あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

必要なスキルやシステム管理者になるまでも解説
システム管理者の仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

システム管理者とは、企業に属してビジネスに使われている基幹システムや業務システムの管理(維持、メンテナンスなど)を行う職種です。また企業内のパソコンや周辺機器、ライセンスといったITリソースの管理をすることもあります。今回はシステム管理者の役割や仕事内容などを解説します。

システム管理者案件を提案してもらう

本記事の執筆
システムエンジニア 恵良 信(えら まこと)

大学院卒業後、大手SI企業・ソフトウェアハウスにてシステムエンジニアとして従事。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニアとともに、基幹システムをはじめとして多数のシステム設計・開発・運用を担当した。特に交通系システム、商業施設系システムに精通している。現在はIT領域をメインとした記事執筆、法人向けシステム導入支援などを行うフリーランスとして活動中。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

システム管理者の役割・仕事内容
システム管理者に必要なスキル
システム管理者になるには

システム管理者の役割・仕事内容

システム管理者は社内のITシステムが円滑に使い続けられるように管理するだけでなく、ITリソース(サーバー、パソコン、周辺機器、ネットワークなど)の管理やメンテナンスも行います。

またITシステムは企業にとって重要な情報やビジネス資産を扱うため、情報セキュリティやコンプライアンス遵守の推進も業務に含まれます。ここではシステム管理者の役割・仕事内容を解説します。

パソコンや周辺機器、ライセンスの管理

企業が導入しているシステムにはパソコンや周辺機器も含まれます。システムを管理する以上、これらの機器の管理はシステム管理者にとって欠かせない仕事です。故障や不調のパソコンの交換や、メンテナンスのために業者を手配することも仕事内容に含まれます。

また企業が使用するソフトウェアのライセンスを管理することも、システム管理者の役割です。ビジネスをIT化すると、さまざまなソフトウェアを利用することになります。

ライセンス管理をしっかりしていないと、不要なライセンスを抱えて無駄な経費を支払ってしまう、あるいは逆にライセンス数を超えたユーザーがソフトウェアを使用している状態(法令、契約違反)にもなりかねません。

セキュリティ・監査対応

情報漏洩のようなセキュリティ事故は企業の信用に大きなダメージを与え、ビジネスの存続を困難にするものです。よってシステム管理者は情報漏洩やシステムトラブルが発生しないように、システムのセキュリティを管理することが求められます。

システムがセキュアに設計されているとしても、運用ルールがセキュアでなければシステムのセキュリティは保たれません。具体的な業務としては、OSやミドルウェアのセキュリティ管理、IDの正しい発行と廃止などが挙げられます。

企業はコンプライアンスを遵守してビジネスを進めていることを確認するために、システムを適切に運用しているか監査を行うこともあります。監査が入る場合、システム管理者はシステムの運用状況を明らかにするために、速やかに必要な資料を揃えなければいけません。こうした監査対応もシステム管理者の仕事です。

システム利用者のヘルプデスク

日常業務の一つとして、システム利用者への対応も求められます。システムを利用するユーザーからの質問に答えるだけでなく、質問が発生しないようにQ&A集を作成する、ユーザーが困らないような運用ルールを策定するなど、ヘルプデスクの業務範囲はとても広いです。

システムのメンテナンス

システムのセキュリティ対応やOS、ミドルウェアなどのアップデートといったシステムのメンテナンスもシステム管理者の仕事に含まれます。大規模なシステムであれば、メンテナンスが円滑かつミスなく行えるように、運用のためのインフラを整える仕事もここに含まれます。

社内SEとの違い

社内SEがシステム管理者の仕事を担うこともあるため、両者の仕事にハッキリとした境界線があるわけではありません。

社内SEはビジネスのIT化を進めるために、基幹システムや業務システムの設計をしたり、ビジネスのIT化に関わる外注先の窓口になったりするなど、システムエンジニアとしての立ち回りが期待されます。

一方システム管理者はシステムを安全かつ継続して利用するための仕組みを整えたり、運用業務を行ったりする役割が期待されます。企業によっては社内SEがシステム管理者の役割を担うこともあります。

関連記事 : 社内SEとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

システム管理者案件を提案してもらう

システム管理者に必要なスキル

システム管理者は企業のビジネスを円滑に進めるために、ITの側面からサポートします。そのため社内の業務知識とシステムの知識、セキュリティやコンプライアンスの知識が求められます。

社内業務、ワークフローの理解

システム管理者は社内の業務やワークフローを理解していなければいけません。担当するシステムが社内でどのように使われるのか、誰がどんな目的で使用するのかを把握しておくことで、システム管理はスムーズに進みます。

業務やワークフローを理解するためには、システム管理者が所属する会社の業界や仕事の流れをしっかり知ることが肝要です。

手順書を理解し、運用業務を遂行できる

運用業務には手順書が不可欠です。管理者はシステムに対してあらゆる操作が行えることから、ひとつの操作ミスがシステム事故を招く恐れもあります。

ただし手順書を見てシステムを扱えるだけでは、スキルとして心もとありません。手順書の内容をしっかり理解し、ひとつひとつの操作が何を意味しているのか、システムに対してどのような影響があるのかまで理解しておくことが重要です。

実務上、システムのアップデートに手順書の整備が追いついていないことや、臨時の手順が入ることもあるため、手順書と運用業務内容の理解は必須です。

情報セキュリティのスキル

情報セキュリティの技術は日進月歩で進歩していますが、情報漏洩やサイバー攻撃の被害の報告は後を絶ちません。よって企業のシステムは常に攻撃者から狙われていると考えても差し支えないでしょう。

システムが稼働しているOSやデータベースは常にセキュリティの脆弱性に対応するためにアップデートが繰り返されています。

システム管理者は最新のセキュリティ情報を把握することが求められます。また攻撃されてから対応するのではなく、攻撃されても事故が起こらないような対策を立てられるスキルも求められます。

法令の把握・コンプライアンス遵守

例えば個人情報保護法や情報セキュリティマネジメントシステムなど、ITシステムが満たすべき基準、法令は多くあります。

システム管理者は企業が遵守すべき法令を把握し、システム運用・管理業務の中でシステムがコンプライアンスを満たしているか、しっかり管理しなければいけません。

関連記事 : 情報セキュリティスペシャリストの仕事内容 

システム管理者になるには

システム管理者になるための必須資格などは特にないため、システム管理者として働くにはそのポジションを用意している企業に就職することとなります。その後、企業の基幹業務を把握し、企業が持っているシステムインフラをしっかり知ることで、システム管理者としての役割を十分に果たせるようになるでしょう。

基幹業務の把握

企業の仕事、特に基幹業務はシステム化されることが多いです。また基幹業務のシステムの運用状況はビジネスに大きな影響を与えるため、効率的・安定的な運用、システム管理を行うためにも、業務そのものをしっかり理解することが重要です。

システムインフラの理解

企業が有しているシステムインフラを理解することも、システム管理者になるために重要なポイントです。システム管理者には、インフラの維持・メンテナンスだけでなく、インフラの構築を求められることもあります。ITシステムをしっかり管理するためには、システムが乗るインフラへの知見が不可欠と言えます。

情報セキュリティ・コンプライアンスの理解

企業が遵守すべき法令やシステムが満たすべきセキュリティ要件、監査の内容や対応方法を知ることもシステム管理者になるために欠かせません。

企業に入社後、以上の知識を蓄えることでシステム管理者として活躍できる土台が整います。

関連記事 : システム管理者の仕事とは

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

システム管理者案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとシステム管理者の案件を見る

あなたのスキルはダイレクトに収入につながる
ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.