オンラインカウンセリング実施中

ネットワークエンジニアとは?年収や仕事内容、必要な資格・スキルを紹介

ネットワークエンジニアとは、一般的にインフラエンジニアの中でもネットワーク領域を専門とするエンジニアを指します。

「未経験からネットワークエンジニアに転職できる?」「ネットワークエンジニアの年収はいくらくらい?」といった疑問にお答えするため、本記事ではネットワークエンジニアの仕事内容や平均年収の相場、必要なスキル・資格などについてご紹介します。

ネットワークエンジニア案件を
提案してもらう

目次

ネットワークエンジニアとは
ネットワークエンジニアの仕事内容
「ネットワークエンジニアはやめとけ」って本当?
ネットワークエンジニアのやりがい
ネットワークエンジニアに向いている人の特徴
ネットワークエンジニアの年収
ネットワークエンジニアに必要なスキル
ネットワークエンジニアに必要な資格
ネットワークエンジニアになるための勉強方法
ネットワークエンジニアに転職するには
ネットワークエンジニアのキャリアパス
ネットワークエンジニアの求人状況
ネットワークエンジニアの将来性と今後の需要
フリーランスネットワークエンジニアの実態
ネットワークエンジニアとしてキャリアアップを目指そう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計・構築・保守・管理などを手掛ける技術者です。ネットワークはインフラ領域の一角であるため、サーバーエンジニアやデータベースエンジニア、セキュリティエンジニアなどと共に、インフラエンジニアに含まれる職種のひとつとして扱われることもあります。

ネットワークエンジニアが必要とされるシーンとしては、新規に企業を立ち上げた際のPCをインターネットにつなぐための設定、システムのリプレイス時のネットワーク再構築、サーバーのクラウド化に伴うネットワーク再構築などが挙げられます。

ITインフラの構築はどの企業でも必要なため、ネットワークエンジニアの需要は安定しています。専門的な知識をもとにITインフラを支えるやりがいある職業といえるでしょう。

関連記事 : ネットワークエンジニアとは? 仕事内容やフリーランス事情を解説

ネットワークエンジニア案件を
提案してもらう

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの主な仕事内容は、以下のようなフェーズに分けられます。

  • 設計
  • 構築
  • 保守・運用

設計

設計では、要件定義をもとに、達成すべき目的に合わせて最適な機器や接続の構成を設計します。予算や環境などを考慮しなければならないため、基本的には同じものを使い回していればいい訳ではなく、必要に応じて毎回検討する必要があるでしょう。また、同時に物理構成図や論理構成図などネットワークを構築する際のインプット資料を作成することもあります。

構築

構築では、設計図をもとにして実際に機器の設定や、ケーブルなどの接続を行います。設定中に発生したエラーを解決するなど、突発的に起こったトラブルにも対応します。

保守・運用

保守・運用は、構築したネットワークが実際に稼働した後の対応フェーズになります。ネットワークが不意に途切れた場合の原因調査や、安定したネットワークを維持するための小さな仕様変更といった作業があります。設計や構築のように計画的に作業するというよりも、どちらかといえば稼働しているネットワークに問題があれば対応するのが運用・保守の主な作業になります。

関連記事 : ネットワークエンジニアの仕事内容

「ネットワークエンジニアはやめとけ」って本当?

インターネット上などでは「ネットワークエンジニアはやめとけ」「ネットワークエンジニアはきつい」といった声が見受けられることもあります。

現在のネットワークは24時間365日、いつでも使用できるのが世間一般の常識となっており、緊急性の高い異常があれば素早い対応が必要とされます。そのため、ネットワークエンジニアは昼夜、時間を問わない障害対応に追われる場合があり、つらいと感じる人もいるようです。

しかし、ネットワークエンジニアの働き方の希望に配慮して交代制を取り入れている企業や、リモートでの作業を認めている企業もあることから、実際の仕事の大変さは職場環境によって変わるといえます。

また、ネットワークエンジニアの中には、自分で一からネットワークシステムを構築できることや、トラブル対応などにやりがいを感じて、楽しみながら働いている人も少なくないため、一概にきつい仕事であるとはいえないでしょう。

関連記事 :「インフラエンジニアはきつい」と言われる理由|激務って本当?未経験でも大丈夫?

