オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

カスタマーエンジニア(CE)の平均年収|仕事内容や転職に必要なスキル、資格は?

カスタマーエンジニア(CE)はハードウェア、ソフトウェア、ファシリティマネジメントなど、業務領域が広範囲にわたる職種といえるため、年収は実際の仕事内容やスキルによって幅があります。本記事では、カスタマーエンジニアの年収のほか、年収アップに役立つ可能性があるスキル、資格などについても解説していきます。

カスタマーエンジニア案件を
提案してもらう

目次

カスタマーエンジニア(CE)の平均年収
カスタマーエンジニア(CE)の仕事内容
カスタマーエンジニア(CE)になるには
カスタマーエンジニア(CE)の年収アップに必要なスキル
カスタマーエンジニア(CE)の年収アップに役立つ資格
カスタマーエンジニア(CE)の年収に関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

カスタマーエンジニア(CE)の平均年収

経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が策定した「ITスキル標準V3」における「カスタマサービス」の職種説明をもとにすると、カスタマーエンジニアは顧客の環境に最適なシステム基盤に合致したハードウェア・ソフトウェアの導入、カスタマイズ、保守、修理や、システム基盤の管理、サポートなどを担う職種です。

※参考 : 経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「職種の概要と達成度指標(9)カスタマサービス」

カスタマーエンジニアの平均年収の参考として、経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」にあるITエンジニアの職種別の年収データから、上記の仕事内容に近い職種の平均年収を紹介すると、情報サービス・ソフトウェア関連企業における「IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用)」の平均年収は608.6万円、「IT保守(顧客向け情報システムの保守・サポート)」の平均年収は592.2万円、インターネット関連企業における「顧客サポート/ヘルプデスク」の平均年収は390.9万円となっています。

※参考 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

関連記事 : ITエンジニアの平均年収と給料事情|年収1000万円を目指すには?

カスタマーエンジニア案件を
提案してもらう

カスタマーエンジニア(CE)の仕事内容

カスタマーエンジニアの仕事内容には幅があるため、ここでは「職種の概要と達成度指標(9)カスタマサービス」の資料にもとづいて紹介していきます。

ITスキル標準V3の定義をもとにすると、カスタマーエンジニアの仕事内容は「ハードウェア」「ソフトウェア」「ファシリティマネジメント」の3つの専門分野に分けられるといえます。

ハードウェア

コンピュータ・関連機器・ネットワーク製品といったハードウェアについて、導入や据え付け、構成管理、機能維持・拡張、障害修復などをすみやかに行うとともに、クライアントへの操作指導や改善提案などを行います。

また、上位レベルにおいては、クライアントのシステムプラットフォーム全般について、品質管理や問題解決の統制(トラブルの未然防止、リスク回避、早期復旧など)、基盤システムの管理・サポートといったマネジメントも担当します。

ソフトウェア

コンピュータプログラム・ソフトウェア製品・ネットワークといったソフトウェアの導入・配信、セットアップ、機能維持・拡張、構成変更、障害修復のほか、クライアントへの操作指導や改善提案などを行います。

上位レベルにおいては、ハードウェアと同様に、品質管理や問題解決の統制、基盤システムの管理・サポートといったマネジメントも担います。

ファシリティマネジメント

場合によっては電源・空調などを含め、ITに関わる施設インフラの総合的な管理を行います。

商談企画から工事設計・構築、検査・竣工、保守・運用までを管理・実施し、それらの品質に責任を持つ役割を担います。

関連記事 : CE(カスタマーエンジニア)の仕事内容とは

カスタマーエンジニア(CE)になるには

カスタマーエンジニアになる方法として、未経験から新卒で就職する、プログラマーやSEから転職する、インフラエンジニアから転職するという3つの方法を紹介します。

未経験から新卒で就職する

未経験から新卒でカスタマーエンジニアとして就職する場合は、研修を受けた後、しばらくは先輩社員について一部の業務を担当するというのが一般的な流れといえます。出身学部が文系であってもカスタマーエンジニアになることは可能ですが、企業の採用方針によっては大学の理系学部などで関連する知識を学んでいると、就職が有利になる可能性もあります。

プログラマーやSEから転職する

プログラマーやSEからカスタマーエンジニアに転職することも可能です。顧客対応においては、システム開発の経験から培った専門知識やスキルを活かすことができるでしょう。

