開業届を出す際に必要なもの

F.N 34歳 男性

F.N 34歳 男性

開業届を出す際に必要なものについて教えてください。

企業担当 大林 春菜

企業担当

大林 春菜

大きく分けると「税金」に関するものと、「社会保険や雇用」などに関するものが挙げられます。
書類の提出先は、労働基準監督署や税務署、ハローワーク、年金事務所などさまざまで、期限も違うため注意が必要です。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.個人事業主として開業するのに必要な書類

開業するには、まずはじめに税務署に「開業届」を提出します。正式名称を「個人事業の開業・廃業等届出書」といいます。国税関係の書類は、国税庁のホームページからダウンロードすることが可能です。

個人事業の開業・廃業等届出書は、白色申告・青色申告のどちらを選ぶ場合でも提出する必要があります。実際には、「青色申告承認申請書」と一緒に提出するケースが多いようです。

また、口座開設の手続きや補助金を申請する際に使うことがあるので、「控え」をとっておきましょう。(※2部提出しましょう)

<手続き>
個人事業の開業・廃業等届出、青色申告承認申請書

<必要なもの>
・マイナンバー通知カードのコピー、またはマイナンバーカード裏面のコピー
・身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)

2.開業届を書く時のポイントをご紹介

【個人事業の開業・廃業等届出書(通称:開業届)】

個人事業主として独立したことを税務署に知らせる「個人事業の開業届出書」を提出します。
従業員を持たずに一人で開業する場合は、最低限必要な書類がこの開業届になります。
この際、「開業」と「廃業」と記載されている部分の「開業」に◯を付けましょう。

「屋号」についてですが、これは空欄でも問題はありません。屋号をつけると、銀行口座も屋号で付けた名で開設が可能となります。「開業・廃業等日」は、これも特に決まりはありません。開業の場合は、事務所を開所させた日や、初めて仕事を受注した日などを書いておくとよいでしょう。

提出先…事務所または住宅の所在地にある税務署です。
提出期限…開業から1ヵ月以内。(※提出期限が土日祝日などに当たる場合、翌日が期限となります)

3.開業届を出す際に、注意しておくポイント

従業員を雇う場合は、「給与支払事務所等の開設届出書」や「労働保険保険関係成立届」「雇用保険適用事業所設置届」など、さらに複数の届出が必要になります。
この場合の書類の提出先は、労働基準監督署や税務署、ハローワーク、年金事務所など様々で、期限も違うため注意が必要です。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.