オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

ITエンジニアになるための勉強方法|プログラミング未経験から独学で転職するには?

未経験からITエンジニアになるための勉強方法としては、本やWebサイトで独学する、未経験者・初心者向けの資格を取るために勉強する、プログラミングスクールに通う、勉強会に参加するといったさまざまな方法がありますが、どのようなITエンジニアを目指すかによっても学習すべき知識や効果的な勉強法は違います。まずはITエンジニアの種類や仕事内容について理解し、何を勉強するべきなのかを把握しましょう。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

ITエンジニアとは?
未経験からITエンジニアになるための勉強方法
未経験からITエンジニアになるための学習ステップ
ITエンジニアの勉強に関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ITエンジニアとは?

ITエンジニアには、Webエンジニア、業務系エンジニア、組み込みエンジニア、インフラエンジニアなど、さまざまな仕事内容があります。ここでは、それぞれの種類に分けて主な仕事内容を紹介していきます。

Webエンジニア

Webエンジニアは、Webシステムを設計、開発するエンジニアです。開発するWebシステムは企業のホームページ、情報提供サイト、ECサイトなど多岐に渡ります。具体的には、開発するWebシステムについてクライアントにヒアリングをして必要な機能を取りまとめ、データベースの設計やシステムの設計、プログラミング、実際に要求通り動作するかどうかのテストなどを行います。

※参考 : システムエンジニア(Webサイト開発) - 職業詳細 | 職業情報提供サイト(日本版O-NET)

業務系エンジニア

業務用のアプリケーションには、クライアントサーバシステム用、Webシステム用、スマホアプリなどさまざまな種類があり、業務系エンジニアは顧客の要求に応じてこれらを作成します。近年はクラウド上でのアプリケーションの利用が増えており、クラウド上のシステムを構築する仕事も増えています。

※参考 : システムエンジニア(業務用システム) - 職業詳細 | 職業情報提供サイト(日本版O-NET)

組み込みエンジニア

組み込みエンジニアは、各製品や装置に組み込まれた制御のためのLSI、小型コンピュータのソフトウェア開発や、それらを含めたシステム全体の設計・開発を行います。近年はIoT化が進んでおり、インターネットとつながる装置が増えてきました。仕事としては、大きく分けて製品や装置を動かすためのソフトウェアを開発する場合と、その製品や装置を含めたシステム全体を開発する場合があります。

※参考 : システムエンジニア(組込み、IoT) - 職業詳細 | 職業情報提供サイト(日本版O-NET)

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、サーバー、ストレージ、ネットワーク、データベースなどのミドルウェアといったITインフラを構築する仕事です。顧客の要望を聞き取り、どのようなシステムが必要か定義したうえで、使用するハードウェア、OSなどのソフトウェアを選択して構成を決め、設計・開発を行います。IaaS、PaaS、SaaSなどのサービスが普及したことにより、クラウドでの運用も増えています。

※参考 : システムエンジニア(基盤システム) - 職業詳細 | 職業情報提供サイト(日本版O-NET)

関連記事 : ITエンジニアとは?種類や仕事内容、必要なスキル・資格を紹介

自分に合う案件を提案してもらう

未経験からITエンジニアになるための勉強方法

未経験からITエンジニアになるための勉強方法としては、「本で独学する」「Webサイトで独学する」「入門動画で独学する」「学習アプリで独学する」「プログラミングスクールに通う」「勉強会に参加する」「初心者向けの資格取得のために勉強する」などが挙げられます。

本で独学する

ITエンジニア向けの本にはさまざまな種類があります。未経験者であればまずは入門書を読み、それから専門的な技術書を読むとより理解が深まります。併せて、エンジニア雑誌を読めば最新の技術などの特集が組まれていることもあるため、エンジニア業界の現状がよく分かるでしょう。ただし、独学の場合、モチベーションを保持するのが難しいケースも考えられるので、計画を立てて勉強を進めることが大切です。

Webサイトで独学する

ITエンジニアに必要な知識やスキルが学べるWebサイトは数多くあります。ブログなどで技術についての説明を公開している企業もあれば、エンジニアが個人で記事を投稿している情報サイトもあります。Webサイトでの独学は比較的手軽に勉強を進められる方法といえますが、やはり計画的に勉強を進めていく姿勢が重要になるでしょう。

入門動画で独学する

YouTubeをはじめ、インターネット上ではITエンジニア向けにさまざまな動画が無料公開されています。学べる内容としても初心者向け、実務経験者向けなど幅広いコンテンツがあり、大学やプログラミングスクールが講義を動画で公開しているケースもあります。自分のレベルや勉強したい内容に合わせた動画を選びましょう。