ネットワークエンジニアのやりがい

ネットワークエンジニアのやりがいとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 専門的な知識が習得できる
  • 構築が完了したときの達成感を味わえる

専門的な知識が習得できる

ネットワークエンジニアには、ネットワークを利用するソフトウェア、ルーターやハブなどのハードウェア、TCP/IPの知識などの専門知識が必要です。このような専門知識が身につくと、ネットワークエンジニアは社内外の利用者から頼られる立場になることも多いため、やりがいを感じられるでしょう。

構築が完了したときの達成感を味わえる

ネットワークの設計から構築までには、半年から1年といった長い期間がかかることもあります。ネットワークの知識や技術を駆使して、ほかのチームや部署のエンジニアなどと協力しながら作り上げたネットワークシステムが完成し、正常に稼働したときの達成感は大きいようです。

関連記事 : インフラエンジニアのやりがいと魅力|仕事内容や将来性も解説

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

  • コンピュータや周辺機器に興味がある
  • コミュニケーションスキルが高い

コンピュータや周辺機器に興味がある

ネットワークエンジニアの仕事には幅広い知識が要求されます。そのため、コンピュータの内部構造や周辺機器に興味がないと苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。ネットワーク用語を覚えるのが好きだったり、趣味でパソコンを自作したりするような人は、ネットワークエンジニアとしての資質があるといえるでしょう。

コミュニケーションスキルが高い

コミュニケーションスキルについては、一見それほど必要なさそうにも思えますが、ネットワークエンジニアにとって大事な資質のひとつです。専門性が高い作業を行う際の報告など、ネットワークの知識がない人への説明が必要になることがあるためです。また、要件定義や設計のフェーズにおいては使用者や顧客へのヒアリングが必要なため、相手の希望や要望を聞き出し、相手を納得させる提案をしなければなりません。そのため、コミュニケーション能力が高い人も、ネットワークエンジニアに向いているといえます。

関連記事 : エンジニアが身につけるべきプラスアルファのスキルまとめ

ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアの年収は、会社員とフリーランスで相場が異なります。この項では、会社員ネットワークエンジニアとフリーランスネットワークエンジニア、それぞれの年収相場をまとめました。

会社員のネットワークエンジニアの年収

厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、「ネットワーク技術者」を含む「システムエンジニア(基盤システム)」の平均年収は568.9万円です。

※参考 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「システムエンジニア(基盤システム)」

また、2017年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」のデータも、ネットワークエンジニアの平均年収の参考値としてご紹介します。同調査によると、情報サービス・ソフトウェア関連企業で「IT運用管理(顧客向け情報システムの運用)」に従事するエンジニアの平均年収は約608.6万円、「IT保守(顧客向け情報システムの保守・サポート)」に従事するエンジニアの平均年収は約592.2万円でした。これらのデータを踏まえると、ネットワークエンジニアの平均年収の目安は、おおむね500~600万円前後と考えられるでしょう。

※参考 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

なお、同調査では、ITエンジニアの給与決定に影響する要素として、IT関連企業の半数以上が「成果」「ITスキルレベル」「コミュニケーション」「これまでの経験」などの項目を挙げています。年収を上げるためには、経験を積んでスキルを向上させるのが有効といえるでしょう。

フリーランスネットワークエンジニアの年収

ここではフリーランスネットワークエンジニアの年収の参考として、2021年2月時点におけるレバテックフリーランスの公開案件の月単価をもとにした年収例をご紹介します。

フリーランスネットワークエンジニアの年収相場

参照元 : ネットワークエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 756万円
最高年収 1620万円
最低年収 360万円


なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給のほかに賞与もあるなど、収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

関連記事 : ネットワークエンジニアの平均年収・収入|転職したら給料はどれくらい?

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアに就職・転職するために必要なスキル・経験としては、以下が挙げられます。

  • 運用・保守経験
  • ネットワークに関する知識
  • クラウドやサーバーに関する知識

この項では、それぞれの項目について詳しく解説します。これからネットワークエンジニアを目指す人は、押さえておきましょう。

運用・保守経験

ネットワークの運用・保守では、設計や構築のフェーズとは違い、本番環境の直接操作や参照といった業務を行うことがあります。また、障害対応ではスピードが求められ、経験にもとづく判断力が役に立つことも少なくありません。

