担当業務にどんな違いが?
システムにおけるバックエンド/フロントエンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

システム開発において、ユーザーの目に見えないところで処理を行うバックエンドと、ユーザーの目に見える部分の処理を行うフロントエンドという分類をすることがあります。両者について解説します。
 

バックエンドエンジニア案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

0. 目次

1. バックエンド/フロントエンドとは
2. ユーザーに見えない部分を開発するバックエンドエンジニア
3. ユーザーに見える部分を開発するフロントエンドエンジニア

1. バックエンド/フロントエンドとは

そもそもバックエンドとは、直接ユーザーとやり取りを行わず、フロントエンドから受けた指示を処理する部分のことです。逆に直接ユーザーとやり取りを行う部分をフロントエンドと呼びます。

例えばECサイトを利用する際、ユーザーはまずブラウザを開き、ECサイトを呼び出すはずです。その後、探している商品のキーワードを検索ボックスに入力し、表示された商品情報を見て買いたい商品を見つけたら購入手続きへと移ることでしょう。

この一連の行動において、ユーザーが操作するブラウザがフロントエンドです。そして、ブラウザの裏では検索ボックスに入力されたキーワードをもとに商品データベースから商品情報を呼び出す処理が行われています。この処理を行っているデータベースがバックエンドに当たります。

関連記事 : バックエンドの意味

バックエンドエンジニア案件を提案してもらう

2. ユーザーに見えない部分を開発するバックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、サーバやデータベースなどで行われる処理を担当します。前述のECサイトの例で言うと、注文の処理や商品データベースの設計・開発、不正アクセスへの対処などがバックエンドエンジニアの担当業務です。開発ではコンパイラ言語(Java/C/C++など)もしくはインタプリタ型言語(PHP/Ruby/Python)などが主に用いられます。

関連記事 : バックエンドエンジニアの仕事内容

3. ユーザーに見える部分を開発するフロントエンドエンジニア

ユーザーには見えない部分の開発を行うバックエンドエンジニアとは違い、ユーザーが実際に目にする部分の処理を担当するフロントエンドエンジニア。Webサイトでいえば、HTMLやCSS、JavaScriptなどを用いて、デザインに基づいたWebページのコーディングが担当業務の一例です。場合によってはUI/UXに配慮したデザインや、SEOに効果的なページ設計など幅広い知識・スキルを求められることもあります。

 

小規模なプロジェクトの場合、バックエンドエンジニアもフロントエンドエンジニアも関係なく両方携わることがあります。しかし、それぞれ異なるスキルが求められるため、プロジェクトが大規模になるにつれて担当する業務の内容は細分化されていきます。自分はどのようなプロジェクトに携わりたいのかしっかりと考えてスキルを身に付けていくと良いでしょう。

関連記事 : フロントエンドエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

バックエンドエンジニア案件を提案してもらう

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとフロントエンドエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?