学習アプリで独学する

近年はプログラミングなどの勉強に役立つ学習アプリも増えています。スマホがあればいつでも勉強ができるため、簡単に取り組めるのがメリットですが、基本的にアプリだけで網羅的な知識を得るのは難しいと考えられるため、ほかの勉強方法と組み合わせて活用しましょう。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールでは、講師のレクチャー、サポートを受けながら勉強できるので、一から体系的に知識を身につけやすいこと、モチベーションを保ちやすいことなどがメリットです。スクールによっては、就職・転職支援を行っているケースもあります。ただし、ある程度のまとまった時間、費用が必要になることは頭に入れておきましょう。

勉強会に参加する

ITエンジニア向けの勉強会には、多種多様な内容のものがあります。初心者向けの勉強も多いので、安心して参加できるでしょう。勉強会などに参加すれば、エンジニア同士の横のつながりも生まれます。また、勉強会は特定の言語、分野といった区分で開催されるケースがほとんどなので、同じ悩みを持っている人にも出会いやすいでしょう。昨今はオンラインで参加できる勉強会も増えているようです。

初心者向けの資格取得のために勉強する

資格取得に向けて勉強するという方法であれば、試験に合格するという明確な目標を持って学習を進められます。ここでは、代表的な国家資格を2つご紹介していきましょう。

ITパスポート

ITパスポートは、ITを活用する社会人や、これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。具体的には、IT分野における新しい技術(AI、ビッグデータ、IoTなど)や新しい手法(アジャイル開発など)の基礎知識をはじめ、経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識、IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など、幅広い分野の総合的知識を問われます。

※参考 : 【ITパスポート試験】情報処理推進機構

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITパスポートと同じくIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施する情報処理技術者試験の区分んのひとつで、ITエンジニアの登竜門ともいわれる資格です。実際にシステムの設計や開発、運用を行ううえで必要となる基礎的な知識・スキルを証明できるため、未経験からITエンジニアに転職するときのアピール材料としても役立つ可能性があります。

※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : 基本情報技術者試験

関連記事 : ITエンジニアに未経験から転職するには|志望動機例文や転職活動のコツ

未経験からITエンジニアになるための学習ステップ

未経験からITエンジニアになるための学習ステップとしては、以下のような例が挙げられます。

1. どんなITエンジニアを目指すのか決める

前述のとおり、ITエンジニアといってもさまざまな種類があるため、まずはある程度どんなITエンジニアを目指すのか決めましょう。どんな開発に携わるかによっても、学ぶべきプログラミング言語は変わってくるからです。たとえば、業務系システムであればJavaやC#、VB.NETなど、WebアプリであればJavaScriptやPHP、Ruby、Pythonなど、スマホアプリであればSwift(iOS)やKotlin(Android)、組み込みソフトウェアであればC言語やC++などが、よく使われる言語です。

2. プログラミングの基礎知識を身につける

上記で紹介した学習方法などを活用して、基礎知識を身につけましょう。初心者にとって学習難易度が高いとされる言語もあれば、易しいとされる言語もありますが、まったくのプログラミング未経験であれば、数ヶ月単位の勉強時間を見込んでおきましょう。

3. プログラミングを実践してみる

実際にプログラミングをすれば、文法への理解が深まります。また、オープンソースのソフトウェアは、無償でソースコードが公開されていますので、それを解析することも理解を深める手段となるでしょう。

関連記事 : プログラマーになるための勉強法|プログラミング初心者におすすめの学習内容

ITエンジニアの勉強に関するよくある質問

ITエンジニアの勉強に関連するよくある質問と回答をまとめました。

Q. ITエンジニアになるにはどんな勉強方法がありますか?

A. ITエンジニアになるための勉強方法としては、本やWebサイト、動画講座、学習アプリなどで独学する、プログラミングスクールに通う、勉強会に参加する、初心者向けの資格取得のために勉強する、などが挙げられます。

Q. ITエンジニアになるために必要な勉強時間はどのくらいですか?

A. ITエンジニアになるために必要な勉強時間は、適性や前提知識の有無によって異なりますが、厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、「プログラマー」として実際に働いている人が必要と考える入職前の訓練等の期間は、「わからない」を除けば「1ヶ月超~6ヶ月以下」が最も多い回答となっています。

Q. 独学でITエンジニアに転職することは可能ですか?

A. 独学でスキルを身につけてITエンジニアに転職することは可能ですが、専門的な知識や技術が必要な仕事である以上、基本的には実務経験が重視されます。転職サイトなどで「未経験OK」「未経験者歓迎」といった記載がある求人募集を探してみましょう。

関連記事 : 学習効率を上げる!勉強テクニックまとめ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.