そのため、ネットワークエンジニアとして同じ現場で一定年数以上の経験があり、かつひとりで障害対応までできるレベルであると理想的といえます。ネットワーク負荷への対応経験においては、負荷の状況が変化するタイミングが一定ではないため、1年以上の経験があると望ましいでしょう。

ネットワークに関する知識

ネットワークエンジニアの仕事では、ネットワークに関する幅広い知識が要求されます。なお、求められる知識レベルはフェーズや作業によって異なりますが、特に設計の工程においては専門的な深い知識が必要になるでしょう。

実務経験以外で知識を身につける方法としては、情報処理技術者試験のひとつである「ネットワークスペシャリスト試験」などの資格取得を目指しながら、必要な知識を習得することが挙げられます。

クラウドやサーバーに関する知識

総務省の「令和2年版情報通信白書」にもあるように、近年は社内システムなどで使うサーバーをクラウド化する企業も多く見受けられます。サーバーのリプレイス案件でクラウド化を進める際には、リプレイス先のクラウドの知識はもちろん、現行のオンプレミスのサーバー知識が必要です。これらの知識がないと、どう設計すればよいのかが分からなくなってしまうため、クラウドやサーバーに関する知識が必要になります。AWS(Amazon Web Services)やGCP(Google Cloud Platform)、Microsoft Azureなどのクラウドサービスを扱えるスキルがあれば、幅広い顧客ニーズや案件内容に対応できるようになるでしょう。

※参考 : 総務省|令和2年版 情報通信白書|企業におけるクラウドサービスの利用動向

クラウドやサーバーに関する知識は、おおむね1年以上の実務経験があればメンバーとして作業できるレベルが身につくでしょう。ひとりですべての対応ができるようになるリーダーレベルの知識が習得できるのは、一般的に3~5年ほどの時間がかかるともいわれています。

関連記事 : ネットワークエンジニアのスキル

ネットワークエンジニアに必要な資格

ネットワークエンジニアに必要な資格として、代表的なものは以下のとおりです。

  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • CCNA(シスコ技術者認定資格)

これらの資格は、ネットワークエンジニアの募集条件などに掲げられることもある資格です。取得しておくと、就職・転職で有利になる可能性があります。この項では、各資格の概要についてまとめました。

基本情報技術者試験

資格名 基本情報技術者試験
運営 IPA(情報処理推進機構)
試験日 上期・下期
受験料 5.700円(税込)
合格基準 100点満点中60点(午前・午後)
受験資格 なし
公式サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html


基本情報技術者試験は、ITエンジニアとしての基礎知識を問われる試験です。取得することで、エンジニアとして基本的な知識を身につけていることを証明できます。

試験範囲の幅が広いのが特徴で、コンピュータシステムやデータベース、ネットワーク、情報セキュリティをはじめ、AIやIoTなどの新しい技術、アジャイルといった新しい開発手法も含んだ問題が出題されます。令和元年度の合格率は25.7%です。合格率を比較すると、後述のITパスポート試験より難易度は高いといえます。

ITパスポート試験

資格名 ITパスポート試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 通年
受験料 5.700円(税込)
合格基準 総合評価点 : 1,000点満点中600点
分野別評価点 : 1,000点満点中300点
受験資格 なし
公式サイト https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/


ITパスポート試験(iパス)は、情報技術についての基礎的な知識が問われる資格試験です。取得することで、ITに関する一般的な知識を証明できます。ただしこの試験はエンジニア以外の業種・職種も対象としているため、基本的にはエンジニアであれば基本情報技術者試験など上位の資格試験を目指すうえでの足がかりとするのがよいでしょう。

ITパスポート試験では、ハードウェアやソフトウェア、プログラム、ネットワーク、企業活動、法務などに関する基礎知識が問われます。2020年7月の合格率は64.7%で、情報処理技術者試験の中では難易度が低めの試験といえるでしょう。

本試験はCBT方式を採用しているため、任意のタイミングで受験することが可能です。また全国に試験会場があり、受験申し込みの段階で好きな受験会場を選択できます。

ネットワークスペシャリスト試験

資格名 ネットワークスペシャリスト試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 秋期(10月第3日曜日)
受験料 5.700円(税込)
合格基準 100点満点中60点
(午前I・午前II・午後I・午後II)
受験資格 なし
公式サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html


