フリーランスとフリーターの違い

F.Y 28歳 女性

F.Y 28歳 女性

フリーランスとフリーターの違いについて教えてください。

フリーターが主にアルバイトとして雇用される人を指すのに対し、フリーランスは特定の企業に属さずに働くワークスタイルのことを言います。本記事では両者の言葉の意味や違いについて見ていきましょう。

フリーランスになることで解決できる悩みもあります

詳しい解説はこちら

1.未だ混同されることも多い、「フリーランス」と「フリーター」

本記事ではフリーランス、およびフリーターの違いについて主に解説します。まずは、双方の言葉の意味について確認しましょう。

■フリーランス

フリーランスとは、特定の企業や組織、団体などに所属することなく独立した働き方のことを指します。各クライアントと契約を取り交わし、業務を受託し、遂行した作業に対して単価が発生します。フリーランスの多い業種の例として、各種ITエンジニアやWebデザイナーといったコンピューター関連、イラストレーター・ライターなどのクリエイティブ職などが挙げられます。

■フリーター

フリーターとは、正社員とは異なる雇用形態、とりわけアルバイトによって生計を立てている人を指す言葉です。定職に就かない理由としては、本当にやりたいことを見つけるまでの繋ぎにする、不景気などで正社員の職を得ることが難しい、といったことが挙げられます。

2.フリーランスとフリーターの違いについて

フリーランスとフリーターの違いについて

前項で見た言葉の定義から、フリーランスが独立して活動する働き方であるのに対し、フリーターには雇用されて働くという特徴があることがわかります。本項では、両者の違いについて更に詳しく見ていくことにしましょう。

■専門知識・スキル

フリーランスとして活動するためには、何らかの得意分野・専門分野を持つことが大切になります。契約を結ぶにあたり、単価を支払うのに値する高い能力が求められるからです。一方フリーターは、正社員の補助的な立ち位置であることが多いです。必ずしも専門性を要するということはなく、未経験からチャレンジできるケースもあります。

■働き方

フリーランスは、クライアントとの契約時に定めた業務を遂行します。雇用契約ではないため、作業場所や時間などもある程度フリーランス自身の意思が反映されます。それに対しフリーターの働き方は、雇用契約による制約があるのが基本です。大抵の場合は職場に出勤して作業を行い、雇用者に進行を管理される立場にあります。

■報酬

フリーランスの報酬は、クライアントとの交渉によって決まります。個人の能力次第では、高い収入を得られる可能性があります。その点フリーターは、時間当たりの単価によって収入が決まります。

3.フリーランスのメリット

以上がフリーランスとフリーターの主な違いです。最後に、フリーランスのメリットをいくつか挙げて紹介します。

■案件を選べる

自身の得意分野やキャリアの方向性に合った案件を選べるのは、フリーランスのメリットの1つと言えるでしょう。加えて、不得意なことに関わるストレスを軽減できるという面もあります。

■収入アップを狙える

時給制のフリーターと比べ、フリーランスはスキルに応じ、クライアントと協議してて報酬を決めます。高単価案件に参画できるだけのスキルを持っていれば収入アップを狙えるでしょう。

■働き方の自由度が高まる

前述の通り、フリーランスは実力がものを言う働き方です。その分、会社員やフリーターと比べて業務環境への制約も少ない傾向があります。また、メインの案件以外に副業を持っているフリーランスの方もいます。

レバテックフリーランスでは、フリーランス転向をお考えの方向けに個別相談会を実施しています。自分のスキルでフリーランスになれるのか、単価はどれくらいになるのかなど、フリーランスになるにあたっての不安に対しても親身に対応させていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.