オンラインカウンセリング実施中

プロジェクトマネージャーのキャリアパス|SEからPMになるには?

プロジェクトマネージャーのキャリアパスとしては、システムエンジニアからプロジェクトマネージャーになり、その後、ITコンサルタントや会社の管理職・経営職などにキャリアアップするのが一般的です。この記事では、プロジェクトマネージャーのキャリアパスについて、必要なスキルや資格、平均年収などについて解説していきます。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

目次

プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパス
SEのプロジェクトマネージャー(PM)以外のキャリアパス
プロジェクトマネージャー(PM)になるために必要なスキル
プロジェクトマネージャー(PM)になるために必要な資格
プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収
プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパスに関するFAQ

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパス

厚生労働省の職業情報提供サイトで紹介されているプロジェクトマネージャーのキャリアパスでは、システムエンジニアとして実績を積み重ねてプロジェクトマネージャーになり、その後、ITコンサルタントや会社の管理職・経営職にキャリアアップするのが一般的とされています。以下で詳しく解説していきます。

※参考 : プロジェクトマネージャ(IT) - 職業詳細 | 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)

ITコンサルタント

顧客のIT戦略に関してコンサルティングを行い、提案や助言をする仕事です。顧客のIT投資において大局的な観点から、経営戦略の策定に関してコンサルティングを行います。大規模なシステムの案件では、技術者や各会社と共同で戦略やシステムを検討していきます。

ITコンサルタントになるためには、プロジェクトマネージャーとして実際にシステムを開発し、導入するまでの一連の作業を何度も経験し、システム開発のスキルを高め、得意分野を固めておく必要があります。

会社の管理職・経営職

会社の管理職・経営層は「事業全体」が管理対象になる仕事です。いかに組織としての利益を最大化するかが課題となります。

会社の管理職・経営職になるためには、システム開発において経営戦略からの課題整理や分析の実務経験が必要です。顧客と意見交換を行い、経営トップの考え方を把握し、さらに経営の視点から課題を抽出して解決のための戦略を考えるスキルなどが必要になります。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)の仕事内容

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

SEのプロジェクトマネージャー(PM)以外のキャリアパス

システムエンジニアのプロジェクトマネージャー(PM)以外の主なキャリアパスとして「ITスペシャリスト」があります。チーム統括、人や予算、スケジュールなどの全体の管理ではなく、特定の技術を研究し、幅広いスキルの仕事を続けたい方などに向いているキャリアパスです。ITスペシャリストの仕事内容について詳しく紹介します。

ITスペシャリスト

経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が策定した「ITスキル標準V3」によると、ITスペシャリストとは、ハードウェア・ソフトウェア関連の専門技術を持っており、顧客の環境に最適なシステム基盤を提案する職種です。

※参考 : 経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「職種の概要と達成度指標(6)ITスペシャリスト」

提案したシステムを自ら設計・構築・導入できるレベルを持ち、さらに構築したシステム基盤の性能についても責任を持ちます。システムエンジニアからキャリアアップするためには、専門技術の継続的な学習が不可欠です。システムエンジニアとして数年間実務を行い、専門技術の経験を積む必要があるでしょう。

関連記事 : システムエンジニア(SE)のキャリアパス|就職・転職の面接でキャリアプランを聞かれたら?

プロジェクトマネージャー(PM)になるために必要なスキル

プロジェクトマネージャー(PM)になるために必要なスキルとして、システム開発の知識とスキル、マネジメントスキル、コミュニケーションスキルが挙げられます。

システム開発の知識とスキル

システムの構成や実現のためには、必要な環境や開発ツールの幅広い知識とそれを作りあげるスキルが必要です。システム開発の知識とスキルがないとチームメンバーからの信頼を得られず、顧客への提案や説明もできません。

厚生労働省の職業情報提供サイトでは、システムエンジニアなどとして情報システムの構築や運用を10年ほど経験した人が、プロジェクトマネージャーになることが多いとされています。

マネジメントスキル

マネジメントスキルは、人やモノ、時間を管理するスキルです。現場を束ねるプロジェクトマネージャーはさまざまなシーンで判断を迫られます。職務範囲も広がりつつあり、今後チームをまとめるためには、より実践的なスキルが求められるでしょう。

