オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

フリーランスは何歳まで働ける?

フリーランスとして働くのに年齢制限はなく、何歳でも活躍することができます。ただし、年齢・経験などで活躍できる幅は異なる場合もあるので、リタイアしたい年齢から逆算し、フリーランスとしてのキャリアを築いていきましょう。

本記事では、年齢を重ねてもフリーランスとして活躍するための方法や、20代・30代のフリーランスが将来のためにできることをまとめました。フリーランスとして高齢までキャリアを築いていきたい人は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスは何歳まで働ける?
フリーランスに年齢の限界があるといわれる理由
20代・30代のフリーランスが将来のためにできること

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスは何歳まで働ける?

フリーランスとして働くにあたり年齢制限はありません。そのため、50代、60代、70代と年を重ねてもフリーランスを続けていくことは可能です。ただし、いくら年齢制限がないとはいえ、体力的に働く限界は存在します。また、年齢に見合った実績やスキルを持ち合わせていないと、案件の受注が難しくなるケースも考えられます。リタイアのタイミングは自分で定め、それに合わせたキャリア形成を目指すことが大切でしょう。

長年フリーランスとして活躍できる人の主な特徴としては、「経験を付加価値にして働いている」「広い人脈を持っている」などが挙げられます。

20代フリーランスの強みは若さと柔軟性

20代フリーランスの強みは、技術を吸収する力や柔軟性。即戦力となるスキルや知識も大切ですが、まだ経験の浅い20代のうちは、意欲的な態度や吸収力も十分武器になり得ます。

フリーランスに多い年代は40代以上

内閣官房日本経済再生総合事務局の「フリーランス実態調査結果」によると、フリーランスの年齢構成は40代以上のミドル・シニア世代が7割を占めているという結果が出ています。中でも50代は20%、60代以上は30%と、50代・60代はフリーランス全体の約半数に上ります。

出典 : 内閣官房日本経済再生総合事務局「フリーランス実態調査結果」P. 2より数値を抜粋して掲載
また、ITエンジニアを対象とした「IT人材白書2016」(独立行政法人 情報処理推進機構)の調査においても、フリーランスの回答者の年代の内訳は、20代以下は2.7%、30代は13.3%、40代は33.8%、50代は50.1%となっています。

参照 : IT人材白書2016 - IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

実際には業界や職種などグルーピングの仕方で違いは出てくるはずですが、俯瞰して見た場合、ミドル・シニア世代のフリーランスは一定以上いると見てよいでしょう。

50代以上の最大の強みは経験値の高さ

50代以上のフリーランスの大きな強みは、経験値の高さ、スキルの豊富さといえます。 たとえばメインスキル以外の知識も豊富だったり、トラブルが起きた場合でも過去の成功例をもとに良い判断ができたりと、ベテランならではの経験値はフリーランスとして活躍していく中で大きな武器になるでしょう。

関連記事 : プログラマ35歳定年説は本当?

フリーランスになれるか相談する

フリーランスに年齢の限界があるといわれる理由

フリーランスに定年が存在しないとお伝えしましたが、働く年齢には限界がある場合があることも事実です。その理由を下記で確認しましょう。

案件受注が難しくなることもある

フリーランスは年齢を重ねると、案件を獲得するのが難しくなるケースもあります。たとえば、プロジェクトに参画するメンバーが全員20代や30代であれば、クライアントはチームのバランスを考えて同年代のフリーランスを求めることもあるでしょう。前述のとおり、シニア世代になっても活躍しているフリーランスはたくさんいますが、年齢が案件の受注にまったく影響しないとはいえません。

最新技術についていく必要がある

フリーランスにとって、日々進歩していく技術を習得し、流動的なトレンドをその都度キャッチアップすることは重要です。しかし、年齢を重ねて新しい知識や技術についていけなくなると、フリーランスとしての活動に支障をきたす恐れがあります。

体力が低下気味になる

年齢を重ねると、どうしても体力が低下気味になります。たとえば、フリーランスエンジニアであればパソコンを使って作業をする機会が多いですが、長時間パソコンに向かっての作業を日々継続していれば、想像以上に体力的な疲労を生むでしょう。体力を維持できなれければ、ミスをしたり、効率が悪くなったりと、フリーランスを続けるのが難しい状況に追い込まれてしまう可能性も否めません。

関連記事 : フリーランスとして成功する秘訣は?

20代・30代のフリーランスが将来のためにできること

フリーランスとしての将来を考えたときに、20代・30代の方は今からどんなことに気をつければ良いのでしょうか。ここでは、若いうちから準備しておくと良いポイントをご紹介します。

将来のために貯金しておく

フリーランスとして働き続ける場合、収入が不安定になる可能性を見据えておくことは大切です。案件が受注できなかったり、体調を崩してしまったりした場合を考え、お金の備えは万全にしておきましょう。

長く稼げる仕組みを作る

長くフリーランスとして活躍し続けるには、長く生き残れる仕組みを作っていく必要があるでしょう。たとえば、資格を取得し自分の付加価値を高めたり、セミナーやイベントに参加し人脈を広げたりといった方法があります。また、変化していくトレンドについていけるよう、幅広いスキルを身につけておくことも大切です。

リタイアしたい年齢から逆算して計画を立てる

お伝えしたとおり、フリーランスに定年はないといえど、生涯を通じて20代・30代と同じように働き続けるのは難しい場合がほとんど。そのため、自分がフリーランスとしてのキャリアをリタイアしたい年齢から逆算し、現在どのような行動をしていけば将来安心して暮らせるかキャリアプランを考えてみましょう。

関連記事 : フリーランスが将来・老後のマネープランを考えるときに知っておきたいこと

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.