あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

必要スキル、役立つ資格、キャリアパスもご紹介
社内SEとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

社内SEとは、自社内のシステムの開発や維持・管理業務を行うSE(システムエンジニア)です。SI企業のSEと違い比較的残業時間が少なく、ワークライフバランスを実現しやすいことや、社内ゆえに納期の融通が利きやすく精神的なプレッシャーが少ないことなどから人気の職種の一つです。

この記事では、社内SEの仕事内容や必要な資格など、社内SEを目指す上で役立つ情報や、フリーランスが社内SEを目指す場合の事情について解説いたします。

社内SE案件を提案してもらう

本記事の執筆者
 ITコンサルタント・まちづくりコンサルタント・経営者 渡邊全美(わたなべ まさみ)

東証一部上場企業を含む複数のSI企業にて、基幹業務システムの要件定義・設計・開発・導入を担当。プロジェクトマネージャーや人材採用の面接官や教育などの人事業務経験も持つ。2007年に会社を設立し、現在はまちづくりコンサルタントとして自治体や大学との社会イノベーション事業や、民間企業向けとしてITコンサル事業、システム開発、組織・人事・IT領域の記事制作、サイト構築・運営などの事業を展開している。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

社内SEの仕事内容
社内SEに必要なスキル
社内SEに役立つ資格
社内SEのキャリアパス
フリーランスの社内SEとして働くには
フリーランス社内SEの年収(編集部追記)
社内SEの求人・案件例(編集部追記)

社内SEの仕事内容

一口に社内SEといっても勤める企業の規模によって求められる役割に違いがあり、それに伴い仕事内容が異なってきます。まずは企業規模による違いを見ていきましょう。

中小企業の社内SEの役割

中小企業では、数人あるいは1人で予算作成やIT計画、システム開発や運用・保守、インフラ構築を行います。とはいえシステム規模も大きくなく、インフラ環境もさほど複雑にはならないため、プログラミングとインフラの基礎的なスキルがあれば対応できることも多いです。

中堅企業以上の社内SEの役割

社員が100名以上の企業など、情報システム部門の人数が十数名以上いる企業であれば、システム開発とインフラで担当が分かれる場合が多くなります。

システム開発の担当の場合、IT戦略の策定・予算計画・システム企画・開発・運用・保守・ベンダーコントロールをなど行うため、開発技術やマネジメントスキルが必要です。

インフラ担当の場合、サーバーやネットワークの構築・運用・保守、セキュリティー対応などを行うため、各インフラの技術スキルが必要になります。

次に、社内SEの主な仕事内容をご紹介します。

IT戦略の策定

企業の経営戦略を実現するため、ITを利用・活用し、どのような支援を行うのか施策を考えてIT戦略の策定を行います。経営的な視点が要求されますので、マネージャーやITコンサルタントなどのスキルを有している社内SEが担当します。

社内システムの構築・マネジメント

システム構築を行う場合、要件定義・設計・開発・テストを行いますが、開発規模が小さい場合や中小企業の場合は社内SEが全行程を行うことがあります。開発規模が大きい、または社内SEの手に余る場合はITベンダーに委託し、社内SEはベンダーマネージメントのみ、あるいは要件定義や設計など上流部分を行います。

社内システムの運用・保守

システム構築後、社内システムの運用・保守を行うとともに、社内システムが安定して稼働するようパソコンやスマホ、サーバーやネットワーク機器などのIT管理や、障害発生時の原因調査や復旧作業などのトラブル対応を行います。IT管理には、ソフトウェアやIT機器の新規購入やコスト削減など、コストについての管理も含まれます。

セキュリティー対策

社内のIT環境を安全に守るため、ウイルス対策ソフトや暗号化ソフトの導入や管理、セキュリティーポリシーの策定や不正アクセスの監視、情報漏えい対策などのセキュリティー管理を行います。

ヘルプデスク

「パスワードロックでログインできなくなった」、「社内システムの使い方がわからない」などの問い合わせや、MS Officeなどの市販ソフトウェアやパソコン、プリンターといったIT機器についての問い合わせなどに素早く対応するには専門知識が必要なため、企業によっては社内SEが担当することもあります。

このように社内SEの仕事内容は幅が広いため、企業によって、IT機器の保守のみ行うなど、社内SEの定義が異なる点に注意が必要です。
 

関連記事 : 社内SEの仕事内容

社内SE案件を提案してもらう

社内SEに必要なスキル

前述の通り、社内SEの役割や仕事内容は幅広く、具体的に担当する業務によっては必要なスキルが異なります。その中で、社内SEに必要なスキルをいくつかピックしてご紹介します。

技術スキル

システム開発に携わる場合であれば、システム構築の上流から下流までの全行程を担えるだけの開発スキルが必要です。

社内SEが開発するのであればもちろんのこと、外部に委託するとしても、ベンダーに依頼し管理していくには、使用言語の特徴や開発方法、トラブルになりがちな開発における技術的な注意点などを理解している必要があります。

