ブリッジSE の求人・案件一覧

オフショア開発において相手国側と日本側とのパイプ役となるブリッジSE。オフショア開発を進めるには欠かすことができない存在です。一般的に相手国に駐在する日本側の担当者を意味しますが、日本に駐在する相手国側の担当者を指す場合もあります。
ブリッジSEには、システムエンジニアとしての高度で幅広い技術や知識だけでなく、相手国の言語力や文化に対する理解も求められます。相手国側の開発チームをまとめる存在でもあることから、コミュニケーション能力やマネジメント能力なども重要視されます。ブリッジSEの求人・案件には、プロジェクトリーダーやマネージャーといった、リーダークラスの経験者を求めることが多いようです。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

【ブリッジSE】の求人・案件をお探しの方へ
レバテックフリーランスに相談してみませんか?

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

ブリッジSEについて

ブリッジSEは、オフショア開発を行うにあたり現地の開発チームと日本企業とのファシリテーションを行う役割を担うエンジニアを指します。
求人・案件のオフショア先に挙げられるのは、中国やインドの企業などが多い傾向にあります。近年ではより人件費の安いミャンマーやフィリピン・インドネシアなどでも、オフショア開発を受注するための企業が設立されているようです。特にベトナムは、少ない人件費で高品質な生産が可能であることなどからオフショア先として人気があり、ベトナムで活躍できるブリッジSEの求人・案件の情報も増加しています。
ブリッジSEとして活躍するには語学力が求められまが、必ずしも英語力があればいいとは限りません。一般的に語学力といえば英語力が挙げられますが、国によっては英語が通じにくい場合もあります。相手国に滞在するうちに語学力が身につくパターンもありますが、円滑なコミュニケーションを築くためにも、相手国の言語をある程度習得しておいたほうがよいでしょう。
ブリッジSEには、相手国の文化や国民性を理解することも重要視されます。国民性によってはプログラミングにおいて重視する点が異なることがあることから、相手国の国民性に応じたコンピュータ言語の指向性の理解が求められるためです。また求人・案件によっては、プロジェクト管理能力やリーダークラスの業務経験を問われることがあります。

よく見られているお悩み相談はこちら
ネットワークエンジニアの資格について SE(システムエンジニア)の仕事内容 プログラマーの資格について

他の求人・案件から探す
Delphiの求人・案件 Notesの求人・案件 SASの案件

おすすめのキーワードから探す
東京 SEの求人・案件募集 ゲームプログラマの求人・案件募集 IT ベンチャー 大阪の求人・案件募集

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

おすすめコンテンツ

お悩みコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.