期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーンの利用規約(注意事項)

レバテック株式会社(以下、「当社」といいます。)が実施する「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に参加し、会員登録される方(以下、「登録者」といいます。)は、以下をよくお読みいただきご登録ください。ご登録を以って、本規約に同意されたものとみなします。
本キャンペーンは、以下の条件を満たす方全員にアマゾンギフト券5,000円分をプレゼントするものです。

条件について
以下のすべての条件を満たされた方が対象となります
2019年9月17日(火)~9月30日(月)の期間中にレバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)またはレバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/)に会員登録された方
2019年11月29日(金)までにカウンセリングを終えられた方
※過去にレバテックフリーランスのカウンセリングを受けられた方は対象外です。
※ご友人紹介(https://freelance.levtech.jp/friend/)で登録された方は対象外です。
※当社が保有する案件状況等により、カウンセリングをご案内できない場合もございます。予めご了承ください。
賞品の発送について
本キャンペーン条件に該当する方には、2019年11月4日(月)~2019年11月8日(金)注1または2019年12月2日(月)~2019年12月6日(金)注2の期間中にアマゾンギフト券5,000円分利用コードをメールでお送りいたします。
注1) 9/17(火)~10/31(木)にカウンセリングを受けられた方が対象
注2) 11/1(金)~11/29(金)にカウンセリングを受けられた方が対象
注意事項
お一人様、1回までの登録が可能です。
本キャンペーンの参加において、登録者が真実かつ正確なデータを入力していないこと、または登録者から提供された情報が不十分であったことによって賞品が届かない場合、あるいは登録者の転居や長期の不在などの事由によって当社所定の期間内に登録者が賞品を受領できない場合は、キャンペーン該当者の権利が失効・削除されることがあります。
キャンペーン該当者の権利を第三者に譲渡等はできません。
本キャンペーンの賞品の返品・交換は致しかねます。
当社は登録者の個人情報(本キャンペーンの登録時に登録者が提供した情報)を、当社の「個人情報の取り扱いについて(https://freelance.levtech.jp/privacy/)」に従い適切に取扱うものと致します。
当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部または全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
細心の注意を払って情報を掲載していますが、当社は、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証も行うものではありません。また、登録者または第三者が被った以下の事例により発生した損害については、当社は責任を負いません。
登録者間または登録者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
故意または重過失なくして、当社が提供する本キャンペーンの情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
レバレジーズグループ社員・関係者からのご登録は無効とさせていただきます。
本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所の専属的合意管轄に属するものとします。

独立を目指すなら知っておきたい
個人事業主とサラリーマンの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

サラリーマンから個人事業主になることで、どのような点が変化するでしょうか。収入面の違いについてはイメージする人が多いかもしれません。決まった給与が支給されるのではなく、自分でお金を稼ぐ立場になることで、働き方や必要な知識に違いが出るようです。
当コラムでは、サラリーマンと個人事業主の違いについて説明します。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. サラリーマンと個人事業主の違い
2. 働き方や収入、税金、保険などについて
3. 「副業で個人事業主」が一般化しつつある背景
4. サラリーマンが副業で個人事業主になる場合の注意点

 

1. サラリーマンと個人事業主の違い

地球のイラストとクラウドをイメージしたイラストが描かれている画像

サラリーマンと個人事業主の違いは、働くスタンス。職能別に決められた業務を遂行するのがサラリーマンなのに対して、個人事業主は自分で発注を取り、依頼を完遂し、財務処理を行う…というように、複数の役割を担うのが特徴です。

もう少し具体的にお伝えすると、サラリーマンの場合、税金や保険などバックオフィスの業務に関しては会社が行うため、本来の業務に集中することが可能です。

一方、個人事業主の場合は、毎年の確定申告に向けて年間の損益や費用などの管理もすべて自分で行うため、それが面倒に感じる方は、会社員として働くほうが良いかもしれません。金銭の管理もすべて自分で管理して無駄を省き、働きやスキルの対価を純粋に得たい方にとっては個人事業主が向いていると言えるでしょう。

この働くスタンスの違いによって、収入や支出、必要な知識なども変化するため、次項を参考に、働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 働き方や収入、税金、保険などについて

