あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

在宅ワーク=フリーランスではない?
在宅フリーランスの案件を探すには|職種例や注意点も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスの形態の一つに、自宅で作業を行う働き方=在宅フリーランスがあります。職種によっては在宅でも働きやすく、時間や人間関係に縛られない自由さに魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、在宅フリーランスとして活動していく上では、注意しなくてはならない点もいくつかあります。この記事では、在宅フリーランスのメリット・デメリットとともに、転向時に留意しておきたい事柄についても解説します。

リモート案件について相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

在宅フリーランスの傾向と今後の見通し
在宅ワークとフリーランスの違い
在宅フリーランスの職種と案件について
在宅フリーランスのメリットとデメリット
在宅フリーランスの注意点
在宅フリーランスになるには

在宅フリーランスの傾向と今後の見通し

「フリーランス白書2018」によると、副業・兼業を含むフリーランスの数は1,000万人余りと推計されています。
独立や副業の敷居が下がっていることもあり、フリーランスの数は今後も増加していくと見込まれます。

参照 : 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2018

全米経済研究所(NBER)が2020年4月に公開したレポートによると、「米国の37%の仕事は完全に自宅でできる」と報告されています。日本における在宅ワークの普及率はまだ低いですが、こうしたデータからも、今後日本で在宅ワークの普及率が高まっていくと考えられます。

フリーランス人口の今後の推移については、厚生労働省の「働き方の未来2035」が興味深い考察をしています。それは、事業の形がプロジェクト型に推移していくという予測です。これに伴い「正社員のスタイルは変化を迫られる」とメンバーシップ型雇用からジョブ型雇用へのシフトを示唆しており、フリーランス人口が今後も増え続けることは十分に予測できるといえます。

参照 : 厚生労働省「働き方の未来2035

企業側もフリーランス活用に前向きです。経済産業省の「雇用関係によらない働き方」に関する研究会の報告書によると、フリーランスをはじめとする外部人材を受け入れている企業のうち、外部人材の活用を「増やしていく」とした企業は41%と、実に4割を超えています。

参照 : 経済産業省「雇用関係によらない働き方」に関する研究会の報告書

2020年に猛威を奮った新型コロナウイルス感染症により、日本でも在宅勤務導入が急増しました。企業がより生産性を高める選択肢のひとつとして、在宅フリーランスを活用する傾向が強まる情勢だと言えます。

関連記事 : 在宅ワークのIT系職種

リモート案件について相談する

在宅ワークとフリーランスの違い

在宅ワークというとフリーランスのイメージが強いですが、もちろん正社員でも在宅ワークは可能です。ここでは、両者の違いについて解説します。

在宅ワークとは

在宅ワークとは、雇用形態に関係なく自宅で仕事をするスタイルのことです。かつては在宅ワークをするのはフリーランス、というイメージでしたが、昨今は働き方が多様になり、正社員でも在宅ワークをするケースが増えています。正社員の場合、業務を自宅で行っていたとしても、あくまでも企業に雇用された労働者であることに変わりはありません。

フリーランスとは

フリーランスは企業と雇用関係のない働き方で、一般的には案件ベースで仕事をこなしていきます。どんな案件を受注するかは自分で決められるので、もちろん自宅でできる案件を選ぶことも可能です。正社員の在宅ワークに比べ、より自由度は高いと言えますが、特にエンジニア職の場合、フリーランスの案件はクライアントのオフィスに出向く「客先常駐」が中心なので注意が必要です。

関連記事 : フリーランスの在宅勤務

在宅フリーランスの職種と案件について

現在は働き方が多様化しており、自宅で働く選択をする人も多くなってきました。そこでまずは、在宅フリーランスに向いている職種、および案件の特徴・探し方について解説します。

