オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

Perlの仕事内容とは?できることや求人案件の特徴、将来性を解説

Perlは1980年代に生まれた長い歴史を持つプログラミング言語で、主にWebサービスの開発などの仕事で用いられています。歴史のある言語であることから、プログラミングに馴染みのある方なら一度はその名前を耳にしたことがあるかもしれません。今回はPerlエンジニアになりたいという方に向け、その特徴や仕事内容、求人案件の傾向などを解説していきます。

Perl案件を提案してもらう

目次

Perlの特徴とは?
Perlエンジニアの仕事内容
Perlの求人案件
Perlエンジニアの年収
Perl入門・初心者向けの学習方法
Perlの将来性
Perlの仕事に関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Perlの特徴とは?

Perlは、1987年にアメリカ人のラリー・ウォール氏によって開発されたプログラミング言語で、コンパイラを必要としないスクリプト言語の一つです。

テキスト処理に適したスクリプト言語と言われており、文字列のパターンを表現する「正規表現」を組み込まれている点が特徴です。そのため文字列と数値を自動的に変換し、整数型や文字列型などの「型」を意識せずにコーディングを行えます。こうした点から、プログラミング初心者でも習得難易度がそれほど高くない言語と言われています。

PerlとPHP・Ruby

Perlは、PHPやRubyと同様のスクリプト言語であり、サーバーサイドのプログラミング言語という点でも同じカテゴリに分類される場合があります。しかし、PerlはPHP・Ruby以前に作られた言語です。オブジェクト指向言語として開発されたRubyは、プログラムコード一つひとつを部品(オブジェクト)として考え、それらを組み合わせながらプログラミングを行っていく際の効率性に優れています。

また、PerlとPHPはともにWebページを動的に表示する際に用いる、サーバーサイドのスクリプト言語です。PHPはWebアプリケーション開発に適した言語として進化していると同時に、文法が比較的容易な点からも普及率が高く、レンタルサーバーの多くがPHPに対応しています。こうした点から、一般的にWebアプリケーション開発ではPerlよりもPHPの方が多く使われるようになっています。

PerlとCGI

CGI(Common Gateway Interface)とは、Webサーバー上でプログラムを動作させるための仕組みです。このCGIを用いることで、掲示板やチャット、メール送信フォーム、アンケート、Web日記(ブログ)といった機能をWebページに搭載することができます。

こうしたCGIから呼び出されるプログラムはCGIプログラムと呼ばれます。Perlは、CGIプログラムを開発する際に用いられることが多いことも特徴のひとつです。Perlを用いてコーディングを行うことが多いですが、RubyやC言語なども使うことができます。

関連記事 : PHPエンジニアとは|未経験からなることは可能?仕事内容や転職方法を解説

Perl案件を提案してもらう

Perlエンジニアの仕事内容

Perlは、先に述べたCGIなどでWebページに動的な機能を実装したり、Webシステムそのものを開発したりなど、Webをプラットフォームとしたシステムやサービスの開発に用いられることが多い傾向にあります。ここでは2020年12月時点でレバテックフリーランスに掲載されているPerl案件などをもとに、どんな仕事があるのか解説します。

Webサービス開発

Webと相性のいいPerlは、ライブ配信ストリーミングサイトや検索エンジンなどのWebサービス開発で多く用いられています。こうしたWebサービス開発では、まず「どういったサービスを作るか」という観点で企画を考えます。そこで決定した内容に沿って仕様決めや設計を行った上で、プログラミングしていくことになるでしょう。

テストをする場合は、まずローカルPCなどで疑似サーバー環境を構築してプログラムを走らせ、一通りの動作チェックを行った後、本番用のサーバーに移行して運用、という流れが一般的です。

業務系システム開発

Webサービス同様、Perlはイントラネットで動く生産管理システムといった業務系システム開発でもよく用いられています。こうした業務系システムを開発する際には、まずは業務内容を踏まえた設計を行うことが重要になるでしょう。

たとえば生産管理システムなら、生産工程のどのプロセスを効率化し、どのようにPerlで実現するかを設計で具体化したら、それをもとに詳細設計へと落とし込みながらコーディングを進めていきます。さらにシステム完成後は、そのシステムによってどれほど効率化を実現できたかを測るベンチマークテストなどを行い、効果を明示化していくこともあります。

Webゲーム開発

PerlはWeb上のソーシャルゲームなど、Web系のゲーム開発でも用いられることがあります。クライアントサイドの開発に向いた言語であるJavaScriptやC#のように、フロントエンド部分を作るというよりは、ゲームのバックエンドサーバーの開発などに用いられることが多いでしょう。また、ソーシャルゲームのような会員制ゲームなどでは、会員情報の登録、管理や処理をPerlで作り込むケースがあります。

関連記事 : 未経験からゲームプログラマーになるには|求人はある?独学で転職できる?

