違いです。次に、フリーランスのメリットをいくつか挙げて紹介します。

案件を選べる

自身の得意分野やキャリアの方向性に合った案件を選べるのは、フリーランスのメリットの1つと言えるでしょう。加えて、不得意なことに関わるストレスを軽減できるという面もあります。

収入アップを狙える

時給制のフリーターと比べ、フリーランスはスキルに応じ、クライアントと協議してて報酬を決めます。高単価案件に参画できるだけのスキルを持っていれば収入アップを狙えるでしょう。

働き方の自由度が高まる

前述の通り、フリーランスは実力がものを言う働き方です。会社員やフリーターと比べて業務環境への制約も少ない傾向があります。短時間で業務をこなせれば、プライベートの時間も確保しやすくなるでしょう。

関連記事  :  フリーランス(個人事業主)のメリット

フリーランスのデメリット

次に、フリーランスのデメリットについていくつか挙げていきます。
 

  • 有給休暇や産休・育休がない
  • ボーナスがない
  • 自分で確定申告の手続きが必要
  • 予定やモチベーションの管理が必須

具体的にはどのようなことなのか、項目ごとに見ていきましょう。

有給休暇や産休・育休がない

有給休暇や産休・育休は、労働基準法で定められた「労働者の権利」です。しかし、フリーランスは事業所から賃金を支払われる「労働者」に該当しないため、これらの制度が原則として適用されることはありません。

フリーランスになると、出産や育児・介護・忌引・病気などの事情があっても、一般的な会社員と比べ収入を補填するような制度はまだ整っていないのが現状です。休んだら休んだ分だけ収入が減ってしまうことも考えられるので、働けない状況になると生活が苦しくなる場合もあります。結婚・妊娠・出産などのライフイベントに応じた変化にどう対応するのかという課題があると言えるでしょう。

ボーナスがない

フリーランスになると毎月の固定給ではなく、働いた分に応じた収入を得る形になります。その分、毎月の収入は会社勤めの頃よりも増えることがある一方で、賞与やボーナスなどの特別手当の支給はありません。

ボーナスや賞与は、雇い主が支払うと決めた場合のみ支給されるものです。フリーランスがボーナス、賞与を貰うことは基本的にありません。また、案件ごとに収入を得るフリーランスは、安定して案件を獲得できないと、同業種のサラリーマンよりも収入が下回ってしまう可能性もあるのです。

自分で確定申告の手続きが必要

フリーランスになると、原則として確定申告を行わなくてはなりません。確定申告とは、毎年1月1日から12月31日の間に得た所得額を申告して、所得税等の税金を納めるために行うことです。
確定申告をするためには、1年を通して帳簿を付け、確定申告書を作成する必要があります。その際、収入や経費など事細かに記載しなければならないため、手間に感じる方も多いようです。

【確定申告の大まかな流れ】
  • 必要書類を準備する
  • 帳簿づけを行う
  • 確定申告書を書く
  • 最寄りの税務署に提出する

これらを毎年自分で行う必要があります。企業勤めの頃にはしなくてよかった事務作業は、フリーランスになる上では避けては通れない業務となるのです。

予定やモチベーションの管理が必須

仕事の依頼を受けたりクライアントと打ち合わせしたりするなど、フリーランスは全て自分でスケジュール管理をしなくてはなりません。仕事内容によっては部屋に何日もこもりっぱなしで、誰にも会わないこともあるでしょう。仕事の相談や会話をする相手が常にいるわけではないため、日々のモチベーションを維持する努力も必要です。仕事の予定やモチベーション、体調などについて自己管理能力が乏しい人には、フリーランスという働き方は向いていないと言えるかもしれません。

関連記事 : フリーランスエンジニアのデメリットとは?

