オンラインカウンセリング実施中

インフラエンジニアのやりがいと魅力|仕事内容や将来性も解説

インフラエンジニアは情報社会を支えるITインフラを設計・構築し、トラブルがなく動くための運用を行います。インフラエンジニアはやりがいの多い仕事ですが「きつい」と言われることも少なくありません。本記事ではインフラエンジニアのやりがいと魅力について、仕事内容や将来性を含めてご紹介します。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

目次

インフラエンジニアの仕事内容
インフラエンジニアのやりがいと魅力
インフラエンジニアがきついと言われる理由
インフラエンジニアに向いている人の特徴
未経験からインフラエンジニアになるにはどんな勉強が必要?
インフラエンジニアの将来性
インフラエンジニアのキャリアパス
インフラエンジニアは情報社会の基盤を支える技術者

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの主な仕事内容は、ネットワークやサーバーなどのインフラを開発することです。仕事内容は、大きく以下の3つに分けられます。

  • 設計
  • 構築
  • 運用

設計

「設計」は、クライアントが必要とするサービスやシステムのために、予算内でどのようなインフラを作り上げるかを考えるフェーズです。この段階で、稼働後にどのような運用をしていくかについても検討します。設計フェーズではトラブルやエラーなども想定し、それぞれの対応についても取り決めを行います。

まずはクライアントとの話し合いを通して要望をまとめ、必要な機能を整理した「要件定義」を行います。要件定義をもとに「基本設計」や「詳細設計」が作られます。設計書はドキュメント化され、エンジニアは設計書に沿って開発を進めるという流れが一般的です。

構築

設計書が完成すると、それをもとにインフラを作り上げていく「構築」に入ります。構築フェーズの作業には、以下のようなものがあります。

  • 機器の運搬・組み立て・取り付け
  • ソフトウェアのインストール、設定
  • 動作、負荷テスト

加えて、必要に応じてプログラミングも行います。構築フェーズでは、ハードウェアの運搬や設置といった構築作業が完了した後、接続テスト、動作確認や負荷テストなどが行われることがあります。

運用

インフラエンジニアは、設計・構築が完了して終わりではなく、その後の運用・保守業務も担うケースがあります。インフラ構築が完了した後は運用フェーズに移ります。具体的な作業内容は、システムが正常に作動するように監視やメンテナンスをする「運用」と、トラブル対応などを行う「保守」が中心です。

インフラが使用できない時間があると企業にとって大きな損失に繋がるため、基本的にインフラは24時間365日正常に稼働することが求められます。そのため、運用・保守は共に重要な業務です。

関連記事 : インフラエンジニアとは?仕事内容、年収、未経験からの勉強法などを徹底解説

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

インフラエンジニアのやりがいと魅力

ITサービスの基幹を支えるインフラエンジニアには、さまざまなやりがいや魅力があります。インフラエンジニアのやりがいや魅力として挙げられることが多いのは、以下のような点です。

  • 社会に役立っている実感を持てる
  • 常に需要がある
  • スキルや知識の汎用性が高い
  • 給与面が良い

社会に役立っている実感を持てる

インフラエンジニアの仕事は人々の生活を支えるものです。ITインフラが保たれていなければ、さまざまな業界・業種でサービスやシステムなどが止まってしまい、人々の生活が回らなくなってしまいます。

たとえば、空港の航空管制のサーバーに問題が発生すると、飛行機の離着陸に影響が出て人生命にも関わる問題になる可能性もあります。医療機関においても電子カルテやレセプトコンピューターなどIT技術が活用されているので、不具合が発生すると患者の治療に影響が生じかねません。金融や流通などの分野でもITシステムが使われており、それらが一斉に止まれば大きなトラブルになってしまう可能性があるでしょう。

ITインフラは日常的に活用されているので、それを支えるインフラエンジニアの仕事は社会に役立っているという実感が持ちやすいとも考えられます。インフラエンジニアの仕事は目立ちにくいかもしれませんが、裏方として情報社会を支えることにやりがいを感じられる人に向いています。

常に需要がある

さまざまな業界でITインフラが使われていることからインフラエンジニアの需要は高く、今後も一定の将来性が期待できます。既存インフラの運用・保守はもちろん、インフラ環境のクラウド化やソフトウェアを活用した最適化などを目指す企業も増えているのがその理由です。