Perlの求人案件

ここでは「レバテックフリーランス」に掲載されているPerl案件から、どんな開発案件があるのか解説しましょう。

Perlの求人・案件一覧

2020年12月15日時点で、「レバテックフリーランス」におけるPerlの求人案件数は109件となっています。高単価な案件の傾向としては、エンドユーザーや開発ベンダーとの要件定義や基本設計といった、上流工程からの開発案件が多い傾向にあります。上流工程スキルはもちろん、PerlをはじめPHPやRubyといった、サーバーサイドにおけるプログラミング言語の実務経験が求められます。

反対にあまり単価が高くない案件は、詳細設計以降のコーディングやテストなどの工程が中心で、ユーザーと接する要件定義や仕様調整といった上流工程に携わる機会は少ない傾向にあります。

Perl初心者向けの求人案件

クラウドソーシングなど、フリーランスエンジニアの案件募集サイトに掲載されているPerl案件の中から、未経験や経験1年未満の初心者でも募集できる案件を見てみると、開発におけるアシスタントやメールフォームの改良など初歩的なレベルからの案件や、既存システムへの機能追加といった小規模案件が多く見られます。

必要とされるスキルは「初歩的なPCの知識」や「何らかのプログラミング経験」といったレベルのものも多く、ほぼ未経験に近い状態で応募できる案件もあります。未経験の方や初心者の方は、こうした初歩的な案件からスタートして経験を積み重ねていくといいでしょう。

関連記事 : 未経験でWebエンジニアに転職するには|求人数や必要な準備、おすすめプログラミング言語

Perlエンジニアの年収

2020年12月時点で「レバテックフリーランス」に掲載されているPerl案件の平均月額単価は、73万円となっています。差し引かれる税金や保険料などを考慮せず、単純に12ヶ月分に換算した年収は876万円となります。基本的にフリーランスのPerlエンジニアがこのレベルの年収を得るには、Perlを用いた開発経験を持っていることはもちろん、設計スキルや、ApacheなどのWebサーバーを用いてPerlを実行する環境構築スキルなども求められるでしょう。

関連記事 : PHPエンジニアの年収|JavaやRuby、Pythonとの相場比較も

Perl入門・初心者向けの学習方法

「初心者だけどPerlを習得してみたい」と思っている方もいるでしょう。ここではそんな方に向け、Perlの学習方法をいくつか紹介します。

Webサイトから学ぶ

Perlは息の長いプログラミング言語であるため、初心者向けのオンライン学習サイトが数多くあります。これらの中には、Perl環境のインストールから基本となる文法といった基礎レベルから解説しているサイトも多く、プログラミング未経験の方でも分かりやすいでしょう。基本的にはお金もかからないので、最初に学ぶ方法として最適と言えます。

書籍から学ぶ

30年以上の歴史を持つPerlは入門書が豊富にあり、書籍を用いて学習するのも効果的です。書籍は、重要な部分にマーカーを引いたり、ふせんを貼ったりしながらコツコツ学んでいけるという魅力があります。一方で、近年はこうした入門書の電子書籍化も進んでおり、手軽に読むこともできます。好みに応じて自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

動画から学ぶ

YouTubeなどの動画配信サービスで、Perlの学習をテーマとした動画が公開されていることがあり、Perlプログラミングの基礎を身につけることができます。「通勤や通学の移動中など限られた時間で勉強したい」という方にとっては、スマートフォンなどで簡単に閲覧できるのでおすすめです。

関連記事 : Pythonの勉強法|初心者の入門におすすめの学習方法とは?

Perlの将来性

PerlはかつてCGIを使う場合において高いニーズを誇りましたが、その後PHPやPython、Rubyといった、Webとの親和性の高い言語が出てきてからは、新規開発における需要は減少傾向にあります。2020年12月時点でレバテックフリーランスに掲載されている求人案件数を見ても、Perlが109件であるのに対し、PHPの求人案件数は1685件、Pythonの求人案件数は751件、Rubyの求人案件数は699件と、Perlよりも需要が高いことがうかがえます。しかし、Perlで作られたWebサービスやシステムはいまだ多く、その維持運用に向けた保守やブラッシュアップなどの求人案件は今後も一定数存在すると予想されます。

また、PHPやPythonなどに比べるとエンジニアの数が少ない傾向にあり、スキルの希少性が案件獲得に結びついていく可能性もあります。そうした中でPerlエンジニアが平均単価以上の案件を獲得していくには、Perlのプログラミングスキルだけでなく、Perlを実行するサーバー環境の構築スキルやPerl対応のフレームワークなど、周辺技術のスキルを有していることが重要となります。また、PerlはWebページを生成するロジックを組むことが多いことから、HTMLなどWebページ制作の知識なども武器になるでしょう。

関連記事 : Pythonエンジニアの平均年収|他言語との年収比較や未経験からの入門・転職方法

Perlの仕事に関するよくある質問

ここでは、Perlの仕事に関してよくある質問と回答を紹介します。

Q. Perlでできることは何ですか?

A. Perlはライブ配信ストリーミングサイトなどのWebサービス開発や、業務系システムの開発、ソーシャルゲームにおけるサーバー側処理などの開発で用いられています。

Q. Perlの仕事で使用するフレームワークにはどんなものがありますか?

A. Perlの仕事で使用する代表的なフレームワークとしては、Mojolicious、TripletailL、Dancer、Amon2、Ark、Catalystなどがあります。これらを扱うスキルがあると、求人案件の受注に役立つことがあります。

Q. Perlの仕事に役立つ資格はありますか?

A. Perlの仕事に役立つ資格としては、CIW(Certified Internet Web Professional)が認定する「CIW Perl Specialist」があります。また、直接的にPerlのスキル証明になるとは限りませんが、「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」といった一般的なIT技術者向けの国家資格もあります。

関連記事 : PHPの資格・PHP技術者認定試験の難易度や種類、勉強方法

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Perl案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとPerlの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.