ネットワークスペシャリスト試験は、ネットワークエンジニアに必要とされる知識全般が問われる試験です。基本情報技術者試験やITパスポート試験と比較すると、ネットワークエンジニアにより特化した資格試験といえます。この資格を持つことで、ネットワークエンジニアとして基本的な知識を身につけていることを証明できるでしょう。

試験では、目的に応じたネットワークシステムの選択や要求仕様の作成、モデリング設計、運用保守などにまつわる問題が出題されます。

ネットワークスペシャリスト試験の2019年度合格率は14.4%。合格率で比較すれば、基本情報技術者試験より難易度は高いといえます。未経験者がいきなり受験して合格するのは難しいため、まずは基本情報技術者試験や応用情報技術者試験から合格を目指すのが無難でしょう。

CCNA(シスコ技術者認定資格)

資格名 CCNA (Cisco Certified Network Associate)
運営 シスコシステムズ社
試験日 通年
受験料 33,600円(税抜)
合格基準 非公開
受験資格 なし
公式サイト https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications/associate/ccna.html


CCNA(Cisco Certified Network Associate)は、シスコシステムズ社が提供するシスコ技術者認定資格のひとつです。知名度の高いベンダー資格であり、試験ではネットワークエンジニアに必要な知識が多く出題されるため、受験するのが望ましいとされています。

CCNAでは、ネットワークの基礎、ネットワークアクセス、IPコネクティビティ、IPサービス、セキュリティの基礎などに関する問題が出題されます。事前にトレーニングプログラムを受講できるので、対策しやすいのがメリットです。

CCNAの試験は、合格点・合格率ともに非公開となっています。試験は随時開催。ピアソンVUEの公式サイトから、テストセンター受験にするかオンライン試験にするかを選択できます。

なお、CCNAの上位資格として、CCNPがあります。CCNPには「CCNP Enterprise」「CCNP Data Center」「CCNP Collaboration」「CCNP Security」「CCNP Service Provider」の5種類があります。

関連記事 : ネットワークエンジニアにおすすめの資格|難易度や未経験者向けの勉強方法は?

ネットワークエンジニアになるための勉強方法

ネットワークエンジニアを目指すための勉強としては、「経験者にメンター(指導者)になってもらい学習する」「スクールに通う」「本やWebサイトで独学する」「資格取得を目指しながら知識を習得する」といった方法があります。

経験者にメンター(指導者)になってもらう

知り合いにネットワークエンジニアがいれば、その人にメンターを依頼して勉強するというのも手段のひとつです。実践的な指導が受けられれば、実務でも役立つでしょう。

スクールに通う

ネットワークエンジニアの講座が開講されているスクールへの通学も、有効な勉強方法です。一定の費用はかかりますが、スピード重視で体系的に知識を習得したいならスクールへ通学するのが合っているでしょう。

本やWebサイトで独学する

学習サイトや書籍など利用した独学での学習も可能です。自分のペースで学習を進めたいなら独学するのが合っていますが、近くにサポートしてくれる人がいない分、挫折してしまうリスクも高くなることは頭に入れておきましょう。

資格勉強で知識を身につける

資格取得を目指しながら学習する方法もあります。過去問題を繰り返し解くのは合格への近道ですが、場合によっては実務に役立つノウハウが身につきにくい可能性もあります。試験対策をする際は過去問だけでなく、参考書の記載内容もしっかり押さえておくと知識が溜まりやすいでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアになるための勉強方法|未経験者・初心者はどんな順番で学習する?

ネットワークエンジニアに転職するには

ネットワークエンジニアは専門的な知識を必要とするので、未経験の状態からいきなり転職するのは難しいでしょう。ただし、研修制度が整っている一部の企業の中には、未経験の人材を採用する企業もあるようです。ネットワークエンジニアは需要が高いエンジニア職種のひとつなので、企業としては本来積極的に採用したいと考えているためです。ネットワークエンジニアとしての実務経験を問わない求人を出していて、研修制度が整っている会社を探してみるのもひとつの方法といえるでしょう。

また、実務未経験であっても、何かしらのITエンジニア経験者で、ネットワークに関する基本的な知識を有していれば、転職できる可能性は高まります。エンジニア職自体が未経験という人は、まずはプログラマーとして実務経験を積んだり、実務に必要な知識を身につけたりすることからスタートすると、ネットワークエンジニアへの転職に近づくことができるでしょう。