インフラエンジニアは、従来に比べると求められるスキルも変化しています。近年はクラウドサービスの広がりに伴い、クラウドを扱える技術や知識が求められているように、最新の技術に関するスキルも習得していく必要がある点から、幅広い分野で新たな知識を得て成長し続けていきたいという向上心のある人にとって、インフラエンジニアの仕事はやりがいや魅力が感じられるでしょう。

スキルや知識の汎用性が高い

近年のクラウドサービスの普及もあり、インフラエンジニアにはクラウドやデータベース、ネットワークなどに関する幅広い知識が求められるようなってきました。したがって、インフラエンジニアとして身につけた知識は、同じインフラエンジニアとしての転職だけでなく、他のIT系職種でも役立てることが可能です。

たとえば、データベースに強みのあるエンジニアならデータベースのスペシャリスト、ネットワークに強みのあるエンジニアならネットワークのスペシャリストとして、特定の分野に特化したスペシャリストを目指すキャリアパスもあります。このように、インフラエンジニアはスキルや知識の汎用性が高い職種のひとつと言えます。

給与面が良い

インフラエンジニアに特化した公的機関の年収データなどはありませんが、インフラエンジニアは「給料が良い」職種だと言われることがあります。

厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、ITインフラに携わる「システムエンジニア(基盤システム)」の2019年度の平均年収は、約667万円となっています。

参照 : 厚生労働省 職業情報提供サイト(日本版O-NET)「システムエンジニア(基盤システム)」

国税庁の「平成30年分民間給与実態統計調査」によると、同年度の給与所得者の平均年収は約441万円なので、エンジニア以外も含む他の職種に比べると、インフラエンジニアの平均年収は高水準と考えられるでしょう。

参照 : 国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」

また、経済産業省が2017年に発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によれば、インフラエンジニアに近いと考えられる職種の平均年収は以下のようになっています。

職種 平均年収
IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用) 608.6万円
IT保守(顧客向け情報システムの保守・サポート) 592.2万円
IT技術スペシャリスト(特定技術(DB・NW・セキュリティ等)) 758.2万円
高度SE・ITエンジニア(基板設計担当・ITアーキテクト) 778.2万円


同調査によると、SE・プログラマー(ソフトウェア製品の開発・実装)の平均年収は568.5万円となっているので、高度な知識やスキルを要するインフラエンジニアは、エンジニアの中でも給与面で高待遇が期待できると言えそうです。

より上流工程を担うITコンサルタントやプロジェクトマネージャーといった職種にキャリアアップすれば、さらなる年収アップを狙える可能性もあります。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

関連記事 : インフラエンジニアの将来性|クラウド化で今後の需要や転職に必要なスキルは変わる?

インフラエンジニアがきついと言われる理由

「インフラエンジニアは仕事がきつい」と言われることも少なくありません。インフラエンジニアの仕事がきついと言われる理由として、以下の要素が挙げられます。

  • 急なトラブル対応
  • 休日や深夜の作業

急なトラブル対応

インフラエンジニアは、24時間365日、時間を問わずトラブル対応をしなくてはいけない場合もあります。

一般的にはチームごとに交代制で監視にあたりますが、個人に対していつでも障害対応できる状態を求めるケースもあるようです。そのようなインフラエンジニアは、時間や場所を問わず突発的に作業をしなくてはいけない可能性があります。

休日や深夜の作業

常に稼働しているインフラの運用・保守に携わるインフラエンジニアは、休日や深夜に作業を行う場合もあります。

日中は多くのユーザーがネットワークを利用しているため、インフラ業務を行うには、ユーザーがなるべくネットワークを利用しておらず、サービス自体に影響が少ない深夜帯に作業をしなくてはいけないケースも出てきます。また、定期的なメンテナンスのために夜勤がある職場もあります。

労働環境は会社による差が大きい

インフラエンジニアの残業時間や夜勤・休日出勤の有無などは、職場によって差が大きい部分です。たとえば、チームの中で分担制を採っていて、日勤と夜勤を担当する人が明確に分かれていることもあります。一方、日勤担当者と夜勤担当者が分けられておらず、進捗次第でメンバーの残業時間が増え、勤務時間が長くなるような職場もあります。

