あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

需要は増加傾向に!
Linux系エンジニアの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

Linux系エンジニアは、インフラ系エンジニアの1種です。サーバ導入への立会いやミドルウェアの導入などを行う職種で、これからのデジタル社会には必要不可欠な存在といえます。

Linux案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

Linux系エンジニアとは
Linux系エンジニアの仕事内容
Linux系エンジニアに必要なスキル
フリーランスのLinux系エンジニアとして働くには

Linux系エンジニアとは

Linux系エンジニアとは大カテゴリに分類すると「インフラエンジニア」に属する職種です。インフラエンジニアは主にITインフラ設計、構築、管理、運搬を担当しており、中でもLinuxに特化したエンジニアをLinux系エンジニアと呼んでいます。

Linuxの特徴はWebサーバソフトウェアとしてよく使われるApacheとの相性が良いことです。また、LinuxやApacheはオープンソースソフトウェア(OSS)のため、無償で手に入り、さらに設定をカスタマイズしやすいこともポイントです。

またOSSのため、セキュリティや技術情報が迅速に手に入ることも特徴として挙げられます。その他、組み込み系システムにも強く、現代では携帯電話やデジタル家電のOSとして普及しています。

このような理由から、Linuxは特にWebサーバや組み込みシステムOSにおいて大きなシェアを占めています。日本国内ではLinuxを導入する企業は急激に増加しており、同時にLinux技術者の需要は高い水準にあります。

関連記事 : インフラエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

Linux案件を提案してもらう

Linux系エンジニアの仕事内容

Linux系エンジニアはLinuxサーバやミドルウェアの導入、データベースのチューニングなどを行います。サーバ上で稼働しているアプリケーションで障害が発生した場合、起こりうる影響を見通してフレキシブルな対応しなければいけません。

近年はクラウドサービスが使われる場面も多く、クラウドでレンタルサーバや専用サーバを調達するケースが増えています。またLinuxはOSSのためWindowsのような高額なライセンス費用を必要とせず、サーバの導入・運用コストを軽減できることがメリットです。

ベンチャーや成長企業にもLinuxは積極的に導入されており、Linuxのスキルや経験を活かして活躍しやすい環境です。

Linux系エンジニアのようなインフラを扱えるエンジニアは常に需要があり、景気に左右されることは少ないです。現在、統合開発環境、ミドルウェア、GUI、画像処理など、さまざまな分野でLinuxエンジニアが活躍しています。

関連記事 : インフラエンジニアの仕事内容

Linux系エンジニアに必要なスキル

Linuxはニーズが高い反面、技術者はまだまだ少ないのが現状です。よってLinuxのスキルを習得することで、エンジニアとしての活躍範囲は大きく広がります。

Linux系エンジニアとして必要なスキルは、Linuxを活用したWebサーバやデータベースサーバの構築、運用のスキルです。また、システムインフラを担当するケースが多いことから、ネットワークのスキルを持つことが望ましいです。

資格においては、「Linux技術者認定資格(LPIC)」はLinuxエンジニアとしてのスキルを証明します。さらにネットワーク領域を目指す方は、LPICに合わせて情報処理推進機構が主催するネットワークスペシャリスト試験や、シスコシステムズが主催する「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」などのスキルを証明する資格を取得することが大きなアピールになります。

関連記事 : インフラエンジニアに必要なスキル

フリーランスのLinux系エンジニアとして働くには

Linuxエンジニアに必要とされるスキルを身に付けることが先決のため、座学による知識の習得にとどまらず、実機に触れてスキルを磨いていくことをおすすめします。

フリーランスLinuxエンジニアのスキル

LinuxはPC(WindowsやMac)上で動作するため、すでにPCを持っている方は、書籍を参照しながら、Linuxのスキルを上げていけるでしょう。

ただしエンジニアとしての実務経験が不足しているようでは心もとない事です。Linux系エンジニアの業務はインフラエンジニアに近いため、ネットワークやサーバ、データベースなど求められるスキルが多岐にわたります。他の業務を担当しているエンジニアとの協働が求められることもあり、広い知識が必要です。

よってLinux系エンジニアとして働くには、現在のエンジニアの職務領域を武器に、Linuxを専門的に扱えるようにスキルアップしていくことが必要です。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニア、Webエンジニアなど専門領域を持っていると、Linux系エンジニアの案件を獲得しやすくなります。

未経験からLinuxエンジニアになるには

未経験者の場合はLinuxを学べるスクールに通うことをおすすめします。未経験者がシステムインフラに関わることが多いLinux系エンジニアを目指すには、エンジニアの業務そのものを知ることが不可欠です。スクールで、業界に精通している講師から直接指導を受ければ、書籍には書かれていない現場の知識などを学べるでしょう。

またLinux系エンジニアは単にLinuxが扱えればいいというわけではありません。エンジニアとして広い知識が必要なため、できれば一度Linuxを使ったシステム開発や運用をしている企業に就職するとスムーズにLinux系エンジニアとして活躍できます。

Linuxエンジニアの在宅(リモート)案件と常駐案件の特徴

フリーランスの案件には在宅(リモート)案件と常駐案件があります。Linux系エンジニアはサーバやデータベース、ネットワークなど、システムインフラの構築・運用、組み込みシステムやスマホアプリケーション開発などを担当します。

そのため、コミュニケーションコストを抑えるために、在宅案件よりも常駐案件の方が多い傾向にあります。また、セキュリティ上の懸念から、業務は社内で行うという企業も少なくありません。大規模システムやインフラ運用を担当する場合はチームで動くことも多く、常駐案件に偏りがちです。

常駐案件で成果を出すことにより、在宅(リモート)業務を認められるケースもあるため、在宅(リモート)業務を希望される方は、エージェントに相談することをおすすめします。

関連記事 : フリーランスとは?イチから始めるための基礎知識

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Linux案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとLinuxの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.