在宅フリーランスの職種例

在宅案件はプログラマーやWebデザイナー、ライターといった職種に多く見られるようです。以下に、各職種の概要を紹介します。

プログラマー

プログラミングは仕様書で決められたとおりに開発を進めることが基本なので、業務の切り分けが容易なため、在宅での作業に向いている職種のひとつといえます。デジタル時代に不可欠な業務であり、案件は豊富なので頑張りしだいで報酬アップも可能です。

ただし、どのプログラム言語を習得しているかによって案件数や報酬額にはばらつきがあります。安定して稼ぐには将来性も見据えて常に最新情報を収集し、学習し続ける姿勢が必要です。

安定を重視するなら大規模開発に用いられることが多く、需要の旺盛なスマホのアプリ開発にも使われるJava、あるいは昨今注目のIoTに活用されているC言語、Webアプリ開発でニーズの高いRubyなどを習得しておくといいでしょう。

将来性を考えるなら、AIを筆頭に幅広い用途があるPython、統計学の分野で力を発揮するR言語などを押さえておくと、仕事の幅が広がるかもしれません。

SE(システムエンジニア)

SEはどんなシステムを構築したいのかについてクライアントからヒアリングし、要件定義に落とし込むところから運用段階まで、案件全体に関わる役割を担います。

フリーランスSEは企業からの依頼を受け、大規模なシステムの構築を行うことも多いため、企業常駐型と言われるクライアント企業で業務に携わるケースが主流ですが、チャットツールやオンライン会議などを活用し、フリーランスSEが在宅で案件を受託するケースもあります。

SEは基本的にプロジェクト全体に関わるため、豊富な知識が求められます。まずプログラマーとして修業を積み、徐々に業務範囲を広げながらSEとなるのが一般的です。

Webエンジニア

Webエンジニアは、エンジニアの中でもWebに特化したエンジニアです。HTMLやCSSなどを習得し、Webのユーザーの目に入る部分を担うフロンドエンドエンジニアと、PHPやRubyなどの言語を扱い、Webのユーザーからは見えない部分を担うバックエンドエンジニアに分類されることがあります。

Web制作会社では両方の役割を担うことも珍しくありません。業務自体は遠隔で対応できるので、在宅で活動しているフリーランスもいます。フリーランスWebエンジニアはサイト運営の他、アプリ開発など、使える言語や経験次第でより幅広い案件を受注することが可能です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトやバナーのデザイン、UI/UX設計、コーディングなどを担当する職種です。作業の切り分けが比較的容易であるため在宅でも取り組みやすく、各工程で案件数が充実していると考えられます。

案件参画に際しては、Photoshop/Illustratorを活用できることに加え、コーディングに必要なHTML/CSS/JavaScriptのスキルも求められる傾向にあります。また、案件によっては、3Dツールを用いた経験やSEO対策の知識が必要になることもあるようです。

ライター

在宅案件が多数あり、かつ未経験でもチャレンジしやすいのがWebライターです。ニュースサイトやキュレーションサイト、あるいはブログの記事作成を主に任されます。文章力があれば、在宅でもスタートしやすいでしょう。

執筆ジャンルは、恋愛や子育て、エンターテイメントなど生活・趣味の分野から、金融や税務、不動産投資といった専門的なものまで、多様な選択肢が用意されています。専門性の高い内容であれば、1文字あたりの単価も上昇する傾向にあります。

在宅案件を探すポイント

在宅案件に参画したい場合は、次のような方法で探すことができます。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、クライアントとフリーランスがオンライン上で作業の受発注を行うサービスを指します。フリーランスにとっては、対面での打ち合わせがないため負担が少なく、任意の作業を選ぶことができるのが利点です。

クラウドソーシングは登録すれば誰もが利用可能で、未経験者でも案件に参画しやすいのがポイント。ただし、広く一般に開放されている分、高単価案件に大勢が集まり競争が激しくなる場合もあります。クラウドソーシングの案件で生計を立てるというよりは、数をこなす・実績を積む目的での活用が向いているといえるでしょう。

