フリーランスなら知っておきたい!確定申告とは何をするのか情報まとめ
確定申告とはどんなもの?フリーランスが押さえておきたい基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスなら知っておきたい確定申告のこと。確定申告が不要になる場合の条件や青色申告と白色申告の違いなどをまとめました。申告漏れのペナルティについても解説しているので、フリーランスの方は必見です。

フリーランスの働き方について話を聞く

0. 目次

1. 確定申告の概要
2. 白色申告と青色申告それぞれの特徴
3. 確定申告の注意点

1. 確定申告の概要

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算し、税務署に「所得税をいくら支払うか」を申告するもの。会社員の場合は勤めている会社で年末調整を行うことで確定申告の代わりとすることができますが、フリーランスの場合は自分で所得税の確定申告を行う必要があります。
よく耳にする白色申告と青色申告は、個人事業主が行う確定申告の方法です。

【フリーランスとして確定申告が不要なケース】

フリーランスが全員確定申告をしなければならないわけではありません。
税務署に個人事業主として開業届を提出していたとしても、赤字決算が明らかになっている場合や、所得が38万円以下の場合であれば所得税を納める義務がないので確定申告の必要はなくなります。

また、所得が38万円を超えている場合であっても、社会保険料や各種控除を差し引いてマイナスとなる場合にも納税義務はありません。

その他、フリーランスのイラストレーターやライターなどは報酬を受け取る際に予め10.21%の源泉徴収が行われることになっています。そのため、源泉徴収された金額が納めるべき税額を上回ってしまうことも。
確定申告を行えば払い過ぎた分の税金が還付金として払い戻されますが、その受取を放棄する場合にも確定申告は不要です。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 白色申告と青色申告それぞれの特徴

フリーランスの確定申告には白色申告と青色申告の2種類があることを説明しました。
この項目では、それぞれの特徴やメリットについて解説します。

■白色申告とは

白色申告は、青色申告と比較して簡易な記帳で済む代わりに、節税効果が高くない申告方法です。
青色申告を行う人は青色申告者と呼ばれ、それを除く人は白色申告者と呼ばれます。

以前は白色申告の場合記帳が義務化されていませんでしたが、平成26年1月からは記帳と記録保存が義務付けられることに。そのため、帳簿付けと領収書などの書類保存は必要ですが、それでも青色申告よりは簡単なので、確定申告のための記帳が手間だと思う人には適しているでしょう。

■青色申告とは

青色申告は、複式簿記による正確な記帳を行っている納税者に対して、さまざまな特典が与えられる申告方法です。
複式簿記は白色申告の記帳に比べ複雑である他、申告のために必要な書類が白色申告よりも多いなど手間のかかる方法ではありますが、年間最大65万円の青色申告特別控除が行われるなど、メリットも大きいのが特徴。
その他にも、昨年の赤字を今年の黒字から差し引くことができる純損失の繰越控除(繰戻し還付)が行えるなど、節税効果の高い申告方法と言えるでしょう。

3. 確定申告の注意点

確定申告時には注意しておきたいポイントがあります。
代表的なものをいくつか紹介しましょう。

■所得税が発生する場合に申告を怠るとペナルティがある

確定申告を行う期間は、2月16日から3月15日。この期間に前年分の申告を行い、納税します。
期限内に手続きができなかった場合は期限後申告となり、納めるべき税金に加えて無申告加算税が課されることに。無申告加算税は、税額が50万円までは15%、50万円を超える部分に関しては20%加算された金額となります。

ただし、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合には5%の割合まで軽減されることもあるので、もし期限に間に合わなかったという場合も放置せず、できるだけ早く手続きをするようにしましょう。

■伝票類の保管義務がある

簡易な白色申告であっても、帳簿や書類などには保存義務があります。
収入金額や必要経費などを記載した法定帳簿の場合は7年間の保存義務があるほか、決算に関して作成した任意帳簿や決算に関して作成した棚卸表、業務に関して作成したり受領したりした請求書、領収書、納品書などの書類には5年間の保存義務があります。
なくしたり捨てたりしてしまわないよう、きちんと保管しておきましょう。

この記事では確定申告について解説してきましたが、「どうすればいいのかわからない」「細かい手続きは苦手」…そう悩んでしまうフリーランスの方も多いのではないでしょうか。
レバテックフリーランスでは無料の税理士紹介サービスを提供しており、フリーランスの方のスムーズな確定申告をサポートしています。
対面での相談だけではなく、電話やメールでのご相談にも対応しているので、忙しいフリーランスの方でもご利用いただきやすいサービスです。ぜひお気軽にご相談ください。

※本記事は平成30年4月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.