ITストラテジスト の求人・案件一覧

ITストラテジストは、経済産業省が認定する情報処理技術者試験のひとつです。
システムの開発サイドの「システムアナリスト」と運用サイドの「上級システムアドミニストレータ」の資格を統合し新設された、情報処理技術者試験のレベル4に属する資格です。
近年のクラウドコンピューティングの普及が進み、IT技術を活用した業務効率化やコスト削減を目指す企業が急増しています。
そのため、企業の経営戦略を策定・提案でき、高度なスキルの証明にもなるITストラテジストへのニーズが高まっているのです。今後はさらに、組み込み系のシステム開発や適切な情報システムの策定などの求人・案件でITストラテジストが推奨されていくと予想されます。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

【ITストラテジスト】の求人・案件をお探しの方へ
レバテックフリーランスに相談してみませんか?

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

ITストラテジストについて

ITストラテジストの知識とスキルを用いた業務内容は、以下の三つの流れで進められます。

1:企業の業務内容を詳細に調査し、課題となるポイントを見極める。
2:課題解決や戦略に向け、システム運用時に明確な効果が現れるように概略設計および構築を行う。
3:経営陣へ対するIT技術を用いた情報戦略の立案・企画・コンサルティングなど、経営者目線でのプレゼンテーションを行う。

企業の業務改善や新規事業の立ち上げを行う場合に、IT技術を用いて経営戦略や策定を行うITストラテジストのスキルは、今後もさまざまな求人・案件においてますますニーズが高まると予想されます。
近年、ITストラテジストを取得する技術者が増加している背景には、自分の付加価値をつけキャリアを証明するという要因があります。
取得後は、SOAやSaaS、そのほかe-ビジネスなどを含むクラウドコンピューティング領域の求人・案件だけでなく、グローバル事業、ITコンサルティング、シンクタンクでの活躍が期待できるでしょう。
なお、ITストラテジストの受講資格には制限は特になく、経営課題の分析スキルを学びたい技術者であれば、誰でも受講がすることが可能です。これから、フリーランスを目指す方やよりキャリアを積んで活躍の幅を広げたいプログラマにとって、有益な資格だと言えるでしょう。


おすすめのキーワードから探す
VBA プログラマーの求人・案件募集 ゲームプログラマの求人・案件募集 大阪 社内SEの求人・案件募集

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

おすすめコンテンツ

お悩みコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.