プログラマの自己PRについて

T.S 32歳 男性

T.S 32歳 男性

プログラマの自己PRについて教えてください。

企業担当 米本 奈緒子

企業担当

米本 奈緒子

求められているプログラミングスキルを把握し、自発的に成長できる姿勢や自身のスキルを具体的にアピール。発言するときは、論理的かつ簡潔に説明しましょう。

詳しい解説はこちら

1.専門知識とコミュニケーション能力を必要とします。そして論理的思考ができる人が向いています。

プログラマに求められる能力は、プログラミング言語を操るスキル、コミュニケーション能力です。そしてロジカルな思考ができる人、プログラミングが好きな人がプログラマとしての適性があると言えます。

求められる能力

■プログラミング言語の知識

プログラミング言語の知識があるということがプログラマの大前提です。案件によって必要とする言語や環境が異なるため、JavaScriptやObjective‐Cなど需要の高いプログラミング言語を何種類か習得しておくと良いでしょう。

■コミュニケーション能力

具体的には、相手の意図や要求を正確に読み取る力が必要です。SEの作成した仕様書からクライアントの求めるものを汲み取りプログラミングを行います。またチームでのプロジェクトでは、チーム内での意思疎通が大切です。コミュニケーションを密に図り、メンバーの認識を統一することができるプログラマはとても重宝されます。

プログラマの適性

■ロジカルな思考ができる人

ロジカルな思考とは、筋道を立てた展開をし段階的に判断する考え方です。プログラマの作業は、常に問題を発見し、原因究明、課題解決を行います。ひとつひとつの事象を理解し組み立てていくという作業は、ロジカルな思考を必要とするため、プログラマに必要な適性となるのです。

■プログラミングが好きな人

プログラマの作業は常に興味を持って取り組んでいく
ことが大切なので、プログラミングが好きな人が適しています。好きという気持ちは、モチベーション維持に一番効果的です。スキルは経験を積めば身についてくるので、好きという気持ちがあれば一歩踏み出してみましょう。

2.IT企業はいつも人手不足。いかに自発的に成長ができるかをアピールしましょう。

未経験者の方は、プログラミングの実務経験がない分、求められているスキルや適性を踏まえ、技術面以外のアピールが必要です。ではどのような自己PRがより面接官の心に響くのでしょうか。

■ポイント「自発的に学ぶ姿勢をみせる」

IT業界のほとんどの企業は、人材不足により多忙を極めています。そのため新入社員だからといって、ゆっくりと研修する余裕はありません。なので受け身ではなく自発的に学ぶ姿勢を見せることで、より好印象を与えることができます。

■自己PR例

「現在の仕事の説明」+「プログラミングに関する学習意欲」+「その成果または今後の展望」という流れが望ましいでしょう。実際どのような文章になるか例を挙げてみましょう。

例文
「私は現在、一般事務の仕事をしています。もともとパソコンに興味があり、さまざまなアプリケーションソフトで業務ができる一般事務として働いていたのですが、ITの深い知識を持つプログラマ職に強い憧れを持ちました。そのため独学でC言語を学び、現在はC++言語を勉強中です。まだまだ人前でお見せできる実力ではありませんが、今後御社でパッケージソフトウェアの開発に携わり、即戦力となれるよう常に努力をしていきます。」

今後の展望や成果では、具体的に何をしたいか何を達成したかという事を述べることが大切です。

3.大切なのは相手のニーズを把握し、自身のスキルを論理的かつ簡潔に説明することです。

プログラミング経験者の方の自己PRでは、スキルや前職で何をしたか、今後どうなりたいのかを明確に説明することが大切です。また志望している企業がどのような開発環境・言語を用いているのかを把握し、自身がいかに役に立てるかをアピールできると良いでしょう。

■企業の開発環境・言語をリサーチ

事前準備として、企業がどのような人材を求めているのかを分析する。そして自身のスキルがどう活かせるかを考えましょう。

■今までプログラマとして作業する際に、何を軸にしてきたか。何を大切にしてきたか。

自己PRをする際は、前案件での自分の担当した作業や役割を説明しながら、作業を行う際に自身が軸としてきた考えを説明しましょう。またその考えを持つようになったきっかけを説明することで、根拠が明らかになり説得力が増します。そして一連の流れからどのような成果を得られたのか、この経験を今後どのように活かせるかを伝えると良いでしょう。

■今後の展望

参画を希望する企業でどのような働きをしていくのか、どのポジションを目指すのか、明確にしましょう。

自己PR例文(アプリ開発案件)
「私はフリーランスのプログラマとして5年間活動しています。前回参画した案件は、Objective‐Cでのショッピング系アプリの新規開発案件です。私はサーバーサイドで要件定義からリリース後の運用を担当しておりました。毎回プロジェクトに参画する際、私が大切にしていることは「チーム内でのコミュニケーションを密に図り内容理解のズレが起きないようにすること」です。意識的に会話の頻度を増やすことで、クライアントのニーズを正確に読み取ることができ、今回も期限内に満足のいくアプリを納品することができました。御社の案件でも、SEの方をはじめチームメンバーとのコミュニケーションを大切にしていきたいと思っております。」

注意しておきたいところは、C言語やJavaなど特定の言語に特化しており、高いレベルの技術を習得していたとしても、参画希望企業が求めている技術とマッチしなければ、アピール力が落ちてしまうという所です。企業のニーズを見極め、より効果的なアピールを心がけましょう。

プログラマ(PG)の案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.