仕事内容、スキル、将来性なども解説
システム管理者の仕事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

システム管理者の仕事内容は、システムの運用や保守のほか、障害の対応、ユーザーへの通知など多岐にわたるのが特徴です。ここでは、システム管理者の具体的な業務内容や必要なスキル、将来性などをご紹介します。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. システム管理者の仕事は、運用や保守、障害対応など
2. 応用力や簡潔に伝える力、問題解決能力が大切
3. システム管理者の需要は今後も高まるでしょう

1. システム管理者の仕事は、運用や保守、障害対応など

システム管理者の仕事は、システムの運用や保守のほか、障害発生時の対応、ユーザーに対する通知などです。具体的な仕事内容は、以下のとおりです。

・構成(資産)管理
・変更、リリース管理
・インシデント、問題管理
・障害の監視
・バッチ処理スケジュール管理と保守
・アクセス管理
・ストレージ管理
・ウイルス対策、個人情報保護 など

上記からわかるように、システム管理者の仕事内容は多岐にわたります。時には社内スタッフからの質問に対応したり、社員教育を担当したりすることもあるようです。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. 応用力や簡潔に伝える力、問題解決能力が大切

システム管理者は、システムに関する専門的な知識のほかにも、以下のようなスキルを持つことが必要です。

■フレームワークの応用力
応用力があることで、サービスの品質向上や業務課題の解決に役立つでしょう。日頃から知識を習得するとともに、学びを活かしてスキルを磨くことが大切です。

■簡潔に伝える力
システム管理者は、技術の話が通じるエンジニアだけでなく、ユーザーともコミュニケーションをとる機会もあります。良好な関係を築くために、相手の立場に立ってわかりやすく伝える力が大切です。

■問題解決能力
システム管理者は、問題の診断やデータ分析、データのモデル化なども行います。高品質なサービス提供やユーザーの満足度向上のために、トラブルの防止だけでなく問題発生時の迅速な対応が大切です。

システム管理者は、システムについての幅広い知識が求められるだけでなく、コミュニケーション能力や解決能力が必要になるといえます。円滑に業務を進めるために、経験を積む中で知識・技術を身につけ、対話力を磨くことが大切になるでしょう。

3. システム管理者の需要は今後も高まるでしょう

コンピュータネットワークの普及に伴い、システム管理者の需要は高まっています。また、スマートフォンやタブレットも多くの人に利用されているため、WindowsやLinuxのほかにも、AndroidやiOSなどのプラットフォーム市場が今後も拡大するでしょう。

システム管理者として活躍するには、操作方法やセキュリティに関する専門的な知識が必要といえます。また、できる限り自己学習の機会を設け、積極的に新しい知識や技術を身につけていくことが大切です。日頃から多方面にアンテナを張り、整理した情報を業務に活かせればスキルを高められるでしょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

簡単60秒!無料会員登録

  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4

ご希望の働き方があれば選択してください

次へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.