フリーランスは40代から目指せる?実態と知っておくべきポイントを解説

働き方の多様化が進み、年代を問わずフリーランスとして働くことを希望する人は増加傾向です。実際に、40代からフリーランスとして働きたいと考える方も多くいるでしょう。

この記事では、フリーランスの年齢層の実態や40代からフリーランスになるメリット、注意点を紹介します。また、フリーランスとして独立する際に押さえておくべきポイントやおすすめの仕事についても解説しているので、独立を迷う方はぜひ参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスは40代から目指せる?

定年のないフリーランスは、40代から始めても働くことが可能です。ただし、40代以降のフリーランスの場合、受注できる案件数が少なくなることもあります。そのため、仮にフリーランスとして働き始めたとしても、安定した案件数と生活できるだけの収入が保障されるわけではないことを念頭に置いておきましょう

また、年齢を重ねるごとに体力が落ちることも考えられ、身体的な面での限界を感じる可能性もあります。健康管理を徹底し、年齢を重ねても働き続けられるよう対策しておきましょう。

しかし、「いつまでも働けるから大丈夫」と考えるのではなく、ある程度リタイアの目安は決めておき将来設計することが大切です

フリーランスになれるか相談する

40代以上が7割!フリーランスの年齢割合

内閣官房日本経済再生総合事務局「フリーランス実態調査結果」を見ると、フリーランスの年齢割合は40代以上の世代が7割を占めていることが分かります

ただし、職種によっても年齢層は変わってきます。フリーランスエンジニアの年齢層の参考として、2020年時点のレバテックフリーランス登録者の年齢層を見ると、最も多いのが20代。特に多いのが25~29歳で、登録者全体の30%以上を占めています。40~44歳は全体の10%弱、44~49歳は5%強という割合にとどまり、50代以上になるとさらに割合は減っていきます。なお、これはレバテックフリーランスの登録者に限定した数字であり、フリーランスエンジニア全体を表したものではありません。

※参考:「フリーランス実態調査結果」|内閣官房日本経済再生総合事務局
※参考:【2020年12月発表】ITエンジニア動向総まとめ-データで見るレバテック-|レバテックキャリア

フリーランス700人に聞いた!IT業界の収入やキャリアに関する5つの質問」では、年齢層以外にも、満足度や収入の推移といったフリーランスの実態について詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

40代からフリーランスになるメリット

40代からフリーランスになることで得られるメリットは数多くあります。

  • 自由度が高い働き方ができる
  • 少ない初期投資で始められる
  • ワークライフバランスを実現しやすい
  • これまでの経験を活かして働ける
  • 成果次第で収入アップを目指せる

ここでは、上記5つのメリットについて解説します。

自由度が高い働き方ができる

フリーランスのメリットは自由度が高い働き方ができることです。案件の契約内容にもよりますが、フリーランスは会社員とは違い、働く場所や時間をすべて自分で決めることができます。職場での細かいルールや人間関係、毎日の通勤などにストレスを感じていた人は、それらから開放され、心に余裕を持って働くことができるでしょう。

少ない初期投資で始められる

選ぶ職種により違いはありますが、ITエンジニアやWeb関連の仕事であれば、パソコンとインターネットに接続できる環境さえ用意できればフリーランスとして独立することが可能です。初期投資をほとんどかけることなく始められるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

ワークライフバランスを実現しやすい

フリーランスであれば、自分のライフスタイルに合わせて仕事量をコントロールできます。40代以上の場合、家事や育児、介護などと両立して働きたいと考える人も多いでしょう。会社員の場合、企業の方針やルールによってはワークライフバランスを実現できないこともあります。しかし、フリーランスであれば、自分が働きやすい環境を自らの裁量で作ることが可能です

これまでの経験を活かして働ける

フリーランスとして働く際に、前職で得た経験を活かせる場面は数多くあります。たとえば、前職で営業の経験がある場合や、営業を経験していなくても十分な人脈を築いていれば、案件獲得に役立てることができるでしょう。そのほかにも、これまでの仕事経験で得た自分なりの付加価値があれば、大きなアピールポイントになりフリーランスとして成功しやすくなります

成果次第で収入アップを目指せる

フリーランスは会社員とは違い、対応した案件に対して報酬が支払われるため、高単価の案件を数多くこなせば、高収入を得ることも可能です。自分の頑張り次第では、会社員のときよりも収入をアップさせることもできるでしょう。

フリーランスエンジニアのメリット」では、メリットだけでなくデメリットについても解説しています。40代からフリーランスを目指すか否か迷っている方は、こちらもぜひご参照ください。

フリーランスになれるか相談する

40代からフリーランスになるには

40代からフリーランスを目指す方が押さえておくべきポイントは以下のとおりです。

  • 具体的な計画を立てて準備を行う
  • 自分の経験を活かす
  • エージェントやクラウドソーシングを利用する
  • リスクにも向き合う
  • お金に関する知識を身につける
  • まずは副業から始める

