目標設定のポイントは3つ!
フリーランスの目標の立て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスの場合、目標を立てる際には「短期間」「現実的」「具体的」を意識している方が多いようです。この3つを意識すれば目標を達成しやすくなり、繰り返し成功体験を積むことでモチベーションを高められると考えられます。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

成功体験を生み出す目標設定方法

仕事のスケジュールや金銭面、対人関係などをすべて自分で管理するフリーランス。働き方の自由さと引き換えに、しっかりとしたプラン立てが必要になります。

今回はその目標の立て方について、実例を参考にしながら解説しましょう。

まず、期間を限定して達成できる目標を立てると良いでしょう。

はじめのうちは1ヶ月~3ヶ月ほどで達成できるものがベター。最初から目標が大きすぎてしまうと、達成できなかった時の挫折感も大きくなってしまいます。

また、ゴールが見える位置にあるので、ペース配分を考えながら計画的に目標に進むことが可能です。目標の締め切りを自分で設定することで、程よいプレッシャーをかけながら作業に励むこともできるようになるでしょう。

次に大切なのは、具体的で現実的な目標を設定する、ということ。

「3ヶ月後までに収入を◯万円に増やす」「今月は◯件案件に参画する」など、自分の現状から考えて無理のない程度で、なおかつ成長を感じられるような目標を立てている方が多いようです。

その目標を達成するために、自分に足りない技術や知識を見直すきっかけにもなります。それを身につけるためにはどういったことを学んだり、経験したりすれば良いのか考えることで、さらに具体的な道標が見えてくることでしょう。

以上のような目標設定をすることにより「成功体験」を繰り返し感じられるようになるため、モチベーションアップにつながる可能性が高いといわれています。

最終的なゴールとなる大きな目標を立てることももちろん大切ですが、フリーランスの方の場合はその過程を細かく刻み、一歩一歩を確実に踏みしめながら進むことも意義のあるポイントです。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。
 

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?