スーツを着た男性とラフな格好の男性がそれぞれにビルを描いている画像

サラリーマンと個人事業主の違いについて、それぞれいくつかのポイントに注目して確認してみましょう。

サラリーマンの場合

働き方

サラリーマンは会社に雇用される形で働きます。基本的には会社からの指示の下で、担当している業務を遂行。ポジションや職能に応じて業務量が設定されたり、スキル面の指導を受けたりと、マネジメントされながら安定的に働ける点はサラリーマンとして働くメリットと言えるでしょう。

ただし、サラリーマンとして働く上で切り離せない、会社の雰囲気や慣例に違和感を覚える場合もあるようです。改善案などがあっても提案しづらい、物事の決定や稟議が下りるまでに時間がかかるといった点が不満につながるケースもあります。

収入

基本給が設定されており、仕事の成果により手当やボーナスがつくことも。収入が保障されている点は個人事業主との大きな違いです。

転職活動中の生活を支えてくれる雇用保険、仕事中のケガについて保障が受けられる労災保険など、社会保険の恩恵を受けられる点もサラリーマンならでは。労働基準法が適用されるため、有給休暇や残業手当なども付与されます。

ただし、昇給や評価制度は企業の方針によって異なるため「純粋に成果のみを評価してほしい」という価値観を持つ人が不満を感じやすいこともあるでしょう。

支出

健康保険や厚生年金、40歳以上ならば介護保険などの社会保険料と、税金(所得税と住民税)が給料から天引きされます。

ただし、社会保険料は労使折半、つまり従業員と企業とで50%ずつの負担となります。また厚生年金は、個人事業主が加入する国民年金よりも将来的に受け取る金額が大きいというメリットも。

そのほか、仕事の中で必要となった交通費や宿泊費なども、会社側が経費として負担してくれるケースもあります。

個人事業主の場合

働き方

本人が事業主となり、自分で判断を下し、自分で責任を負う働き方です。労働者ではないため、基本的に労働基準法は適用外である点も大きな特徴。自分で労働時間を管理し、ベストコンディションを維持しながら働く必要があります。

また、始める事業の種類やどんな働き方をするかなどを自分で選べる自由がある一方、本業だけでなく営業や経理、雑務なども自分でこなす必要があるため、業務以外の知識を吸収していく必要があるでしょう。

収入

どのような案件(作業内容、単価、スケジュールなど)を獲得し、請ける・請けないを判断するのかはすべて自分次第。そのため、本人のスキルや働き方に応じた収入が比較的得やすいといえます。

その反面、怪我や病気などで働けない期間は収入が途絶えてしまう恐れがあるのも事実。サラリーマンの場合は、年次有給休暇を使えば収入面は補填できますし、企業によっては怪我や病気で休職する期間にも給料を支払うところもあるため、休んでも収入面の心配がない配慮がなされています。

「個人事業主は自分次第」という言葉が意味するところはよく理解しておきましょう。

支出

国民健康保険や国民年金、各種税金などを自分で納めます。事業を行う上で必要な経費(交通費、消耗品など)もすべて自分の収入の中から捻出する必要があります。

そのため、サラリーマンと個人事業主との年収は単純な額面での比較をしないように注意しましょう。一般的に個人事業主の年収は経費や社会保険料、税金などを引いていない売上額で語られます。サラリーマンの給料と同じ捉え方をしないのが大切です。

関連記事 : 年収1000万円は高い?低い?FPが教えるフリーランスとお金の話

3. 「副業で個人事業主」が一般化しつつある背景

パソコンの前に座った男性が真剣な表情で書類に目を通している画像

サラリーマンから個人事業主になることを検討している方の中には「まずは副業でスタートしよう」という人もいるかもしれません。最近は、副業をしながら会社員として働くというスタイルも珍しいことではなくなってきました。

その背景にあるのが、多様な働き方を推進することを目的とした「働き方改革」です。その一環として、厚生労働省では、副業や兼業の普及促進を図る取り組みを実施。ここ数年で、副業への価値観が変わる動きが政府主導でなされてきました。

