期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーンの利用規約(注意事項)

レバテック株式会社(以下、「当社」といいます。)が実施する「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に参加し、会員登録される方(以下、「登録者」といいます。)は、以下をよくお読みいただきご登録ください。ご登録を以って、本規約に同意されたものとみなします。
本キャンペーンは、以下の条件を満たす方全員にアマゾンギフト券5,000円分をプレゼントするものです。

条件について
以下のすべての条件を満たされた方が対象となります
2019年9月17日(火)~9月30日(月)の期間中にレバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)またはレバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/)に会員登録された方
2019年11月29日(金)までにカウンセリングを終えられた方
※過去にレバテックフリーランスのカウンセリングを受けられた方は対象外です。
※ご友人紹介(https://freelance.levtech.jp/friend/)で登録された方は対象外です。
※当社が保有する案件状況等により、カウンセリングをご案内できない場合もございます。予めご了承ください。
賞品の発送について
本キャンペーン条件に該当する方には、2019年11月4日(月)~2019年11月8日(金)注1または2019年12月2日(月)~2019年12月6日(金)注2の期間中にアマゾンギフト券5,000円分利用コードをメールでお送りいたします。
注1) 9/17(火)~10/31(木)にカウンセリングを受けられた方が対象
注2) 11/1(金)~11/29(金)にカウンセリングを受けられた方が対象
注意事項
お一人様、1回までの登録が可能です。
本キャンペーンの参加において、登録者が真実かつ正確なデータを入力していないこと、または登録者から提供された情報が不十分であったことによって賞品が届かない場合、あるいは登録者の転居や長期の不在などの事由によって当社所定の期間内に登録者が賞品を受領できない場合は、キャンペーン該当者の権利が失効・削除されることがあります。
キャンペーン該当者の権利を第三者に譲渡等はできません。
本キャンペーンの賞品の返品・交換は致しかねます。
当社は登録者の個人情報(本キャンペーンの登録時に登録者が提供した情報)を、当社の「個人情報の取り扱いについて(https://freelance.levtech.jp/privacy/)」に従い適切に取扱うものと致します。
当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部または全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
細心の注意を払って情報を掲載していますが、当社は、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証も行うものではありません。また、登録者または第三者が被った以下の事例により発生した損害については、当社は責任を負いません。
登録者間または登録者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
故意または重過失なくして、当社が提供する本キャンペーンの情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
レバレジーズグループ社員・関係者からのご登録は無効とさせていただきます。
本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所の専属的合意管轄に属するものとします。

フリーランスが多く活躍している職種をご紹介
フリーランスの仕事の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとして働いている人の職種はさまざまであり、マスコミ関係・専門職関係・パソコン関係の職業が多い傾向があります。他にも、ヘアメイク・コーディネーター・行政書士などの職業もあります。

 

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. IT系・クリエイティブ系の職種
2. その他フリーランスが多い職種

1. IT系・クリエイティブ系の職種

エンジニアにはフリーランスが多くいます。企業に属するエンジニアであれば、プログラマやSEなど職位・職種で決められた担当分野の作業を行うのですが、フリーランスになると仕様書の作成だけ、プログラミングだけ、ではなく全ての仕事を担当することも多くなります。

デザイナーには、DTPデザイナー・Webデザイナー・キャラクターデザイナー・ロゴデザイナーなどの種類があり、デザイナーとひと口で言っても行うことは様々です。それぞれの職種で名称が違いますが、兼任している場合が多く、正確な分類が難しい面もあります。特にフリーランスになると、Webサイトの場合はコーディングからデザイン、コンテンツの企画立案まで、1人で作成してしまう場合も多いです。

イラストレーターは本や雑誌の挿絵やカードゲームの絵などを手がけたり、アプリやゲームなどのキャラクターデザインを手がけます。独立してフリーランスとして活躍している人が多い職業だといえるでしょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. その他フリーランスが多い職種

その他、認知度の高いフリーランスの職業としては、カメラマン・ジャーナリスト・ライターなどが挙げられます。

フリーカメラマン・フリージャーナリスト・フリーライターなどはよく耳にしますが、その中でも特にフリーカメラマンは認知度の高いフリーランスではないでしょうか。フリーカメラマンの仕事は、報道現場やスポーツ施設、戦場など各所に足を運び、風景・動物など幅広いジャンルの写真を撮影します。フリーランスの場合、会社や団体に所属しているカメラマンとは違って、撮る被写体の自由度が高く、得意なジャンルを活かしながら収入を得ることができます。

ジャーナリストは新聞や雑誌に関わる仕事で、自身で取材をし、取材内容をまとめて記事やコラムなどを書きます。中にはカメラマンの役割も同時にこなすフリージャーナリストもいます。企業に属するジャーナリストは様々なジャンルの記事を手がけますが、フリーランスになると戦場ジャーナリストのように、特定のジャンルに特化することも可能です。

フリーライターは、紙媒体・Web媒体における文章の作成・校正を行います。また、映画や本のキャッチコピー、文章のリライト、コラムの作成など様々な仕事があります。社員としてライターをするなら基本的には月給制が多いですが、フリーライターの場合、記事数や文字数につき単価が決められていることが多く、どれだけ数をこなすかが収入に直結します。

上記に挙げた職業の他にも、メイクアップアーティスト・コーディネーター・司法書士・建築士などでもフリーランスという働き方があります。 このように、フリーランスとして活躍できる職業はたくさん存在しますが、どの職業でもフリーランスとして独立・起業をするのであれば、経験・スキル・コネクションが重要になります。会社に所属しているうちに経験を積んでスキルを磨き、人脈を築いておくことで、フリーランスとして独立しやすくなるでしょう。

 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く


 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?