オンラインカウンセリング実施中

ネットワークエンジニアの仕事内容から有効な資格・スキルについても解説
ネットワークエンジニアのスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ネットワークエンジニアは、顧客のネットワーク環境を提案し、長期にわたり運用する職種です。技術に関する知識だけでなく、コミュニケーション能力やプレゼンスキルなども求められます。当記事では、ネットワークエンジニアの具体的な業務内容や必要な資格・スキルについて解説します。

ネットワークエンジニア案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

ネットワークエンジニアの仕事内容
ネットワークエンジニアに有効な資格・スキル
コミュニケーションスキルの必要性

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアとは、ネットワークのインフラを専門に扱うエンジニアです。仕事内容には大きく分けて「設計」「構築」「保守」「運用」の4つがあります。

設計

お客様のネットワーク環境をヒアリングし、どのようなシステムにしたいかを話し合った上で設計書を作成します。お客さまの要望を叶えるために、どのようなネットワーク機器を使うのが最適かを考え、お客様に提案をおこない受注へ繋げます。

構築

設計書が決まったら、実際にネットワークの構築開始です。複数人でチームを結成してお客様の元へ向かい、配線、機器の入れ替えなどを実施します。

作業中、配線が届かなかったり、機器を配置したい場所に他の機器が置いてあったり、と想定外の事態は多々起こります。しかし、リーダーの判断を仰ぎながら時間内で構築を完了させるのがネットワークエンジニアの業務です。

ネットワーク周りに関する知識はもちろん、相応の体力や臨機応変な対応力が求められる場面となります。

保守

構築が終わっても、そこでお客様とのやりとりが完了するわけではありません。ネットワーク環境は会社の動きとともに変化することもありますし、思わぬトラブルが発生することもあります。

何かあった時は迅速にお客様の元へ出向き、障害の原因を素早く特定、回復させるのが保守業務です。

運用

運用では、お客様のネットワークを日々監視し、大きな問題を未然に防ぐよう努めます。大規模なネットワークの場合は監視ツールを導入することもあります。

ネットワーク構築後は保守・運用を維持し、長期に渡ってお客様のネットワーク周りを担当していきます。

関連記事 : ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニア案件を提案してもらう

ネットワークエンジニアに有効な資格・スキル

ネットワークエンジニアに関する資格

国家資格

国家資格には、ネットワークエンジニアに限らずITエンジニア全体に通じる「ITパスポート」や「基本情報技術者」、そしてエンジニア系の資格でも非常に難易度が高いとされる「ネットワークスペシャリスト」があります。

ベンダー資格

ベンダー資格には、世界でも有数のネットワーク機器メーカー・シスコシステムズ社の認定資格である「CCNA」、CCNAの上位資格である「CCNP」があります。

キャリアフレームワークの重要性

IT技術者のスキルは階層化された「キャリアフレームワーク」が存在し、所持している資格によってスキルのレベルが一覧できる仕組みとなっています。

レベル1…ITパスポートを所持しており、ITに関して最低限のスキルを持っている
レベル2…基本情報技術者、CCNAを所持しており、指示に沿った作業ができる
レベル3…CCNPを所持しており、一人で作業をこなすことができる
レベル4…ネットワークスペシャリストを所持しており、プロとして業務をおこない後進の育成もできる

レベル5以上の階層も存在しますが、まずはレベル1からコツコツと取得を目指しましょう。

ネットワークエンジニアに関する技術

ネットワークエンジニアに必要なスキルは、一般的なものとしてスイッチングやルーティングをはじめ、TCP、IPのスキルなどが代表的です。

業務によってはシステムエンジニア、サーバエンジニアと重複することがあり、企業によっても業務内容はさまざまなので、上記の技術に限らず幅広い技術を求められます。

企業の業務内容、自分の業務範囲をチェックし、必要なスキルや技術を磨いておきましょう。

関連記事 : ネットワークエンジニアの将来性について

コミュニケーションスキルの必要性

一般的に、エンジニアにはコミュニケーションに苦手意識を持っている人が多いようです。

しかしエンジニアの世界で必要とされるコミュニケーション能力は、「相手の話をしっかり聞き、意図を汲み取ること」と言われています。いわゆる「体育会系でハキハキしている」とか、「明るい性格でジョークが得意」といったコミュニケーションとは方向性が違うものであると言えます。

エンジニアの世界でも、とりわけネットワークエンジニアはチーム体制で業務をおこなうため、意思疎通のためのコミュニケーション能力は必須となります。スタンドプレーばかりではチーム全体の動きが統一できず、業務の効率が悪くなってしまいます。

またお客様と対面してヒアリングをおこない、要望に沿ったネットワーク環境を構築するためには、相手の話を聞く傾聴スキルや、最良の提案をするためのプレゼンスキルも求められます。さらに顧客のオフィスへ訪問し、現場で話し合いながらネットワークを開設し、その後も長期的な運用・保守にあたります。

その中で新しいシステムの導入依頼や、次の顧客獲得に繋がるような話もあるでしょう。顧客から「この人になら何でも話せる」と思ってもらえるような、信頼度の高いネットワークエンジニアを目指しましょう。

関連記事 : フリーランスだからこそ必要!仕事を依頼したいと思わせるコミュニケーション術に関する記事まとめ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

ネットワークエンジニア案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方へ
ネットワークエンジニアの求人・案件
東京エリアでのネットワークエンジニアの求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとネットワークエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.