そのほか、きちんと企業研究をして面接対策を行う、企業に合わせた志望動機を練るなど、一般的な転職活動の準備も大切です。

関連記事 : 未経験からネットワークエンジニアになるには|求人状況や転職方法を紹介

ネットワークエンジニアのキャリアパス

ネットワークエンジニアのキャリアパスには、スペシャリスト系からゼネラリスト系までさまざまな選択肢がありますが、たとえば「セキュリティエンジニア」や「フルスタックエンジニア」のような職種が挙げられます。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、ネットワークエンジニアの作業範囲でもある「セキュリティ」に特化したエンジニアです。セキュリティ関連のより深い知識が必要とされるため、スペシャリスト系のキャリアに区分されます。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアは「マルチエンジニア」などとも呼ばれ、設計・開発・運用と、上流工程から下流工程まで、幅広い作業範囲を担当できるエンジニアです。そのため、オールラウンドな知識が必要とされます。

どちらのキャリアアップにもネットワークエンジニアの経験を活かせますが、職種ごとの専門知識を身につける必要があるため、業務以外での自己学習は必須といえるでしょう。また、普段の業務においても、自身の作業範囲を広げておくなど、キャリアアップのための知識や技術を積極的に習得する姿勢が重要です。

関連記事 : ネットワークエンジニアのキャリア

ネットワークエンジニアの求人状況

業務にネットワーク環境を用いる企業なら、ネットワークエンジニアの求人募集を出していることが多いため、業種を問わずさまざまな企業がネットワークエンジニアを募集しています。求人の条件としては、ネットワーク設計、構築、運用・保守などの実務経験者が優遇される傾向にあり、募集している業務内容の経験の有無や、経験年数が指定されるケースが多く見られます。

実務経験以外では、CCNAやCCNPなどの資格を持っているか、業務上必要なネットワーク知識を習得しているか、などが応募条件に含まれることもあります。

関連記事 : インフラエンジニアの在宅勤務・リモートワークが可能な求人案件はある?

ネットワークエンジニアの将来性と今後の需要

ネットワークエンジニアは、今後も安定して需要の見込まれる職種と考えられます。近年ではITインフラのクラウド化が進み、「ネットワークエンジニアは不要になるのではないか」と心配する声もあるようですが、クラウドへ移行するにもネットワークエンジニアの力は不可欠です。

ネットワークエンジニアをはじめ、システム基盤の運用・保守を手掛けるインフラ系のエンジニアは、事業運営に欠かせない存在です。そのため、不景気であっても雇用が安定しやすく、仕事がまったくないという状況に陥るリスクは少ないのが魅力といえるでしょう。

関連記事 : ネットワークエンジニアの将来性|クラウドの普及で需要に影響はある?

フリーランスネットワークエンジニアの実態

ネットワークエンジニアの中には、ほかのエンジニア職と同様に、フリーランスとして活躍している人も多くいます。

会社員と比べた場合のフリーランスネットワークエンジニアのメリットは、高度なスキルを習得すると高単価の案件を受注しやすくなることです。フリーランスネットワークエンジニアの中には、年収1,000万円以上を稼ぐ人もいます。クライアントから高い評価を得られれば、継続的に高収入を得ることも可能です。

反対にデメリットは、確定申告などの手続きは基本的に自分で行う必要があること、そして継続して案件を受注できるとは限らず、収入が安定しにくいことなどが挙げられます。

一方、デメリットとしては、確定申告や社会保険料の納付などの手続きは基本的に自分でしなければならないことや、継続して案件を受注できるとは限らず、収入が不安定になりやすいことなどが挙げられます。

関連記事 : インフラエンジニアのフリーランス案件や平均単価・年収|今後の需要についても解説

ネットワークエンジニアとしてキャリアアップを目指そう

ネットワークに関する深い専門知識が必要なネットワークエンジニアは、保有スキルによっては高年収を狙える職種です。また、インフラ系のエンジニア職なので、求人状況が景気に左右されづらく、安定した需要が見込めます。

キャリアパスとしては、ネットワークエンジニアを極める、あるいはフルスタックエンジニアなどの上位のエンジニア職を目指すなどの道があります。これからITエンジニアを目指す人は、ネットワークエンジニアも選択肢に入れて、キャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事 : インフラエンジニアとネットワークエンジニアの違い

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

ネットワークエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとネットワークエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.