在宅での起業について解説|メリット・デメリット

在宅ワークのメリットは、働く時間を自分で調整できることや、通勤しなくてよいことです。ただし、プライベートとの区別に注意が必要、周囲に相談相手がいないといったデメリットもあります。

当記事では「在宅で起業したい」「在宅ワークの業務には何がある?」と考えている方に、在宅でできる業務の例や求められるスキルのほか、受注前に知っておきたい心得をご紹介します。

地方に移り住んで仕事をすることに興味がある方は以下の記事をぜひ参考にしてください。
【地域別】フリーランスの単価相場を比較!地方で働くメリットやおすすめの職種も紹介

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

詳しく見る

在宅で起業するメリット

在宅ワークのメリットは、主に「働く時間に融通が利く」「通勤の必要がない」の2点です。

働く時間に融通が利く

会社員は基本的に、規定の出社・退社時間に従わなければなりません。一方在宅ワークの場合は、作業開始・終了のタイミングを自分で決められることが多いです。

そのため家事や子育て、介護などがあり、まとまった時間を確保するのが難しい人も、両立を図りやすいといえます。また作業時間も柔軟に調整できるため、家事やプライベートと仕事を確保したい人にとって好都合でしょう。

通勤の必要がない

在宅起業すれば通勤の必要がなくなるため、満員電車に乗る、通勤時間が長いといったストレス要因を減らせます。通勤時に消耗していた体力を仕事に充てられるので、集中力が上がり、生産性を上げられる可能性もあります。

また、通勤の時間を、家事や育児、介護、勉強などに使うことも可能です。現在片道1時間半かけて通勤している場合、在宅起業することで、1日あたり合計3時間を有効活用できるでしょう。

さらに、世界中どこにいても作業できる点もメリットです。引っ越しや配偶者の転勤による影響も受けづらいでしょう。

関連記事 : エンジニアが起業するメリット・デメリット

リモートワーク案件を提案してもらう

在宅で起業するデメリット

在宅ワークを始める前に押さえておきたいのは、「自己管理に注意が必要」「周囲に相談できる人がない」の2点です。以下で詳しく見ていきましょう。

自己管理に注意が必要

在宅ワークでは、業務の進め方を自分で決めます。そのため、締め切りや優先度をしっかり把握しないと、納期直前になって慌てる可能性も。万が一納期に間に合わなかった場合、クライアントとの信頼関係にひびが入るだけでなく、契約内容次第では賠償金を支払わなければならないこともあります。

こうした失敗を避けるためには、「◯時~◯時までは必ず業務に取り組む」などと自分でルールを決めるのが良いでしょう。プライベートと業務を切り替えることで、生活にもメリハリが出ます。

また、在宅ワークが可能な仕事では、自らのスキル開発を自己責任で行わなければいけないというケースも多いかもしれません。在宅ワークにおすすめの資格が知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。
在宅ワークで有利なおすすめ資格22選|国家資格から民間資格まで

周囲に相談できる人がいない

在宅ワークでは基本的に一人で作業を行うため、問題は自分自身で解決しなければなりません。また、周囲の目がないことからだらけてしまう人もいるようです。

「在宅ワークに関する情報を交換したい」「自分のキャリアの方向性を相談したい」といったときは、フリーランス向けの交流会やセミナーに参加するのも一つの方法です。セミナーで友人ができれば、どうしたら稼げるか、集客アイデアの相談、経営や資金繰りの悩みといった自営業ならではの相談がしやすくなるでしょう。

関連記事 : 在宅フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

リモートワーク案件を提案してもらう

在宅で起業できる業務の種類

在宅で行える仕事は、パソコンで完結する業務が多いといえるでしょう。具体的にはライティングやデザイン、システム・アプリ開発などが挙げられます。在宅起業におけるそれぞれの働き方を見ていきましょう。

ライティング

ライティング業務は、クライアントが指定したテーマで文章を作成する仕事です。作成するコンテンツの種類は、コーポレートサイトに載せる説明文、ブログ、商品のレビューなど案件によってざまざま。文字数も記事によって異なります。

