あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

求められるレベルと学習方法
フリーランスにおける英語の必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

英語力のあるフリーランスの方の場合、海外の案件に携われたり、英語でのリリース情報などをいち早く取り入れたりできるなど、差別化を図れる場面があります。英語のスキルを高めたい場合は、学習アプリを活用する、映画を見るといった方法を試してみると良いでしょう。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスとして英語を活かせる職種は?
フリーランスのエンジニアが英語力を求められる場
フリーランスのエンジニアに必要な英語のレベル
フリーランスのエンジニアが英語のスキルを活かせる案件
日本で英語を学ぶ方法

フリーランスとして英語を活かせる職種は?

英語のスキルを活かせるフリーランスの仕事としては、以下のようなものがあります。

翻訳

英語に関するフリーランスの仕事で代表的なものといえば、翻訳の仕事ではないでしょうか。翻訳は、単に語学力があるだけでなく、原文を理解するための知識も必要になります。専門的な単語の意味を正確に把握し、翻訳する内容の背景知識を持っておかなければなりません。

そのため、インターネットでの検索をはじめとした情報収集は欠かせないでしょう。また、高単価の案件では、IT、医薬、ゲーム、金融など、各分野の専門知識が求められることも多くなるため、それらについて深く学ぶことも大切です。

英語、日本語講師

フリーランスの英語・日本語講師のワークスタイルは、教室などでのグループレッスンや、オンラインでの指導、企業での指導、家庭教師スタイルでのプライベートレッスンなどさまざまです。

働き方によっては隙間時間を有効活用できるため、育児の合間に講師として活動する主婦も少なくありません。

近年では、レッスンに使用する教材開発に携わる人材の需要も増えているようです。また、日本語講師に限っては、留学生や外国人労働者向けのレッスンなどで、日本の文化や風習などの知識を求められることがあります。

ライター

Webメディア向けの記事を執筆するライターとして、海外の情報を日本向けに発信したり、海外に向けた情報を発信したりする仕事もあります。

たとえば、全世界で販売されている商品でも、海外製であればリリース発表の記事は現地の言語です。日本語で情報を知るには翻訳・意訳された記事になっていなければなりません。

また、日本の観光や文化に興味を持っている外国人も多いため、外国人向けの記事作成も需要が高くなっています。ライターは、読者にとって読みやすく分かりやすい記事を作成しなければならないため、ライティング能力も問われるでしょう。

上記のほか、英語力をメインにするのではなく、プラスアルファとして英語スキルを持つことで、案件の幅が広がる職種もあります。

関連記事 : 英語を習得して仕事の幅を広げよう!フリーランスにおすすめの英語勉強法

フリーランスになれるか相談する

フリーランスのエンジニアが英語力を求められる場

エンジニア職においても、英語力は重要なスキルの一つといえます。フリーランスの求人・案件に携わる際に選択の幅が広がるので、収入アップにもつながるといえるでしょう。

エンジニアの方は、英語の資料を使用することもあるので、ある程度の英語力はすでに身についている方も多いかもしれません。専門用語も多い業界なので、普段から見知っている専門的な部分を英語で理解できれば、その他の単語や文法の習得もスムーズに進められることでしょう。

プログラミング言語のリリースや使用ソフト、ブラウザに関するアップデート情報などは、まず英語で発表されることもあります。個人で作業をしている時でも最新の情報を常に取り入れられるように、英語のリーディングスキルは持っているとベターといえます。

関連記事 : 海外進出したいフリーランスのための参考記事まとめ

フリーランスのエンジニアに必要な英語のレベル

フリーランスのエンジニアに求められる英語のレベルについて、どういった場面で英語力が必要になるのかと併せて考えてみましょう。

まずはリーディングやライティングについて。
ブリッジSEなど、海外のエンジニアとのやりとりはメールで行われるケースも多いので、文章を理解したりそれに返信したりできる程度のスキルが求められる場面に出くわすこともあるでしょう。その他にも、業界の最先端を知るために海外のニュース記事や情報交換サイトを利用できるかどうかもポイントです。意味を正しく理解し、自分の技術に活かすことができるレベルが必要といえます。