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

具体的な計画を立てて準備を行う

40代からフリーランスになることを目指す場合は計画を立てて、十分な準備を行うことが大切です。計画を立てる際には、以下の3つについて考えましょう。

  • フリーランスとして独立する時期
  • フリーランスで働く分野
  • 案件を獲得するための方法

具体的にフリーランスになる時期を決めておくことで、「いつまでに何をしなければならないか」を逆算して考えることができ、今しなければならない準備も見えてくるはずです。

また、フリーランスで働きたい分野を決めれば、必要なスキルや不足しているスキルも明確化でき、早い段階からスキル磨きに取り組むことができるでしょう。

さらに、事前に案件獲得のための経路を考え、確保しておくことも大切です。繰り返しになりますが、フリーランスとしてはじめから安定した収入を得られる保証はありません。収入が得られなくても、ある程度は生活を維持できるだけのお金の準備をしておきましょう。

自分の経験を活かす

自分の過去の経歴や評価、プロジェクト参加の経験などを強みにして、案件獲得を目指しましょう。自分の付加価値や強みを持つことは、年代に関わらず重要ですが、特に、40代以降のフリーランスにとっては必要なことといえます。

また、過去の経歴や経験のみを強みとするのではなく、日々スキルアップに努め、時代に順応した付加価値を付けていくことがフリーランスとして働くうえで重要なポイントです

エージェントやクラウドソーシングを利用する

40代以降のフリーランスの場合、仮にスキルは高くても、年齢の壁によりなかなか案件が獲得できないといったこともあるでしょう。その場合、エンジニア向けのエージェントやクラウドソーシングを利用し、効率良く案件を探すことがポイントになります。条件を絞って検索できたり、希望条件をエージェントの担当者に相談したりできるので、一人で案件を探すよりスムーズでしょう。

ただし、サービスによっては、取り扱う案件が20代・30代向けのものが中心で、40代以上のフリーランスが受注できる案件がなかなか見つからない場合も。サービスごとの特徴や紹介実績などを事前に確認しておくことが大切です。

レバテックフリーランスでは、「40代以上の方向けの案件」も紹介しています。詳しい案件内容を確認したい方は、ぜひチェックしてみてください。

リスクにも向き合う

フリーランスとして活動を続けるためには、年齢などから生じるリスクへの対策もしっかり行いましょう。フリーランスは企業に属する会社員と比べて収入が不安定な面もあるほか、原則として労働法による保護を受けて働くことはできず、独立すれば厚生年金の加入資格も喪失します。そのため、日頃から貯蓄や体調管理には気を遣う必要があるでしょう

お金に関する知識を身につける

40代からフリーランスになることを目指す方は、事前にお金に関する知識を身につけておきましょう。フリーランスは、売上や経費、税金など、仕事にまつわるお金の管理をすべて自分で行わなけれなりません。これらは、適切な管理ができていないと、ときには違法と判断されてしまう可能性もあります。お金に関しての知識に自信がない人は、しっかりと勉強しておきましょう。

フリーランスが知っておきたい経費になるもの・ならないもの」では、フリーランスの経費について紹介しています。また、確定申告については、「フリーランスエンジニアの確定申告|必要な作業や節税対策について解説」で詳しく解説しているので、フリーランスになる前にぜひご確認ください。

まずは副業から始める

スキルや実績に自信がない場合は、まずは副業で始められるフリーランスの案件をこなし、実績を積んでから本格的に独立を目指すのも一つの手です

先述したとおり、フリーランスは自由度が高い働き方ができますが、その分、収入が不安定になりやすいなどのリスクも伴います。また、フリーランスの案件では、スキルや実績が重視される傾向も高いです。リスクをできるだけ回避し、安定して案件を獲得するためにも、特にスキルや実績があまりない40代の方は、副業でフリーランスとしての活動をスタートさせることをおすすめします。

副業については、「エンジニアの副業で土日や週1の案件はある?メリット&収入アップのコツとあわせて解説」でも紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの40代の課題

ここでは、40代のフリーランスが直面しうる4つの課題について解説します。

  • 案件獲得が難しくなる場合がある
  • 体力の低下
  • 最新技術のキャッチアップが難しい
  • 家族の理解が必要な場合がある

今後、自分が直面するかもしれない課題をあらかじめ把握しておけば、焦ることなく対策を講じることができるでしょう。

案件獲得が難しくなる場合がある

先に述べたとおり、フリーランスは年齢を重ねるごとに受注できる案件が制限されることも考えられます。思うように案件が獲得できず、収入が不安定になってしまう可能性もあることを視野に入れて、年齢を重ねても需要が高いスキルはどんなものか調べて習得しておくなど、対策を打っておきましょう。

体力の低下

一般的には年齢を重ねるとともに、体力・気力は衰えやすくなります。デスクワークだとしても長時間パソコンに向かうことで疲労することも多いので、日頃から仕事に必要な体力を維持できるように心がけておきましょう。

最新技術のキャッチアップが難しい

とくにIT業界で働くフリーランスエンジニアなどは、年齢を重ねていくと、日々進歩する技術をキャッチアップし、習得することに難しさを感じることも多いようです。業界内のトレンドやニーズに敏感でいること、また常に成長していくという姿勢を持っておくことが大切でしょう。