フリーターのメリット

次に、フリーターのメリットについて見ていきましょう。

  • 自由に時間を使いやすい
  • 転勤がない
  • 責任が比較的軽い
  • サービス残業がない

次項でフリーターのメリットの内容について詳しく見ていきましょう。

自由に時間を使いやすい

勤務先との雇用契約にもよりますが、フリーターの場合「1日〇時間以上、週〇日以上」などの提示された勤務条件をクリアできれば、比較的自由にシフトを組みやすいです。

プライベートの時間を確保しやすく、学校やプライベートなどを優先させた働き方が可能です。この自由度の高さは、フリーター最大のメリットと言えるでしょう。

責任が比較的軽い

アルバイトの場合、比較的責任の軽い仕事が割り振られることが多いです。基本的には責任者である正社員の指示に従って仕事をする場合が多いので、最終的な責任を取ることはあまりありません。

職種によってはリーダーなどの役職を任されることはありますが、責任者として正社員がいれば、重圧を感じず働くことができる点がメリットになり得ます。

サービス残業がない

アルバイトとして勤務する場合、ほとんどの人が時給制で働くことになります。時給制なら基本的に残業したとしてもその分の給与が加算されるので、労働時間は長くなりますが、結果的に給料も増えるため、労働時間分の賃金が発生しないサービス残業のように金銭的な損をすることはありません。

関連記事 : フリーランスエンジニアのメリット

フリーターのデメリット

フリーターのデメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • 立場が弱く雇用が不安定
  • スキルが身につきにくい
  • 収入が少ない

具体的にはどのようなことなのか見ていきましょう。

立場が弱く雇用が不安定

アルバイトは、正社員よりも仕事上の立場が弱くなりがちです。職場によっては、一方的に指示を出される立場であったり、正社員に意見をするのが難しかったりすることも考えられるでしょう。

また、アルバイトは正社員と比べて雇用が安定しにくい傾向があります。もちろんアルバイトも正社員と同様、企業側が不当な解雇をすると法律違反になりますが、たとえば企業の経営が不安定になり、人員削減が行われた場合は、正社員より先にアルバイトの人員が減らされることもありえます。

スキルが身につきにくい

仕事の責任が比較的軽いというメリットがある反面、アルバイトに任される仕事は平易なものが多く、やり方を覚えれば誰でもできるような単純作業が多い傾向にあります。企業側も、アルバイトに重要な仕事を任せることは少ないでしょう。アルバイトとして希望の職種で働いても、転職や就職に有利なスキルはなかなか身につきにくいのはフリーターのデメリットと言えます。

収入が少ない

時給制は、働いた分だけ給料が増えますが、時給が低かったりシフトを減らされたりするなど、企業側の都合によって収入が少なくなってしまう場合もあります。また、アルバイトにはボーナスなどの特別賞与を支給しない企業が多いため、年収という点では正社員よりも少なくなるのが一般的でしょう。

働く時間を増やせばいいかもしれませんが、家庭の事情などで難しい場合もありますし、無理して健康を犠牲にしてはかえって働けなくなってしまいます。このような理由から、フリーターとして安定した収入を得るのは難しい部分があるのです。

関連記事 : フリーランスとアルバイト

フリーターからフリーランスになるには

現在フリーターとして働いているけれど、将来的にはフリーランスとして活躍したいと考えている人もいるでしょう。フリーターとフリーランスは働き方の自由度から同じものだと考えている人が多いかもしれませんが、フリーランスとして仕事をしていくためには独り立ちできるだけのスキルが必要です。

また、仕事は自ら獲得していくのがフリーランスです。責任感を持ち、常にクライアントに満足してもらえる仕事をすることが、次の仕事につながっていきます。社会的な信頼を得るかどうかという点は、フリーターとフリーランスの大きな違いと言えるでしょう。

フリーターからフリーランスになるには、自分が目指す業種のニーズを知り、自分のスキルがどの程度なのか、それを仕事に活かすことができるかなど、市場調査をしておくと良いでしょう。フリーターが企業から仕事を請け負う労働者であるのに対して、フリーランスは企業と対等に仕事をするパートナーです。フリーランスとしてやっていくためには、この立場の違いを自覚し、責任感を持って仕事に取り組んでいく姿勢が必要になります。

関連記事 : フリーランスの意味について

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.