また、

・システム導入に必要なハードや環境の構築
・パソコンのOSやソフトウェアのバージョンアップ
・IT機器の経年劣化や環境の変化によるサーバー、ネットワーク機器のリプレース
・LAN環境の変更や障害時の原因調査・復旧などのインフラ技術

と、セキュリティー対策のための技術スキルが求められます。

コミュニケーションスキル

IT戦略やIT企画を策定する場合、経営方針や経営戦略にどれだけ沿っているのか、どのような方向性でIT化するのが望ましいのかなど、役員や現場の関係部署と話し合います。IT技術に明るくない人は、自分のイメージをITとして形にしづらいため、まずは関係者と密にコミュニケーションをとって、話を聞き出すことが必要になります。

また、システム開発に関わる社内SEは開発における多くの行程を担うので、要件定義や設計段階で、現場の意見に声に耳を傾け、提案し、合意を得ていかなくてはなりません。

ベンダーに開発委託する場合であれば、システム機能だけでなくその背景や、予算が膨らんだ場合に何を優先し何を削るのかなどを話し合います。こうした社内外の折衝がシステム化の成果に関わるため、コミュニケーションスキルが必ず必要になります。

上流工程スキル

社内SEの仕事には、IT戦略の策定やベンダーコントロール、社内外の人との折衝などがあり、組織運営力やマネジメント力、折衝力といった上流工程のスキルが求められます。

ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーとしての経験や、システム開発におけるRFP(提案依頼書)・要件定義の作成など、近しい経験で得たものも上流工程のスキルになります。

IT以外のビジネススキル

ITという観点から経営に深く関わるため、企業が属している業界の動向などについて、最新情報を収集するスキルがあるとよいでしょう。また、経営・会計の知識、マーケティングや戦略立案、人事などのビジネススキルがあるとなおよしです。経営視点を持っているゼネラリストとして、バランス感覚があると好まれるでしょう。
 

関連記事 : 社内SEに必要なスキル

社内SEに役立つ資格

社内SEになるため、あるいは社内SEになった後のスキルアップに役立つ資格をご紹介いたします。

基本情報技術者試験

社内SEは、幅広い技術スキルが要求されます。基本情報技術者試験では、プログラミングだけでなく、コンピューターの仕組みやネットワーク、データベース、セキュリティなど、SEとして基礎的なスキルを習得できます。

SEの登竜門とも言えるこの資格はIT系企業の多くが取得を推奨していますので、基礎的な知識の証明としてこの資格が役立ちます。

また、基本情報技術者試験の上級試験に応用情報技術者試験があり、さらなる知識向上としてチャレンジするのもいいでしょう。

プロジェクトマネージャ試験

社内SEは技術スキル以外にも管理者としてのスキルも要求されるため、要員や資源の確保、予算、納期、品質の達成など、プロジェクトの管理・運営のスキル習得に役立つプロジェクトマネージャ試験を目指すのもいいでしょう。

自社開発以外にも、ベンダーに委託した場合にはベンダーコントロールや、プロジェクト全体のマネージメントも必要なため、開発系に携わる社内SEのステップアップに最適な試験です。

ITストラテジスト

IT戦略の策定を行うためには、IT以外にも幅広い知識が必要であり、経営の視点も持ち合わさなければなりません。

ITストラテジストは、経営戦略に基づいて情報技術を活用した事業戦略を立てたり、新たなビジネスモデルの策定をしたりなど、IT戦略策定のスキル習得に役立ちます。社内SEとしてコンサルタント的な役割を担いたい人や、社内SEで管理職を目指す人に役立ちます。

情報処理安全確保支援士試験

社会的にITへの依存度が高まる一方、サイバー攻撃による脅威も増大しており、サイバーセキュリティー対策は企業にとって重要な課題です。

情報処理安全確保支援士試験はまさにこうしたサイバーセキュリティー人材を確保するための試験で、システム開発や運用でのセキュリティースキルや、サイバーセキュリティー対策の調査・分析・評価、結果に基づいての助言や指導を行うためのスキル取得に役立ちます。

社内SEは、自社のセキュリティーに一番気を配らなければならない立場であるため、中堅以上の社内SEであればぜひ合格を目指してほしいところです。
 

関連記事 : システムエンジニアの資格について

社内SEのキャリアパス

社内SEのキャリアパスについてご紹介します。

管理職(課長・部長・役員など)

社内SEはSI企業のSEよりもマネージメントが必要とされる業務が多く、IT領域の側面からとはいえ経営にも深く関わります。そのため業務によっては管理領域も含まれ、その経験とスキルを生かすことができれば、管理職のポストに就くことも可能です。

プロジェクトマネージャー

システム開発プロジェクトの責任者です。プロジェクトの企画や工数管理、人材確保、プロジェクトの問題解決、クライアントとの交渉など、プロジェクト遂行に必要な管理や調整を行います。