インフラエンジニアから転職する

インフラエンジニアからカスタマーエンジニアに転職することも可能です。前述のとおり、カスタマーエンジニアはサーバーやネットワークといったITインフラを扱うこともあるため、インフラエンジニアとしての経験や知識を役立てることができるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアのキャリアパス|転職の選択肢や資格、女性のキャリア形成を解説

カスタマーエンジニア(CE)の年収アップに必要なスキル

経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、IT人材の給与決定において重視される要素として、「ITスキルレベル」と共に「コミュニケーション(マネジメント)能力」を挙げる企業は多く、全体の90%以上にのぼっています。

上記を踏まえ、カスタマーエンジニアの年収アップに必要なスキルの例を紹介しましょう。

コミュニケーションスキル

カスタマーエンジニアは一般的に顧客と接する機会が多い仕事であり、コミュニケーションスキルは重要になります。ITスキル標準V3の「スキル領域とスキル熟達度(9)カスタマサービス」の資料では、具体的に「2Wayコミュニケーション」「情報伝達」「情報の整理・分析・検索」が、職種共通のスキル項目として挙げられています。

※参考 : 経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「スキル領域とスキル熟達度(9)カスタマサービス」

マネジメントスキル

カスタマーエンジニアとしてマネジメントに携われるようになると、年収アップにつながる可能性があります。「スキル領域とスキル熟達度(9)カスタマサービス」の資料では、カスタマサービスマネジメントに関するスキルとして「保守サービス設計」「障害対応と保守支援」「クレーム管理」「お客様システム管理」「お客様サポート」「サービスレベル管理」「改善提案」「開発工程(自社・ベンダ)へのフィードバック」が挙げられています。

関連記事 : エンジニアが身につけるべきプラスアルファのスキルまとめ

カスタマーエンジニア(CE)の年収アップに役立つ資格

カスタマーエンジニアの年収アップに役立つ可能性がある資格を3つ紹介します。また、紹介するもの以外にも、ハードウェアを扱うカスタマーエンジニアは、「電気工事士」「認定電気工事従事者」「工事担任者」といった資格が必要になる場合があります。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」にもとづき、情報処理技術者としての知識・技能が一定以上の水準であることを認定する国家試験の「情報処理技術者試験」の中でも特に認知度が高く、ITエンジニアの登竜門とされる資格です。試験勉強を通じてしっかりとした基礎を身につけることにより、その後の応用力の幅が広がるでしょう。

※参考 : 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「基本情報技術者試験」

応用情報技術者試験

基本情報技術者試験に合格後、さらなるレベルアップを図るには、応用情報技術者試験もおすすめです。技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力があることを証明できる資格なので、試験勉強を通じて習得した知識はカスタマーエンジニアの仕事にも役立てることができるでしょう。

※参考 : 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「応用情報技術者試験」

CCNA(シスコ技術者認定試験)

CCNAは、ネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施するシスコ技術者認定試験のうち、アソシエイトレベルにあたる資格で、ネットワークなどに関する基礎知識を証明できます。上位資格にはプロフェッショナルレベルのCCNP、エキスパートレベルのCCIEなどがあります。

※参考 : Cisco「CCNA認定とトレーニングプログラム」

関連記事 : CCNAとLinuC|資格取得するならどっち?試験内容や難易度を紹介

カスタマーエンジニア(CE)の年収に関するよくある質問

カスタマーエンジニアの年収に関するよくある質問と回答をまとめました。

Q. カスタマーエンジニア(CE)の平均年収はいくらですか?

A. カスタマーエンジニアという職種に限定した公的な年収データはないため、経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」から近いと考えられる職種の平均年収を紹介すると、情報サービス・ソフトウェア関連企業で働く「IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用)」の平均年収は608.6万円、「IT保守(顧客向け情報システムの保守・サポート)」の平均年収は592.2万円、インターネット関連企業で働く「顧客サポート/ヘルプデスク」の平均年収は390.9万円となっています。

Q. カスタマーエンジニア(CE)の求人ではどんなスキルや経験が求められますか?

A. カスタマーエンジニアの求人では、CE業務やヘルプデスク業務などに関する一定年数以上の実務経験のほか、客先への移動のため、普通自動車免許の取得が条件となっている場合があります。

Q. カスタマーエンジニア(CE)の仕事のやりがいは何ですか?

A. カスタマーエンジニアは一般的に顧客と接するシーンが多い職種であるため、その分先方から直接感謝の言葉をもらったり、頼りにされたりする機会があることにやりがいを感じるケースは多いでしょう。

関連記事 : カスタマーエンジニアの仕事内容

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

カスタマーエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとカスタマーエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.