セミナーや交流会に参加する

自治体によっては、自宅で働くことを希望する方に向けたセミナーや交流会、勉強会を開催していることも。こうしたイベントで自分のスキルや実績を売り込むことで、案件を提案される機会に恵まれる可能性があります。

人脈が広がるのも、イベントに参加するメリットです。運が良ければ、知り合った人を通じて新たな案件と出会えることも期待できます。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

在宅フリーランスのメリットとデメリット

自由でのびのびと働けそうなイメージがある在宅フリーランスですが、実際はどうなのでしょうか。ここでは、在宅フリーランスのメリットとデメリットを見ていきます。

在宅フリーランスのメリット

在宅フリーランスになるメリットは、以下の通りです。

時間に縛られない

在宅フリーランスのメリットの1つは、何といっても時間に縛られないことです。契約内容にもよりますが、会社のような「就業時間」は基本的にはないので、家庭の事情や自身の体調を考慮しながら作業時間を調整することができます。通勤の手間がかからない分、作業以外の家事や勉強に当てて時間を有効活用できるのも魅力です。

好きな場所で働ける

作業場所を自分で選べる点もメリットとなります。案件次第ではありますが、自宅での作業に留まらず、カフェやコワーキングスペースに足を運んで作業を行うことも可能です。自分にとって作業をしやすい環境を選択し、案件関係者に干渉を受けずに黙々と取り組むことで、集中力と能率の向上が図れると考えられます。

人間関係に煩わされない

在宅フリーランスは自宅にいながら作業を行う働き方であり、人と接する場面は少なくなります。会社勤務では苦手な人とも対面でコミュニケーションをとらなければならず、時には退社後の飲み会に参加しなくてはならないこともあるでしょう。人間関係に煩わされずに働きたい方にとって、在宅フリーランスは理想的といえます。

在宅フリーランスのデメリット

一方、デメリットには下記のような事柄があります。

悪徳業者に注意しなければならない

在宅フリーランスの案件はたいてい顔の見えない者同士のやりとりになるため、悪徳業者に遭遇する確率が高くなるのがデメリットです。被害の例としては、成果物を納品したにもかかわらず代金が振り込まれない、作業に必要だというノウハウや材料を購入させてから行方をくらます、といったことが挙げられます。

作業が長時間に及ぶこともある

在宅フリーランスのメリットは時間に縛られないことであると先に述べましたが、案件を引き受けすぎると逆に長時間作業に拘束されることに。会社員のように同僚がフォローしてくれたり、上司に管理してもらえたりすることはないので、作業量の調整に失敗すればプライベートの時間がとれなくなってしまいます。

社会的信用度が低くなる

在宅フリーランスに転向すると、会社員時代と比べて社会的信用度は低下する傾向にあります。たとえば、クレジットカードの審査に通りづらくなる、ローンが組みにくくなる、物件を借りるのが難しくなる、など。いずれも、収入不安定で返済能力が低いとみなされるのが原因です。

関連記事 : 在宅フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

在宅フリーランスの注意点

在宅フリーランスとして働く上で留意しておきたい点を確認します。在宅フリーランスを希望する方は、下記をよく検討してから転向するようにしましょう。

営業活動を行う

在宅フリーランスは営業活動に時間を割く必要があります。高いスキルを持っていても、ただ待っているのでは案件受注にはつながりません。

クライアントは相手の実績からスキルを判断するため、具体的な成果がないうちは案件に参画しにくくなるということを念頭に置きましょう。つまり、在宅フリーランスの活動歴が短い人ほど、営業活動による自力での案件獲得の必要があるということです。

周囲の理解を得るようにする

家で作業するとなると、同居している方はご家族の理解を得なければなりません。作業量が多いときは、子どもの世話や家事に費やす時間がなくなる可能性があるからです。在宅フリーランスに対する理解を深めてもらえるよう、適宜働き方や作業内容を説明したり、家事・育児の分担について話し合ったりする努力をしましょう。

自己管理の必要がある

在宅フリーランス案件では、一般的に納期に間に合うよう成果物を納めることが求められます。成果物の納品をもって報酬が支払われる契約であれば、なおさら収入安定のために作業予定を綿密に立てておくことが大切です。

また、在宅フリーランスにとって体調不良で案件に参画できないことは、収入が途絶えることを意味します。体調面での自己管理も重要といえそうです。

社会保険料が自己負担になる

会社の雇用を外れると、健康保険や年金保険の支払いが自己負担になります。在宅フリーランスの場合、健康保険は国民健康保険、年金は国民年金に加入することになるでしょう。どちらも加入手続き期限は退職翌日から14日以内。手続きを行う場所は、居住地の市区町村役場です。なお、フリーランスは雇用契約を締結しないため、雇用保険には加入できません。

税金の支払いを自ら行う

税金の支払いも自分自身で行うことになります。会社員であれば年末調整用の書類を所属企業に託せば済みますが、フリーランスの場合は確定申告が必要です。確定申告にあたっては、領収書や請求書などの書類を適切に保管した上で帳簿を作り、税務署に提出しましょう。特典が多い「青色申告」という確定申告方法を選ぶ場合は、開業届の提出も求められます。

関連記事 : フリーランスエージェントを利用するとどんなメリットがある?

在宅フリーランスになるには

在宅で仕事をするフリーランスになるにはどうすればいいのでしょうか。以下、その方法について解説します。

フリーランスとしてのスキルを身につける

企業がフリーランスに求めているのは即戦力としてのスキルです。案件を依頼してもらうためには、プログラミングやデザイン、ライティングの「経験がある」というレベルにとどまらず「こんな実績がある」というように、具体的に何ができるのかを企業側に提示できなければなりません。

もしスキルが不十分と感じているなら、それをカバーする方法には2つあります。ひとつは未経験OKの企業でスキルを身につけること、もうひとつは独学や通学で勉強することです。学校によっては就業支援までしてくれるところもあるので、卒業時に在宅案件をあっせんしてもらえる可能性もあります。

中長期で考えるなら、企業で正社員として働きながらスキルや実績を身につける、あるいはすでに持っているスキルに磨きをかけるというのも実践的な方法です。

在宅の案件を探す

在宅でできる案件を探すにはどんな方法があるのでしょうか。フリーランスが在宅の案件を探す際の方法としては、主に以下の3つがあります。

  • ブログやSNSを活用しスキルを訴求する
  • 直接、企業に売り込みをする
  • クラウドソーシングサイトを活用する

在宅案件を探すのに有効なのが、ブログやSNSを活用する方法です。例えばライターならブログで自身の文章を公開し、そのページ内で「お仕事のご相談はこちら」のようにアピールします。企業側にとっても内容を見て、ある程度実力を把握した上で依頼できるので安心です。プログラマーなら自作のアプリ等を自身のブログやサイトで紹介すれば、効果的な自己PRにつながります。

スキルに自信がある場合は、事前にしっかり調べた上で企業に直接売り込みをかけるのも一つの方法ですが、この際に重要になるのが「実績」です。フリーランスは、名刺代わりに自信作を詰め込んだポートフォリオを用意して案件獲得の交渉に臨みましょう。

手軽に仕事を探すなら、クラウドソーシングサイトを活用する方法もありますが、スキルや実績が求められない案件は報酬が低めである傾向があります。最初は 「お試し価格」と捉え、まず実力を見てもらった上で、リピートして依頼された際に価格交渉により単価を調整していくという方法も有効かもしれません。

この他、フリーランス専門のエージェントを活用する方法もありますが、基本的に在宅フリーランス向けの案件を取り扱っているエージェントはほとんどなく、企業常駐型案件が中心である点は留意が必要です。

関連記事 : 在宅プログラマーの仕事内容・探し方

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとリモートの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.