プロジェクトマネージメントスキルの他、アプリケーションやインフラに関する知識も必要です。社内SEとしてのマネジメント経験を生かして、SI企業やコンサルティング企業で活躍することができます。

ITコンサルタント

ITによって企業の経営課題を解決する、提案や支援をする専門家です。企業が行うIT戦略策定、IT組織計画の策定、ITによる業務改革に携わるため、ITだけでなく経営戦略や会計、人事などの幅広い知識が求められます。

また、RFP作成や要件定義のスキルも必要となります。社内SEとしてのIT戦略策定経験を生かして、SI企業やコンサルティング企業で活躍することができます。

デジタルマーケター

デジタル機器やアプリケーションを駆使し、マーケティングを行います。Webサイトの広告などについて、アクセス数やサイトへの誘導率、情報の拡散率などを分析し、広告の出し方などの改善を行います。

マーケティングスキルが必要にはなりますが、社内SEとしての情報収集・分析の経験があれば、コンサルタント会社や広告代理店、Webでの情報発信や販売に力を入れている企業で活躍することも可能です。
 

関連記事 : SEのキャリアパス

フリーランスの社内SEとして働くには

社内SEは会社員や業務委託など、複数の契約形態で募集があります。フリーランスで社内SEになる場合、どのような業務を行うのかイメージできるよう、契約形態や勤務形態による違いを紹介します。

仕事内容

フリーランスで社内SEになった場合、正社員や契約社員、派遣社員などの会社員とは契約関係が違うため、企業として行っている業務でも委託契約で明示した業務範囲でしか仕事ができません。

キャリアパス

一般的に管理職は委託内容を明確にすることが困難であり、雇用関係にない従業員にはシステムの使用やデータの閲覧を制限している企業も多いため、フリーランスが管理職に就くことは厳しいでしょう。

ただ、期間や職務内容が明確でアウトソーシングが可能な場合であれば、フリーランスが管理職のポストに就くこともあります。

必要スキル

必要スキルに関して、会社員とフリーランスで大きな違いはありません。会社員とフリーランスの違いが出るポイントは、雇用関係にあるかどうかです。そのため、アウトソーシングできる業務内容であれば特に違いはありません。

違いがあるとすれば、フリーランスに対して企業が教育をすることは少ないという点です。決まった範囲の業務であることから、社員に比べてスキル向上の研修などが行われる機会は少なく、必要に応じて自主的なスキル向上が求められます。

勤務形態(在宅・常駐)

昨今は、IT技術の向上や働き方改革の影響もあり、リモートワークが増えています。

社内SEも各種アプリケーションやIT技術の向上により、システム開発やサーバー、ネットワーク管理、ヘルプデスクなどの業務でリモートワークが可能です。

一方、パソコンやサーバー、周辺機器など、IT機器のリプレースや故障への対応、基幹業務のデータといった外部からのアクセスに向かないデータを扱う場合は、企業内にいる必要があります。

また、社内でのヒアリングもリアルでの会話の方がより深く内容を聞きだせることから、ヒアリングが発生する業務もリモートには向きません。

リモートワークが可能な社内SEの仕事内容は限定されるものの、フリーランスと企業がどんなに物理的に離れていても業務を行うことができるという特徴があります。希望する仕事内容や働き方を考慮して、勤務形態を選択することが可能です。
 

関連記事 : SE(システムエンジニア)の独立

フリーランス社内SEの年収(編集部追記)

ここでは社内SEの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランス社内SEの平均月単価 : 55万円(12ヶ月分を年収とすると660万円)
最高単価 : 80万円
最低単価 : 35万円

※下記ページから引用(2020年1月時点)
社内SEの求人・案件一覧
※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

社内SEの求人・案件例(編集部追記)

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、社内SEの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。社内SEの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【社内SE】システム開発支援の求人・案件

■単価
〜600,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
社内SE

■職務内容
・社内システムの導入、運用や社内窓口をご担当いただきます。

■求めるスキル
・社内SEのご経験 2年以上

【歓迎スキル】
・情報システムを立ち上げたご経験
・個人情報の領域に関する知見

■最寄り駅
本郷三丁目(東京都)

【社内SE】社内インフラシステム更改支援の求人・案件

■単価
〜600,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
ネットワークエンジニア、社内SE

■職務内容
・某社内インフラシステムの更改プロジェクトにご参画頂きます。
・サーバーからネットワークまでインフラ全般の業務が想定れますので、
ご経歴とご希望に応じて柔軟にポジションを調整いたします。

■求めるスキル
・ネットワーク基礎知識
・DHCPの知識

【歓迎スキル】
・Linuxの経験
・VMwareの経験

■最寄り駅
名古屋(愛知県)


上記の内容は社内SEのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

社内SEの案件をもっとみる

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

 

社内SE案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方はこちら
SE (システムエンジニア)の求人・案件
東京エリアでのSE(システムエンジニア)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと社内SEの案件を見る

あなたのスキルはダイレクトに収入につながる
ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.