平成28年度産業経済研究委託事業(働き方改革に関する企業の実態調査)報告書」によれば「兼業・副業を認めている企業」の割合は18.0%と、副業に否定的な企業が多いのが現状ではあります。

一方で近年は条件付きで一部容認するなどの動きも見られるようです。主な理由としては以下のような内容が挙げられます。

・社内では得られない知識やスキルを獲得できる
・社員の自律性や自主性を促す効果が期待できる
・容認することで、優秀な人材の獲得や流出の防止(競争力の向上)を図る
・社外から新たな知識、情報、人脈を獲得し、事業拡大に繋げたい

上記に加えて、労働者側も自分自身の働き方に対する意識の高まりも副業に注目が集まる要因の1つです。これまでは長時間労働が基本という考え方が多数でしたが、現在は適切な労働時間で業務を終えるという風潮に変化。企業の中にも、テレワークやNO残業デーの推進など、働き方の改善を目的とした取り組みに積極的なところが徐々に増えています。

そのような企業の取り組みいよって使える時間が増えたため、サラリーマンが選択肢の1つとして副業を思い浮かべるのは自然なことと言えるのではないでしょうか。

4. サラリーマンが副業で個人事業主になる場合の注意点

笑顔で書類を見ている女性の画像

サラリーマンが副業をすること自体を禁止する法律はないので、基本的には可能です。
ただし、トラブルを防ぐためにも下記の注意点をしっかり把握しておきましょう。

会社の就業規則をチェックする

職場の就業規則で「副業禁止」としている場合があります。前項でもお伝えしたとおり、副業をすることで、本来の業務に集中できなくなってしまうケースや、副業中に不祥事を起こした場合、在職中の会社にも迷惑がかかってしまうことを危惧して、禁止にしているところが多いようです。

就業規則で副業を禁止している職場に勤めながら、無断で副業を行うことはトラブルを招く可能性がある…という点は留意しておくべきでしょう。

また、副業を認めている場合でも条件を定めていたり、届け出の提出を求めたりする企業があるため、事前の確認が大切です。

副業する目的を明確にする

副業には副収入を得られる、スキルを高められる、人脈を広げられるといったメリットがありますが、目的が曖昧なまま始めると、何も得られずに時間が過ぎてしまいます。

また、副業は本業にプラスして働くということですから、時間的・体力的に大丈夫かという点も冷静に考えておきたいところ。サラリーマンとして働く本業で満足しているのであれば、やみくもに副業を始めないことも肝心です。

「本業では得られないメリットがあるか」という点に着目して、目的を明確にしてみると良いでしょう。

スケジュール管理に注意する

サラリーマンが個人事業主として活動するなら、就業前後の空き時間や休日を活用することになります。

きちんとスケジュール管理をしないと「副業で受注した案件の対応に追われ、体調を崩してしまった」という本末転倒な事態になりかねません。

自分のスキル、本業の業務量、副業の案件内容を十分に見極め、バランス良くスケジュールを立てましょう。

副業での収入が20万円を超えたら確定申告をする

副業で個人事業主として働く場合、その所得が年間20万円を超えるようであれば確定申告が必要です。本業の勤務先での年末調整では対応できないのでご注意ください。

個人事業主の所得とは、売上から経費を差し引いた金額のこと。たとえば、売上が50万円でも経費が35万円なら、所得は15万円で確定申告は不要になります。

確定申告は「白色申告」「青色申告」の2種類。事前に申請手続きする必要がない…という手間の少なさから白色申告を選ぶ人もいるようですが、節税効果の高さでは青色申告に軍配が上がります。

申告内容によっては、還付金が戻ってくるケースもあるため、長期的に副業を続ける、その先に独立…ということを考えるのであれば青色申告を選んだほうが良いでしょう。

事前に提出する書類は、青色申告承認申請書と開業届。青色申告承認申請書は、開業した年は開業日から2ヶ月以内、開業済の場合は申告をする年の3月15日までに提出します。手続きの詳細は国税庁のWebサイトを確認してください。

※参考:所得税(確定申告書等作成コーナー) | 国税庁
 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。


※本記事は平成31年4月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランスの働き方について話を聞く

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?