次はスピーキングやヒアリングに必要なレベルについてです。
フリーランスの方にとってヒアリングが必要になる場面の一例としては、英語のプレゼンテーションを聞く時や英語での会議に出席する場合などが挙げられます。IT業界で活躍していく場合、新たな参画先に英語を第一言語とするスタッフがいることも珍しくないでしょう。そういった時にコミュニケーションを取ったり、しっかりと意思表示したりできるレベルの英語力があると、活躍の幅が広がるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアと英語力

フリーランスのエンジニアが英語のスキルを活かせる案件

高い英語スキルを持ったエンジニアは、「ローカライズ」に関わる案件に参画できる可能性があります。ローカライズとは、特定の国を対象に作られたソフトウェアを、別の国でも使えるように言語や機能を対応させることです。

ローカライズ案件例と単価

レバテックフリーランスに掲載されている案件を例を挙げると、多くのローカライズ案件が「スマートフォン向けソーシャルゲームのローカライズ」となっています。

これは、日本でリリースされているソーシャルゲームの日本語テキストなどを英語に翻訳し、海外版を作るという内容です。こうしたローカライズ案件に参画する上で活かせるスキルとしては、以下のようなものがあります。

・ネイティブレベルの日本語、英語スキル
・ゲーム業界におけるローカライズの実務経験

日本語から英語への翻訳以外では、英語からフランス語、日本語からスペイン語などのローカライズ案件もあります。英語と日本語以外の言語をネイティブレベルで扱える人であれば、これらの案件もマッチするでしょう。

レバテックフリーランスでいえば、ローカライズ案の単価は平均単価月51万(年収612万円相当)となっています(2020年2月時点)。

ローカライズの求人・案件一覧を見る

関連記事 : ゲームプログラマーの仕事内容

日本で英語を学ぶ方法

ライティングやリスニング、英会話などのニーズによって、日本国内にいてもできる学習方法をご紹介します。

ライティング・リーディング:英語圏とコミュニケーションの取れるアプリを使う

スマートフォンやパソコン上でランゲージエクスチェンジが気軽にできるアプリやサイトが登場しています。自分の書いた文章をネイティブの方に添削してもらったり、翻訳が難しい文章の意味を教えてもらったりすることが可能です。日本語訳を求めている方の文章を読んでアドバイスすることでリーディングスキルも身につきます。

無料で利用できるサービスがほとんどなので、英語学習のハードルが低くなり、リアルな英語の知識を身につけることができます。しかし、相手もプロの講師ではないので、ある程度のネットリテラシーの高さが求められる学習方法です。

リスニング・スピーキング:英語の映画や著名なプレゼンテーションを見る

文字で見れば分かる英単語や文章も、実際の発音ではなかなか聞き取れないことがあります。

そういった場合は洋画を見て、耳を鍛えると良いでしょう。実際にネイティブ同士が話す速度で展開するので、より実践に近い方法といえます。

各界の著名人が行うプレゼンテーションを無料で見られる「TED」などもあります。自分が興味のあるジャンルを選び、プレゼンテーションを見ることができるサイトです。耳を慣れさせながら、プロのプレゼンターによる話術も学ぶことができるでしょう。

英会話:スクールを利用する

グローバルな参画を目指して、英語圏のスタッフともコミュニケーションを取りたい場合は英会話スクールという選択肢があります。近年では講師とマンツーマンタイプのスクールも増えており、自分のペースや目標に合わせた学習を進められるようです。

インターネットを利用したビデオ通話によるサービスがあることもあるので、自分の予定に合わせてフレキシブルにレッスンを進めることもできます。

レバテックフリーランスでは、英語のスキルを活かした求人・案件探しもお手伝いしています。エンジニアの方に関連する、専門的な技術に詳しいテクニカルカウンセラーのカウンセリングも実施中です。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.