プログラマのキャリアパス・キャリアプラン

R.N 30歳 女性

R.N 30歳 女性

現在、プログラマとして働いています。
35歳定年説などを耳にし、将来が少し不安です。
プログラマとして、皆さんどんなキャリアを歩まれているのでしょうか?

「35歳定年説」は年齢に比例して体力や記憶力が衰えることから、プログラマの過酷な労働環境に対応するのが厳しくなるという意味で語られる事が多いため、不安に思っている方も多いと思います。しかし、年齢、経験を重ねる中で、職位職種を積極的に変えていこう!というポジティブな意味で語られることもありますので、意味合いを正しく解釈することが必要です。プログラマとしてのキャリアの歩み方は、周辺業務に職能を広げていくか、プログラマとしての技術力を徹底的に高めていくのか、の2つに大きく分けることができます。以下の解説に詳細を記載しておりますので、ぜひご覧ください!

詳しい解説はこちら

「35歳定年説」に関して、誤解されている点も沢山あるようです!

「35歳定年説」はネガティブな意味で語られがちですが、ポジティブな意味で語られることもあるので、正しい解釈が必要です。

基本的には、年齢による体力と記憶力の低下から、長期的にプログラマとして働くことは難しいというネガティブな意味で「35歳定年説」は語られる傾向にあります。終日パソコンと向き合い、仕様変更にも逐次対応しながら開発を進めるプログラマは、やはり働き方として過酷な印象があるようです。ただ、言語・フレームワークをはじめ開発に関わる技術のコモディティ化、それにともなう学習コストの低下が進んでおり、労働環境の苛酷さは解消される傾向にあります。

逆に、自分のスキルを向上させ、職位職種を変えながら積極的にキャリアアップをしていくことを指して語ることもあり、ポジティブな意味も含まれています。日本では、プログラマで実践経験を積んだ後、システムエンジニアでシステム全般を担当し、そしてプロジェクトマネージャーとして開発全体を主導するキャリアの作り方が一般的です。かつ、業務の担当範囲が広がるにつれて給与が高くなる傾向にあり、年齢・経験を重ねる中で職位職種を変えていくというキャリアアップを指して「35歳定年説」が語られることもあります。

「先が無い」と解釈するのか、「先がある」を解釈するのかで、プログラマとしてのキャリアの作り方も大きく変わりますので、両側面への理解を深める事が大切です。

部下を管理していく「マネージャ職」か専門性を深める「エキスパート職」の2つのキャリアパスが主流!

プログラマのキャリアパスといえば、2つの大きな流れがあります。部下を持ち開発を管理することが主な業務になる「マネージャ職」と、技術を極めた「エキスパート職」の2つです。

前者の「マネージャ職」は、プログラマのキャリアステップの定番です。プログラマ、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーと徐々に移動し、人によっては部門長あるいはITコンサルタントへとキャリアを変えていきます。このように一連の流れで年齢と経験を重ね、徐々に職位と職種を多様化させていこうというものです。

また、「ずっとプログラマでいたい」と考えている方も少なくなく、「エキスパート職」として専門性を徹底的に磨くキャリアの作り方もあります。後者の考えに共感できる人が、「そろそろプログラムを書くのをやめてシステムエンジニアにならないか」や、「30代になったから管理業務に移ったらどうだ」などアドバイスされても、イメージが湧かずしっくりこないと思います。他の職位・職種には興味がなく、今までプログラマとして積み上げてきた技術をさらに高めたいという人もいるでしょう。色々な考え方を持ったプログラマがいるので、どういうキャリアパスを歩むのが最善であるかは一概には言えません。

プログラマは転職に有利、システムエンジニアは独立に有利、という考え方もあるようです。プログラマとして技術を極め、さらに自分の条件や希望に合った転職先を見つけるのも、1つのキャリアパスであると思います。

キャリアパスと言えば職位・職種を変えること、というイメージがある人もいるかもしれませんが、同じ職位・職種の中で成長するキャリアパスもあるということですね。正解はなく人それぞれなので、働いていく中で自分に合った道を見つけていくことが大切です。

プログラマ(PG)の案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.