家族の理解が必要な場合がある

扶養家族がいる場合は、フリーランスという働き方を選択することについて、家族と十分に話し合い、同意を得る必要があるでしょう。フリーランスのメリットだけでなく、収入が不安定になる可能性があるといったデメリットやリスク対策についても説明し、納得してもらうことが大切です。家族の理解があれば、安心してフリーランスの仕事に邁進することができます。

フリーランスが抱えがちな課題と解決策については、「フリーランスで仕事がない!その理由と解決策を解説」でも紹介しています。40代からフリーランスを目指す方はぜひこちらも参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスが40代から活躍し続けるには

ここでは、フリーランスが40代から活躍し続けるための2つのポイントをお伝えします。

  • 長く続けられる働き方を意識する
  • ニーズのあるスキルを習得する

上記で挙げたポイントについて、見ていきましょう。

長く続けられる働き方を意識する

フリーランスとして長く働くためには、目の前の案件をこなしていくだけでなく、長期的に働き続けられる仕組みを作ることが大切です。体力的に無理のない仕事、需要が途切れない仕事にシフトするために必要なスキルを身につけておくなど、将来を見据えて計画を練っておきましょう。

ニーズのあるスキルを習得する

その時代のニーズに合ったスキルを身につけるよう心がけましょう。在宅学習をしたり、講座に通ったりと、トレンドに対応していくための努力を惜しまないことが大切です
 

フリーランスになれるか相談する

40代からフリーランスを目指す人におすすめの仕事

40代からフリーランスを目指す人には以下のような仕事がおすすめです。

  • Webライター
  • 動画編集
  • ブログの運営
  • ITエンジニア(システムエンジニア、プログラマー、Webデザイナー)
  • 代行ビジネス

Webライターや動画編集、ブログの運営、ITエンジニアといった仕事であれば、Webを活用して在宅ワークをすることも可能なため、体力に不安を抱えがちな40代以上の方におすすめです。

また、近年は、企業外で業務を一部外注する「代行ビジネス」の需要も増加傾向にあります。前職までの経験を活かせる業務の代行の仕事であれば、フリーランスとして活躍しやすいでしょう。

フリーランスの仕事内容|タイプ別の職種・仕事内容、年収を紹介」では、フリーランスの仕事をタイプ別に詳しく紹介しています。仕事選びに悩む方はぜひ参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスを目指す40代によくある質問

ここでは、フリーランスを目指す40代によくある質問を紹介します。ぜひ参考にしてください。

Q. フリーランスとして働く40代の平均年収は?

A. 中小企業庁による「フリーランスとして得ている現在の年収(年齢別)」の調査では、40代のフリーランスの平均年収で最も多かったのは100万~300万円で全体の37.1%、次いで多いのは、300万~500万円で全体の26.9%という結果が出ています。500万円以上の年収を得るフリーランスも存在しますが、全体の14.5%ほどと割合としては多くはありません。

フリーランスの年収は、スキルレベルや経験、働き方などに大きく左右されるため個人差があり、一概に「いくら」と言うことはできません。しかし、上記の調査結果は一つの目安として参考にすることができるでしょう。

参考:「小規模事業者の事業活動の実態把握調査~フリーランス事業者調査編」|中小企業庁

Q. 40代からフリーランスとして独立したいけれどスキルに自信がない…

A. スキルに自信がない場合は、はじめからフリーランスになるのではなく、まずは副業などで、自分のスキルレベルで対応可能な案件から挑戦してみましょう。低単価の小さな案件でも数をこなせばスキルを磨くことができ、実績にもなります。

フリーランスが高単価な案件を獲得するには、高いスキルや実績が必要です。特に40代以上のフリーランスはこれらを重視される傾向にあります。こつこつと実績を積み、一定レベル以上のスキルを身につけ、安定して案件を獲得できる目処がついてから、フリーランスになることを検討すると良いでしょう。

Q. フリーランスを目指す40代が意識すべきことは?

A. 40代に限らず、どの年代でもフリーランスにはセルフマネジメントスキルが求められます。案件を期日内に納品するためのスケジューリングはもちろん、仕事への向き合い方も自分で厳しく管理しなければなりません。また、40代以上は特に、健康面もしっかりとセルフマネジメントする必要があるでしょう。

Q. 40代でフリーランスになるか迷う場合の判断ポイントは?

A. 40代でフリーランスになる際には、「本気でキャリアの軸にしたいと思える分野があるか」「案件を獲得するのに十分な人脈やスキルがあるか」「リスクへの対策はできているか」の3つを判断ポイントにすると良いでしょう。いずれも、フリーランスとして働くうえで、欠かせないポイントです。

Q. 40代でフリーランスになると会社員に出戻るのは難しい?

A. スキルや実績があれば別ですが、一般的に年齢が上がるほど会社員に出戻る難易度は高くなる傾向があります。40代でフリーランスを目指す際には、独立に失敗した場合のリスクに備えておくと同時に、その後のキャリアについても考えておくことが大切です。

※本記事は2022年8月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと40代活躍中の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。