どんなところに注目すればいいのか
Webエンジニアが副業する際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

Webエンジニアが副業をする際は、単価額やスキル・経験などを考慮して作業内容を決めましょう。時間管理面も気を付け、無理のない範囲で受注することがポイントです。

【併せて読みたい関連記事】
webエンジニアの仕事とは?webプログラマーとの違いも解説

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. Webエンジニアの概要および作業内容
2. Webエンジニア向けの副業の例について
3. 案件の探し方と副業をする際の注意点

1. Webエンジニアの概要および作業内容

本記事ではまずWebエンジニアの概要に触れ、続いて副業の例や副業時の注意点について解説します。

■Webエンジニアとは
Webエンジニアとは、WebサイトをはじめとしたWeb系システムの設計・構築や運用に携わる職種です。担当する作業の違いにより、フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニアとして区別されることもあります。前者がユーザーの目に見える部分、後者が不可視の部分(サーバーやデータベースなど)を扱うのが特色です。

Webエンジニアの具体的な作業内容には、要件定義や機能検証、運用・保守、プログラミングなどがあります。そうした案件に参画する際に必要とされる技能としては、Web系のプログラミング言語の活用スキルが挙げられるでしょう。

Python/Rubyといった使用人口が少ない言語の案件であれば、報酬アップも目指せるかもしれません。また、それ以外には、負荷対策やクラウド利用などの経験を通じて身に付けたスキルを活かせる場合もあります。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. Webエンジニア向けの副業の例について

それでは、そんなWebエンジニア向けの副業をいくつか見ていきましょう。

■コーディング
HTML/CSS/JavaScriptなどのスキルを有するWebエンジニアには、副業でもコーディングに携わるという選択肢があります。一般的なWebサイトの制作だけでなく、WordPress移行を行う案件も。こちらの場合は、主にPHPによるコーディング作業となります。

■Webデザイン
WebエンジニアはWebサイト制作に携わる作業を行うことが多いことから、デザイン方面への造形が深い方もいるかもしれません。デザインスキルをお持ちの方なら、Webデザイナー向けの副業で活躍することもできる可能性があります。

■アプリケーション開発
スマートフォンの普及が進んだ現在、スマートフォン向けアプリケーション開発の案件も多数見られます。作業の進み方が順調であれば、比較的自由に時間を使いやすいのがポイント。アプリケーション開発を副業とする場合、開発実務経験やコーディング技術、使用言語に関する知見などが必要とされます。

■プログラミング講師
IT業界の人材不足を背景として注目され始めている副業です。講師といってもスクールに赴くだけでなく、オンラインで教えることも可能。自身のプログラミングスキルを活かしたい方、プログラミングの教育に関心がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

3. 案件の探し方と副業をする際の注意点

最後に、副業をする時の注意点について述べます。

■副業の探し方
Webエンジニアが技能を活かせる副業先は、一般的な求人サイトや求人情報誌には掲載されないこともあります。そのため副業を探す際は、クラウドソーシングやエンジニア向けの案件を専門に扱ったサイトを利用するようにしましょう。

■副業する際の注意点
クラウドソーシングを利用する場合、案件ごとの単価が安い傾向にあるという点に注意が必要です。好条件の案件もありますが、その分高度なスキルや豊富な経験が求められる可能性が考えられます。

また、勤務先の社内規定で副業が認められているかどうかは確認しましょう。

そのほか、手早く高収入を得ようとして、一度にたくさんの案件に手を出すことは避けておきたいところ。時間管理も難しくなりますし、案件ごとの成果物の質低下にも繋がりかねません。自分がどのような内容の副業をしたいと思っているのかをよく考えた上、無理のない受注を心がけるようにしましょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?