必要なのは知識だけではない!
システムエンジニアのスキルについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

SE(システムエンジニア)はクライアントやチームのメンバーと積極的に関わり、進捗管理も行う場合があるため、様々な知識が求められます。

特に「技術に関する知識」、メンバーやスケジュールを管理する「マネジメント能力」、クライアントやチームメンバーとの間で必要な「コミュニケーション能力」は必須といえます。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

SE(システムエンジニア)に必要なスキル

SE(システムエンジニア)は多くのプロジェクトメンバーと関わり、プロジェクト進行の管理も行う立場です。

必要とされるスキルには、大きく分類すると、専門知識・マネジメント能力・コミュニケーション能力の3つが挙げられます。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

専門知識

1.プログラムの知識・能力
2.システム設計・開発の知識
3.ハードウェア・ソフトウェア、データベースなど、言語以外の技術知識
4.システムテストに関する知識

SEは開発プロジェクトを管理することも多く、実際にプログラミングを行い開発をするプログラマに対して指示・指導を行います。そのため、プログラミングに関する基礎知識は必須です。

また、プロジェクトの一連の流れを把握するためにも、関連業務の幅広い知識が求められます。IT技術は変化が激しいので、最新情報をキャッチアップすることも大切です。

マネジメント能力

1.プロジェクト全体の進捗管理能力
2.プログラマへの的確な指示
3.業務の振り分けと人員調整
4.システムの品質の担保
5.設計書を含めた文書作成能力

一つの案件には期間が定められており、締め切りまでに顧客の求めるシステムを確実に開発しなければいけません。そのため、システムエンジニアには、業務・人員をしっかり管理し、プロジェクト全体を管理するスキルが求められます。

コミュニケーション能力

1.クライアントの要望を聞き出し、よりよい信頼関係を構築するための能力
2.プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー・プログラマなどプロジェクトメンバーと仕事を円滑に行うための能力

SE(システムエンジニア)が深く関わりを持つのはクライアントとプロジェクトメンバーです。

一口にコミュニケーション能力と言っても、状況によって必要な能力は異なります。

顧客を相手にした場合に必要なのは、ヒアリング能力やプレゼンテーション能力です。高いコミュニケーション能力があってこそ、要求を把握して適切な提案をすることができ、信頼を得られます。

また、プロジェクトメンバーとは、より良いシステム開発のため、指導したり、論議を交わすことが多いです。業務を円滑に進めるため、日頃からコミュニケーションを図っておくことが大切です。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?