オンラインカウンセリング実施中

マーケティングを学ぶメリット
エンジニアのマーケティングスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

近年では、マーケティングを自主的に学ぶエンジニアや、企業が学習を勧める風潮も見られるようになっています。その理由は、マーケターとの円滑なコミュニケーションを図り、認識違いを防ぐためです。具体的に学ぶべき事柄としては、用語や基礎知識、市場調査の分析と予測が挙げられます。マーケティングを学べば、技術側からの提案が可能になるため、業務の幅を広げることや、キャリアの選択肢を増やすことにもつながるでしょう。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

エンジニアがマーケティングを学ぶメリット
市場調査方法の習得
技術側の提案を可能にするマーケティングスキル

エンジニアがマーケティングを学ぶメリット

さまざまな職種との連携が必要なエンジニアの方にとって、知識の幅と量を増やすことはスムーズな業務の実現に繋がります。その中でも、「マーケティング」の知識を学ぶエンジニアは増えているようです。今回はエンジニアの方がマーケティングを学ぶことにより効果が期待できる事柄をいくつかご紹介します。

まず、マーケティングを学ぶことにより得られる効果として、マーケターと円滑なコミュニケーションを取れるようになることが挙げられます。

エンジニアとマーケターの間でまれに起こるコミュニケーショントラブル。両者の捉え方や考え方の違いのために、仕事自体がキャンセルになってしまうケースもあるそうです。エンジニアがマーケティングの知識を持ち、マーケティングを理解した対話を行なうことができれば、認識違いは最小限に抑えることができるかもしれません。

マーケティングを実践するのには経験が必要ですが、基礎知識自体はそれほど多くはありません。そのため、エンジニア側がマーケティングの基本知識を学ぶのは効率的といえるでしょう。

自分に合う案件を提案してもらう

市場調査方法の習得

用語や基礎知識を身につけたあとは、市場調査の分析と予測について学ぶことになります。これによって、市場の動きも考慮したエンジニアリングを行えるようになることが期待されます。

データや市場調査の結果からターゲット層の動向を分析・予測することができれば、ユーザーのニーズに沿った有用なシステムの構築が可能となるでしょう。また、エンジニアがマーケティングのスキルを持っていれば、必要とされる技術やコストを理解した上で的確なプログラムに落とし込むことも可能になるでしょう。

技術側の提案を可能にするマーケティングスキル

マーケティングの結果から開発したいサービスが決まっても、マーケターだけでは技術面で実現が可能かどうかの判断は難しいものです。その際、自社だけで実現が可能なのか、あるいは他社と協業する必要があるかなどの判断は、技術者が行うことになるでしょう。

その際、マーケターが実現したいものが何なのかを的確に理解し、それに対して適切な提案ができるエンジニアは、一歩秀でた存在といえます。

エンジニアがマーケティングを学ぶことは、現在の業務の幅を広げると共に、キャリアの選択肢を増やすことにもつながるでしょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.