コミュニケーションスキル

一般的に開発プロジェクトは、複数人がチームを組んで取りかかるため、チーム内でのプログラムの調整・設計の検討が必要になります。また、不具合が発生したときには、関係部署と調整して対応に当たらなければなりません。そのため、コミュニケーションスキルは必須といえるでしょう。

関連記事 : プロジェクトマネージャーのスキル

プロジェクトマネージャー(PM)になるために必要な資格

プロジェクトマネージャー(PM)になるために必須の資格はありません。スキルアップや転職に役立つ可能性がある資格の例としてはプロジェクトマネージャ試験とPMPの2つが挙げられます。

プロジェクトマネージャ試験

情報処理技術機構が運営している情報処理技術者試験です。秋期(例年10月第3日曜日)に試験があります。プロジェクトメンバーを成長させるマネージャーを目指す方に最適な試験といえるでしょう。試験では、プロジェクトマネージャーの業務と役割を円滑に遂行するための知識・実践能力が要求されます。

※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:プロジェクトマネージャ試験

PMP

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)は、アメリカ合衆国の非営利団体であるプロジェクトマネジメント協会が主催しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。

PMIが策定した知識体系であるPMBOK(Project Management Body of Knowledge)ガイドに基づいて実施され、受験者のプロジェクトマネジメントに関する経験や教育、知識を測り、プロフェッショナルとしての確認を目的として実施されます。専門知識を有していることを証明するために、米国PMI本部が資格認定を行うもので、法的な資格ではありません。

※参考 : PMI 試験・資格について|一般社団法人 PMI日本支部
関連記事 : PM向け|プロジェクトマネージャ試験とPMPを解説

プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収

経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、 プロジェクトマネージャ(PM)やプロデューサーなどの管理系職種の方が、ITアーキテクトなどの高度SEやIT技術スペシャリストよりも給与平均が高い傾向にあります。

※参考 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

また、職種ごとの平均スキルレベルの違いは、SE・プログラマとしてキャリアをスタートし、キャリアアップにより管理系になるのか、アーキテクト系になるのかによっても異なりますが、比較的給与平均が高い職種といえるでしょう。

実際に2021年6月時点でレバテックフリーランスに掲載されているプロジェクトマネージャーの月額平均単価は75万円です。この数値をもとに、12ヶ月分を年収として概算すると、平均年収は約900万円となります。最低単価30万円、最高単価145万円をもとに同様に計算すると、最低年収は360万万円、最高年収は1740万円になります。

フリーランスプロジェクトマネージャの年収相場

参照元 : プロジェクトマネージャの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 900万円
最高年収 1740万円
最低年収 360万円


プロジェクトマネージャーは、ほかのIT職種と比べても、給与が高いことがわかります。ただし、これはあくまで現時点でのレバテックフリーランスの求人・案件をもとにしたデータである点に注意が必要です。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)の年収|役立つスキルや資格も解説

プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパスに関するFAQ

プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパスに関するよくある質問に回答します。

Q. プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアパスにはどんなものがありますか?

A. 厚生労働省の職業情報提供サイトによると、「プロジェクトマネージャ(IT)」は「実績を重ねて、会社の幹部、経営層になっていったり、特定の分野の専門家となり、IT分野のコンサルタントのような役割をしていく場合もある」と紹介されています。

Q. SEのプロジェクトマネージャー(PM)以外のキャリアパスにはどんなものがありますか?

A. システムエンジニアからプロジェクトマネージャー(PM)になる以外の主なキャリアパスとしては、ITスペシャリストがあります。人やチームを管理するのではなく、技術を深く追求したい方に向いています。

Q. プロジェクトマネージャー(PM)への転職に必要な資格はありますか?

A. プロジェクトマネージャー(PM)になるために必須の資格はありません。スキルアップや転職に役立つ可能性がある資格としては、プロジェクトマネージャ試験やPMPが挙げられます。

関連記事 : ITエンジニアのキャリアパス|向いている仕事内容は?キャリアプランの考え方

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとプロジェクトマネージャー(PM)の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.