副業する際の注意点についても解説
個人事業主と正社員の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

正社員の方の中には、収入アップを図りたい、スキルを磨きたい分野があるといった理由から、副業したり個人事業主として働いたりすることに興味がある人もいるでしょう。正社員は条件が整えば副業できますが、目的を果たすためには知っておくべき注意点があります。

ここでは、正社員の方が副業する際の留意事項や個人事業主のメリット・デメリットをご紹介するほか、正社員と個人事業主を両立するメリットについて解説します。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 正社員は副業できる?
2. 個人事業主のメリットとデメリット
3. 正社員と個人事業主を両立するメリット

1. 正社員は副業できる?

正社員として働いている人の中には、「もう少し収入が欲しいので、副業しようか考えている」「チャレンジしたい分野があり、まずは副業で始めようと思っている」という方もいるでしょう。もし正社員として働きつつ副業しようと考えているなら、下記の2点に注意する必要があります。

就業規則を確認する

企業によっては、就業規則で副業が禁止されているケースがあります。「バレなければ大丈夫だろう…」と軽い気持ちで始めると後々トラブルに発展する可能性があるため、禁止されているときはやめましょう。

本業に支障が出ないよう注意する

副業する際は、スケジュール管理や体調管理に注意が必要です。「なるべく多く収入を得たいから…」と休む時間を十分にとらずに副業した場合、疲れから本業に集中できなかったり、体調を崩して同僚に迷惑をかけてしまったりする恐れがあります。

会社でそれまで築いてきた信頼関係に悪影響を与えることがないよう、本業とのバランスを考えてスケジュールを組むことが大切です。

正社員の方の中には、副業で個人事業主として活動している人もいるようです。個人事業主は、個人で事業を行う人のことを指します。似ている用語にフリーランスがあり、こちらは案件ごとに契約を結ぶ働き方を意味します。

企業と雇用関係を結ぶ正社員・アルバイト等とは異なり、個人事業主やフリーランスは特定の企業や団体に所属せずに独立して働くのが特徴です。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 個人事業主のメリットとデメリット

個人事業主は、正社員と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
まずはメリットの例を3つご紹介します。

業務を自由に選べる

正社員は、役職や所属する部署によって携わる業務が決まるため、やりたいと思っている仕事になかなかチャレンジできないこともあるでしょう。個人事業主であれば受注する案件を選べるため、より高いモチベーションで業務に取り組めると考えられます。

スキル、経験次第で収入アップを目指せる

正社員の場合は勤続年数や実績、役職、資格の有無等によって収入が増減しますが、昇給を目指したとしても、短期間で大幅な収入アップを実現するのは難しいでしょう。個人事業主は案件によって単価が異なるため、スキルや経験があればよりレベルの高い案件を受注し、収入アップを図れると考えられます。

働く時間を自分で決められる

正社員として働いている場合、出社・退社時間が決まっている方は多いと考えられます。個人事業主は業務を始めるタイミングや作業時間を自分で決められるので、プライベートとの両立を図りやすいでしょう。ただし常駐型案件では、作業時間を自由に決めることが難しいケースもあります。

ここまで個人事業主のメリットをご紹介しましたが、デメリットの例としては下記の3つが挙げられます。

収入が不安定

正社員は毎月一定の収入を得ることができますが、個人事業主は営業活動や受注する案件によって収入が変わります。体調を崩して業務が進まなかったときは、その分収入が減ってしまうという点に気をつけなければなりません。

相談相手が身近にいない

業務に関して悩みがあるとき、正社員であれば上司や同僚に相談できるでしょう。個人事業主は従業員を雇わなければ一人で作業することになるため、「安定的に案件を受注できなくで悩んでいるけれど、誰に相談したら良いのか…」と孤独を感じてしまうことがあると考えられます。

もしフリーランスとして活動するなら、フリーランス専門のエージェントに登録すると案件を提案してもらえたりキャリアについて相談したりできます。「自分の市場価値を知りたい」「フリーランスとして活動するための手続きを知りたい」といったときにも活用を検討すると良いでしょう。

社会的信用度が低い

収入が不安定といった理由から、正社員に比べるとローンを組む際などに不利になりやすいといわれています。また、個人事業主として活動する際は一からクライアントと信頼関係を築く必要があり、安定的に案件を受注できるようになるまで時間を要すると考えられます。個人事業主としての活動をスムーズに進めるには、日々の業務を着実にこなし、結果を出すことが大切になるでしょう。

3. 正社員と個人事業主を両立するメリット

正社員と個人事業主を両立するメリットとして、下記の2つが挙げられます。

一定の収入を得た上で活動できる

個人事業主に興味がある方の中には、「いきなり会社を辞めて独立するのはリスクが高そう…」「興味のある分野が自分に向いているかわからないので、まずは副業でチャレンジしてみたい」と考えている方もいるでしょう。

正社員として働いていれば毎月一定の収入を得られるので、個人事業主としての活動がスムーズに進まなかったとしても、経済面への影響は少ないと考えられます。また、副業で個人事業主として活動し、理想と現実のギャップが埋まらないのであれば、本業だけの働き方に戻ることも可能です。

厚生年金や健康保険に加入したまま活動できる

正社員が加入する社会保険は厚生年金や健康保険等ですが、もし正社員を辞めて個人事業主として活動するなら、任意継続の手続き等をする場合を除き国民年金と国民健康保険に加入することになります。

厚生年金の方が将来受けとれる年金が多い、健康保険に加入していれば傷病手当金や出産手当金を受けとれるといった理由から、社会保険の面でも正社員と個人事業主を両立するメリットはあるといえるでしょう。

参考:平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がっています!(社会保険の適用拡大) | 厚生労働省
 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。


※本記事は平成31年1月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?