ライティングの際は、正しい日本語を使うだけではなく、クライアントが提示する文章ルールを守ることが大切です。よくある文章ルールとしては、語尾を「だ・である調で統一する」「記号は使用しない」といったものが挙げられます。また、説明文ではなるべく具体例を記載する、箇条書きや改行を適宜使用するなど、読みやすさを意識したライティングも心がけなければなりません。

ライティングの在宅ワークでは、ライターとしての実力を示すため、受注前にテストライティングを行う場合もあります。テーマや文字数、納品形式といった条件を守れているかチェックされるため、十分に確認してから取り組みましょう。

Webデザイン

Webデザインの業務では、Webサイトのデザイン・ロゴ作成をはじめ、書籍の表紙や商品のパッケージのデザインなどを手掛けます。 Webサイトのデザインで要求されるのは、主にPhotoshopやIllustratorといった画像編集ソフトのスキルと、HTMLやCSSなどのスキルです。

Photoshopとllustratorは、どちらもアドビ システムズ社が提供する画像編集ソフトであり、Webデザイン制作の現場では必須スキルといえます。HTMLはWebサイトに文字や画像、動画などを載せるため、CSSはWebサイトの文字の色や背景などを調整するために必要な言語です。さらに業務の幅を広げたい人は、JavaScriptやPHPといったプログラミング言語の知識を身につけ、動的なWebサイトを制作できるようにしましょう。

またWebデザイナーとして案件を受注するときには、クライアントからポートフォリオ(自分のスキル・実績を示すための作品集)を求められることもあります。普段からコツコツ作成しておきましょう。

参考記事 : Webデザイナー必見!転職活動で評価されるポートフォリオの作り方
参考記事 : 【イラストレーター編】ゲーム会社に参画するためのポートフォリオの作り方

システム・アプリ開発

システム・アプリ開発業務では、Webサイトの構築やサーバー移動のほか、バグの修正、アプリ開発などを行います。求められるスキルは案件によって幅がありますが、JavaやPHP、Pythonといったプログラミング言語の知識を要求されることが多いようです。

また案件によっては、受注の際に「スキルシート」の提出を求められることも。スキルシートとは、自身の得意分野や技術、自己PRなどをA4用紙2、3枚程度にまとめたものを指します。 携わった業務や成果物は適宜整理しておき、強みやスキルが伝わるスキルシートを作成しましょう。

関連記事:在宅ワークで稼ぐには|稼ぎやすい、始めやすい仕事とは?

リモートワーク案件を提案してもらう

在宅案件の受注は人脈が重要

在宅案件を受注する際は、人脈を活用する方法も有効でしょう。クライアント側の心情として、在宅案件は信頼関係がないと発注しづらいためです。

会社員時代の上司や同僚と信頼関係を築けている人は、独立後に業務を依頼してもらえる可能性もあります。知り合いであればスキルを知っているので、発注側としては依頼しやすいためです。また受注側としても、業務について質問しやすいといったメリットがあります。

さらに職場の繋がり以外にも、フリーランス向けの交流会やセミナーで知り合った人から案件を紹介されるケースもあります。こうした場に出席したときは、積極的に人脈を広げておくと良いでしょう。

関連記事 : スキルシートの書き方

リモートワーク案件を提案してもらう

在宅起業に関するよくある質問

ここでは、在宅起業に関するよくある質問に答えていきます。

Q. 在宅で起業する際はどんな事前準備が必要ですか?

自己資金の用意、在宅起業が可能な仕事を決める、在宅ワークの環境を整える、開業届を出す等の事前準備が必要です。

Q. 在宅で起業する際はどんなことに注意すべきですか?

賃貸の場合は契約条件を確認する、住宅ローン控除の居住用部分の割合に注意する、毎年確定申告をする等に注意すべきです。

Q.在宅で起業するメリットは何ですか?

コストが少なく済む、介護や育児と両立できる、時間に縛られない、得意や好きが仕事になる、誰でも始めやすい等のメリットがあります。

Q. 在宅でも起業しやすい仕事は何ですか?

Webライティング、Webデザイン、イラスト作成、動画編集、文字起こし、カスタマーサポート、プログラミング等の仕事は在宅でも起業しやすいです。

Q. 在宅で起業するデメリットは何ですか?

収入が安定しない、オンオフの切り替えが難しい、自己管理力が必要、自己責任が重大等のデメリットがあります。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモートワーク案件を提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら