webエンジニアの年収

I.K 28歳 男性

I.K 28歳 男性

Webエンジニア・Webプログラマーとして年収を上げるためには、何をすれば良いのか教えてください。

Webエンジニア・Webプログラマーが年収増を目指す場合、負荷対応経験やフロントエンド開発経験、複数言語での開発経験などが求められます。

詳しい解説はこちら

1.Webエンジニア・Webプログラマーの概要と年収アップに必要なこと

■Webエンジニア・Webプログラマーとは

Webエンジニア・Webプログラマーとは、Webサイトの設計や構築、運用、保守、管理などを担ったり、Webサイト上のアプリケーション開発などを行ったりする職種を指します。

■年収アップに必要なことについて

Webエンジニア・Webプログラマーの主な作業内容には、仕様書にもとづくプログラミングや機能の検証などがあります。年収アップを目指すのであれば、納期を守りながらも制作物のクオリティの高さを追求していく必要があるといえるでしょう。そのためには、プログラミングに関する基礎的な知識に加えて、データベースやネットワークに関する知見も有しているのが望ましいと考えられます。
次の項目以降で、Webエンジニア・Webプログラマーが年収アップを目指すにあたって重要であると考えられるスキルや、Webエンジニア・Webプログラマーという職種の将来性などについて、さらに具体的に解説します。

2.年収アップに有効なスキルとして、負荷対策の経験・フロントエンドの開発経験・複数言語での開発経験などが挙げられます

■負荷対策の経験

Webエンジニア・Webプログラマーの年収アップに有効なスキルの1つとして負荷対策の経験が挙げられます。負荷分散は顧客満足度やサービスそのものの質向上につながるものの、現状、負荷対策に明るいエンジニアの数は不足傾向にあるため、希少価値のあるスキルといえます。

■フロントエンドの開発経験

フロントエンドの開発経験が、年収アップのカギになる場合もあります。案件によっては、同じWebエンジニア・Webプログラマーがバックエンドとフロントエンドの両方を担当するケースがあるので、各々の技術を持っていることにより参画できる案件の幅が広がるかもしれません。また、jQueryと共に、React.jsのような比較的新しいフレームワークやライブラリも用いることができれば、なお望ましいと考えられます。

■複数言語での開発経験

複数の言語に通じていること、複数言語での開発経験があることは、参画案件の幅を広げる上で役に立つ要素となる可能性があります。3言語ほどに絞ってスキルを伸ばしていくことで、案件に参画できる機会がさらに増えるかもしれません。ただし、たくさんの言語に手を出しすぎた結果、全ての言語が中途半端になることは避けましょう。

3.Webエンジニア・Webプログラマーは将来性のある職種といえます

■Webエンジニア・Webプログラマーの将来性

現在、次々と新しいWebシステムやWebサービスが生まれてきているため、Web系分野の需要は引き続き伸びていくことが予想されます。そうした状況に伴い、今後もWebエンジニアの市場価値は高まっていく傾向にあると考えられます。

■Webエンジニア・Webプログラマーに必要な資質について

開発プロジェクトは、多くの場合チーム制での進行となります。それゆえWebエンジニア・Webプログラマーにとっては、職種特有の技術だけではなく、高いコミュニケーション能力や協調性といった人間的な資質も大切な要素になります。チームで作業をすることを考慮すれば、スケジュール管理能力の有無もポイントになります。また、プログラミング言語をはじめとしたIT周りは進歩が早いので、新しい技術を自ら学ぶ意欲や向上心は、Webエンジニア・Webプログラマーとして案件に参画していく上では重要な資質といえるでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.