理想的な職場は簡単に見つけられないかもしれませんが、夜勤を避けたければ夜勤がない会社を選ぶ、週末に休みを確保したければ休日出勤がない会社を選ぶなど、働き方の希望に合わせた職場選びを心がけましょう。

関連記事 : 文系出身でのインフラエンジニアについて

インフラエンジニアに向いている人の特徴

インフラエンジニアに向いているのは、以下のような性格・長所を持った人です。

  • 機械やPCが好きな人
  • 体力に自信がある人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 裏方として人々の生活を支えたい人
  • 事前にトラブルを想定して行動できる人

機械やPCが好きな人

一般的にインフラエンジニアは数あるエンジニア職の中でも、特にIT機器に触れる機会が多いです。したがって、機械やPCで長時間作業をしても苦にならないほど機械やPCが好きな人はインフラエンジニアに向いています。

体力に自信がある人

インフラエンジニアは、現場に機器を運搬して組み立てや取り付けを行わなくてはいけない場合もあります。そのような仕事を行うときには、重い機器を高い位置まで持ち上げる機会も少なくありません。夜勤や休日出勤により不規則な生活になる可能性がある点でも、体力に自信がある人はインフラエンジニアに向いているでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

インフラエンジニアはプログラマーやSE、クライアントの担当者など、さまざまな人々と連携しながら業務を行う必要があります。トラブル発生時にも積極的にコミュニケーションをとりながら問題を解決していかなければなりません。そのため、コミュニケーション能力が高い人はインフラエンジニアに向いていると言えるでしょう。

裏方として人々の生活を支えたい人

インフラエンジニアは、フロントエンジニアのようにエンドユーザーが実際に触るサイトの表側などを作る業務に携わる場合もありますが、ネットワークやサーバーなどの構築、運用・保守といったユーザーに見えない裏側の業務の方が多いです。そのため、実際のエンドユーザーとの接点はたくさんあるとは言えないでしょう。したがって、インフラエンジニアは、人々に実際に見える部分よりも、裏方から人々の生活を支えたい人に向いています。

事前にトラブルを想定して行動できる人

インフラエンジニアはトラブルや緊急時の適切な対応が求められる仕事です。企業のITインフラが停止してしまうと、わずかの間でもその事業に多額の損失が発生する可能性があります。そのため、事前にあらゆるトラブルを想定し、準備や行動ができる人もインフラエンジニアに向いていると言えます。

関連記事 : インフラエンジニアになるにはどんなスキルが必要か

未経験からインフラエンジニアになるにはどんな勉強が必要?

未経験からインフラエンジニアになるには、求人に応募する前に、最低限必要な知識を勉強しておく必要があるでしょう。また、資格を取得しておくと、未経験でも転職に有利に働く可能性があります。

インフラエンジニアになるための勉強方法

インフラエンジニアになるための勉強方法としては、主に以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 本やWebサイトで独学する
  • プログラミングスクールに通う
本やWebサイトで独学する

独学で勉強する場合、本や学習用のWebサイトでサーバーやネットワークに関する知識をつけましょう。Webサイトには無料で勉強できるものもあるので、比較的手頃に始められます。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールは教室での講座のほか、オンラインスクールも普及しており、オンラインなら比較的安価で受講できます。学びたい言語や分野などによって料金や受講期間の相場が異なるので、どのような分野を勉強したいか事前に検討しておきましょう。

本業を持つ人が独学で勉強する場合、空いた時間で進めることになります。オンラインスクールであれば、場所や時間を選ばずに学習を進めることも可能です。スクールでは就職サポートをしてくれるところもあります。

インフラエンジニアになるために役立つ資格

未経験からインフラエンジニアになるためには、資格の勉強で知識を身につける方法があります。また、資格を持っていると、実務未経験であっても転職で有利になるケースがあります。インフラエンジニアになるために役立つ資格としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ITパスポート(iパス)
  • 基本情報処理技術者
  • Linux技術者認定 LinuC
ITパスポート(iパス)

ITパスポートでは、ITエンジニアとして初歩的な知識を得ることができます。ソフトウェア・ハードウェア・ネットワーク・セキュリティ・プログラミングなど、ITに関する知識を満遍なく身につけることが可能です。この資格を持っていることにより一定の基礎的なITリテラシーを持っていることが証明できます。

