関数型言語の一つーHaskell
Haskellの仕事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

Haskellは、純粋関数を特色とするプログラミング言語です。Haskellを使う職種の代表は、プログラマーと言えるでしょう。導入企業が増えつつある、将来性に期待ができる言語の一つです。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. プログラミング言語Haskellの概要と特徴
2. 関連職種としてはプログラマーが挙げられます
3. Haskellは将来性のある言語であると言えます

1. プログラミング言語Haskellの概要と特徴

本記事では、プログラミング言語Haskellの概要とそのスキルを活かせる職種、Haskellの将来性などについて解説します。

■Haskell概要
Haskellは、純粋関数を特色とするプログラミング言語です。名称の由来は、数学者・論理学者のハスケル・カリー。初版の発表は1990年でした。同言語の原型であるMiranndaおよびMLに類似した関数型言語であり、よりメジャーなC++やJavaなどとは大きく性質を異にしています。

■Haskellの特徴
Haskellは、記述力に優れている点が特色の言語です。機能面では、他の言語でも採用されている定義可能な演算子や高階関数、静的多相型付け、例外処理といった現代的な要素を有している他、リスト内包表記・ガード・カリー化・パターンマッチングなど、Haskellを特徴づけるものも充実しています。

数学的プログラミングによる生産性の高さも魅力の一つ。遅延評価をはじめ、代数的データ型や再帰的な関数などをサポートし、副作用が発生しやすい操作を行う際にも参照透過性を維持することができます。Haskellでは手続き型のプログラミング言語においては複雑とされる関数も、比較的簡単に実装することも可能です。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. 関連職種としてはプログラマーが挙げられます

Haskellは、ソフトウェア開発の場面で主に使われています。とりわけ、速さと信頼性の両方が求められるプロジェクトにおいて利用される傾向があるようです。Haskellはプログラミング言語であるため、実際にHaskellを使って作業を行う職種としては、プログラマーが第一に挙げられるでしょう。

 

■プログラマー概要
プログラマーは、システムやソフトウェアの開発において主にプログラミングを担当する職種です。システムエンジニアとの明確な違いがあるわけではありませんが、プログラマーがどちらかというと下流工程を担うことが多いのに対し、システムエンジニアはより上流の工程に携わるものとするのが一般的なようです。

また、プログラマーとしての実務経験を活かし、システムエンジニアへのキャリアップを目指すこともできるでしょう。

■プログラマーの作業内容と必要なスキル
システムエンジニアによる設計書を基礎としながらコーディングを行う他、運用管理、デバッグ、不具合修正にも携わります。また、案件によっては、仕様書の作成やリリース作業などにも関わることもあるかもしれません。

プログラマーとしての諸作業を行うにあたって必要なスキルは、第一にプログラミングスキルといえるでしょう。専門性が重視される傾向があるため、自身にとってコアとなる言語を選んで習熟するのがおすすめです。

3. Haskellは将来性のある言語であると言えます

現在Haskellの導入企業が増えつつあるため、Haskellは将来性のある言語であると言えるでしょう。Haskellは他の言語との相違点が多く、日本語によるドキュメントが少ないこともあり、新たに習得するのが難しいとされています。しかしその分、Haskellのスキルは重宝され、Haskellを使えるエンジニアの需要は高まる可能性があるでしょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.