オンラインカウンセリング実施中

  • 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

都道府県

言語・スキル

職種

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

職種を選択

  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

都道府県を選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

案件をお探し中の方へ

レバテックフリーランスなら

最短1週間で参画可能

業界最短クラスの15日支払い

無料登録して
案件を提案してもらう

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

ブリッジSEの案件をご覧の方へ

ブリッジSEはオフショア開発の求人・案件において相手国側と日本側とのパイプ役を担っています。オフショア開発の求人・案件を進めるには欠かすことができない存在です。ブリッジSEは一般的に相手国に駐在する日本側の担当者を意味しますが、日本に駐在する相手国側の担当者をブリッジSEと呼ぶ場合もあります。
現在日本では、海外拠点を置いて開発を進めるオフショア開発案件が一般的になりつつあります。海外にも拠点を置くことにより、国内での災害時のリスクヘッジを行ったり、開発コストを抑えたりすることが狙いです。ブリッジSEは、海外拠点と日本との橋渡しを行う職種です。ブリッジSEの業務としては、海外拠点のチームと連絡をとり合ったり、直接常駐したりしながら、設計書の手直しや業務のすり合わせ、教育などを行います。
ブリッジSE求人・案件のオフショア先に挙げられるのは、中国やインドの企業などが多い傾向にあります。近年ではより人件費の安いミャンマーやフィリピン・インドネシアなどでも、オフショア開発の求人・案件を受注するための企業が設立されているようです。特にベトナムは、少ない人件費で高品質な生産が可能であることなどからオフショア先として人気があり、ベトナムで活躍できるブリッジSEの求人・案件の情報も増加しています。

【ブリッジSE求人・案件の必要なスキルについて】
ブリッジSEの案件には、システムエンジニアとしての高度で幅広い技術や知識だけでなく、相手国の言語力や文化に対する理解も求められます。ブリッジSEは相手国側の開発チームをまとめる存在でもあることから、コミュニケーション能力やマネジメント能力なども重要視されます。ブリッジSEの求人・案件には、プロジェクトリーダーやマネージャーといった、リーダークラスの経験者を求めることが多いようです。
ブリッジSEとして活躍するには語学力が求められます。一般的に語学力といえば英語力が挙げられますが、ブリッジSE業務を行う国によっては英語が通じにくい場合もあります。ブリッジSEとして相手国に滞在するうちに語学力が身につくパターンもありますが、円滑なコミュニケーションを築くためにも、相手国の言語をある程度習得しておくと、より広い世界で活躍できるかもしれません。
また、ブリッジSEには相手国の文化や国民性を理解することも重要視されます。国民性によってはプログラミングにおいて重視する点が異なることがあり、相手国の国民性に応じたコンピュータ言語の指向性の理解が求められるためです。設計書の内容や業務の進め方についても、日本での常識が海外拠点で通用しないこともあるため、ブリッジSEが都度すり合わせを行ったり、指導を行ったりすることもあります。ただし、海外拠点でのやり方を頭ごなしに否定するのではなく、現地のやり方を柔軟に受け入れた上で修正していくといった臨機応変な姿勢がブリッジSEには必要です。
フリーエンジニア案件の場合も同様に、語学力、交渉力、上流工程の経験などが求められます。フリーエンジニアの案件では、特に上流工程の経験や、それに近い経験を持つ人材が求められるケースが多いようです。
ブリッジSEは資格が必要な職種ではありませんが、もし資格を取得したい場合は、マネジメント能力を証明できる資格やSEのスキルを証明する資格、多言語を操れることを証明する資格などを取得すると、ブリッジSEのフリーランス案件の受注に役立つかもしれません。

【ブリッジSE求人・案件の将来性について】
近年、日本ではオフショア開発案件が増加しています。
背景としては、現地エンジニアを雇うことで人件費を節約できる、国内での災害時にも安定して供給や運用を行えるなどのメリットがあるためと考えられます。また、日本ではエンジニアが不足していることから、エンジニアが多い海外で優秀な人材を確保するという傾向が多いことも理由としてあげられます。需要の面では、オフショア開発の求人・案件が増えたことにより、今後ブリッジSEの需要は増加する見込みです。フリーエンジニアの求人・案件の数についても増えることが予想されるため、ブリッジSEは将来性がある職種だと言えるでしょう。
年収の面で見ても、ブリッジSEは一般のSE職と比較して高い収入を得ています。ブリッジSEのフリーランス案件であれば、一般SEと比較して、より多くの経験を積むことができます。ブリッジSEのフリーランス案件で培った教育やマネジメントなどの経験を活かして、管理業務へのステップアップを目指す道もあるでしょう。
ブリッジSEの業務とは別に役職についている場合は、年収も上がる傾向があります。特に、プロジェクトマネージャーを兼任するフリーランス案件の場合、ブリッジSEはエンジニアの全体平均より高い収入を得ることが多いようです。

ブリッジSEのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のフリーエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているブリッジSEのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年1月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
ブリッジSE(ブリッジエンジニア)の仕事内容 

関連する求人・案件
Hadoopの求人・案件 PMOの求人・案件 

他の求人・案件から探す
【SQL/Oracle】製造業向けブリッジSE案件 【ブリッジSE/中国語】ハードウエア開発案件 オフショア開発ブリッジSE案件 信販会社向け海外開発ベンダ/日本側ブリッジSE案件 日韓ブリッジSEゲーム開発案件 

おすすめのキーワードから探す
オフショア開発の求人・案件 

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.