参照 : 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「ITパスポート試験」

基本情報処理技術者

基本情報処理技術者は、ITエンジニア関連の資格の中でも、最も有名な資格のひとつです。試験ではインフラエンジニアの分野に限らず、エンジニアとして働き始めるのに必要な基礎的な知識が問われます。この資格を取得するとプログラミングやネットワーク、データベースなどに関する基礎知識を持っていることが証明できるので、インフラエンジニアを目指すうえで役立ちます。

参照 : 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「基本情報技術者試験」

Linux技術者認定 LinuC

LinuC(リナック)はLinuxというOSに関する試験です。LinuxはサーバーのOSとして使用される現場も多いので、インフラエンジニアを目指すうえで知識を身につけておくことは重要と言えます。インフラエンジニアを目指す新入社員に取得させる企業もあります。試験のレベルは3段階に分かれているので、未経験者はまずレベル1から合格を目指しましょう。

参照 : LPI-Japan「Linux技術者認定試験 LinuC(リナック)」

関連記事 : インフラエンジニアになるための勉強方法|未経験者・初心者はどんな順番で学習する?

インフラエンジニアの将来性

総務省の「令和元年版情報通信白書」によると、クラウドサービスを利用している企業は、2014年には38.7%でしたが、2018年には58.7%と、4年で約20%も増加しています。クラウドサービスを利用する企業が増加していけば、クラウドへの移行業務などでさらなるインフラエンジニアの需要が見込まれ、インフラエンジニアは将来性のある職種だと言えます。

参照 : 総務省「令和元年版情報通信白書」

「AWS(Amazon Web Service)」、「Microsoft Azure」、「GCP(Google Cloud Platform)」など、導入率の高いクラウドサービスについて知識やスキルを習得しているインフラエンジニアであれば、国内・海外で高い需要があると言えるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアの需要と将来性|クラウドの登場で環境はどう変わっていく?

インフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアのキャリアパスの例として、以下の3つが挙げられます。

  • ITスペシャリスト
  • ITコンサルタント
  • プロジェクトマネージャー

ITスペシャリスト

ITスペシャリストは、経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の定義によれば、セキュリティやネットワーク、データベースなど6つの専門分野のいずれかにおいて、ITスキル標準(ITSS)レベル3以上の高度なスキル、知識を持っているエンジニアを指します。

参照 : 経済産業省、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「職種の概要と達成度指標(6)IT スペシャリスト」

ITスペシャリストは、特定の分野に特化したエンジニアを目指して技術を極めていきたい人に向いているキャリアパスです。

関連記事 : 情報セキュリティスペシャリストの仕事内容

ITコンサルタント

ITエンジニアとして実務経験が長く、知識も豊富な人はITコンサルタントになるキャリアパスもあります。ITコンサルタントの仕事内容は、IT技術の活用を通じてクライアントの経営戦略を推進したり事業課題を解決したりすることです。プロジェクトの立ち上げから運用までをサポートすることがあります。インフラエンジニアとしての経験は、そのまま提案フェーズなどで活かすことができるでしょう。

インフラエンジニアよりも、さらに経営に近い上流工程に携わっていきたい人に向いているキャリアパスです。

関連記事 : ITコンサルタントとは|仕事内容、年収、転職に役立つスキルや資格など

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー(PM)は、プロジェクトの先頭に立ってプロジェクト全体をマネジメントする仕事です。プロジェクトの始まりから終わりまで、スケジュール・人員・予算・品質・進捗などの管理を行います。

プロジェクトマネージャーになるには、豊富な実務経験と高いスキルが必要です。インフラエンジニアの経験を踏まえて、プロジェクトを先頭で動かしていきたい人に向いているキャリアパスです。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)とは|役割や仕事内容、年収は?

インフラエンジニアは情報社会の基盤を支える技術者

IT基盤を支えるインフラエンジニアは現代社会において必要不可欠で、やりがいや魅力のある職種です。クラウドの普及もあり、今後も一定の需要が見込まれています。さらに上流工程のエンジニアにキャリアアップすれば、より高い年収を得られる可能性も高まります。キャリアパスのひとつとして、インフラエンジニアへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事 : インフラエンジニアの上流工程とは

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとインフラエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.