オンラインカウンセリング実施中

キャリアパスの選択肢も考察
プログラマのスキルアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

プログラマとして「スキルアップ」を目指すにあたって、下記のように大きく二つのキャリアの方向性が考えられます。

A.純粋な、プログラマとして専門性を磨く
B.プログラミング能力だけでない、より上流のキャリアを目指した職能を磨く

様々な案件を経験することで、自分のキャリアをどの方向に伸ばすかということを常に意識すると良いでしょう。

プログラマー案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

プログラマとしてのスキルアップ
プログラマからのキャリアパス
フリーランスという選択肢

プログラマとしてのスキルアップ

プログラマとして専門性を磨いていくためには、何よりも基礎を固めることが重要です。基礎がしっかりしていれば、他の言語での開発にも応用できることが多いでしょう。

応用力のあるプログラマとしてキャリアアップする際に役立つのは、客観的な視点です。

仕様書通りにコーディングしたり、プログラムの動作確認などの作業を黙々とこなしたりするのではなく、その工程がどんなシステム開発に繋がっているのかなど全体像を考えながら進めていきましょう。

1つのプログラミング言語を極める

まずは1つのプログラミング言語を極めることが大切です。

習熟度が上がっていくと作業効率が向上する上に、極めた言語に関係する他言語の習得スピードが上がります。そうすることで、キャリアを広く深く築くことができます。

1つのプログラミング言語にある程度習熟したら、その他の言語知識も勉強する

開発するシステムの種類によって使用する言語は変わってきます。

業務系ではJava、C++、C、Web系ではPHP、Ruby、Python、Perlなどがよく使用されます。

プロジェクト内容によって適正言語は異なるので、複数言語の知識があれば参画のチャンスを広げられます。

関連記事:プログラマに必要なスキル

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマからのキャリアパス

「上流」と一口に言っても、キャリアパスとしていくつかの職位・方向性があります。どんな職位があるのかを知った上で、自分の強みや志向にあったキャリアを考えていきましょう。

1.業務志向型

アプリケーションスペシャリスト:お客様の事業内容・商品を考慮し、どのようなアプリケーションを作ると良いかを考案

2.技術志向型

a) ITスペシャリスト:SEのこと
b) ITアーキテクト:システムの設計様式・構造を提示

3.戦略志向型

コンサルタント:お客様のビジネス・経営についてITを切り口にコンサルティング

4.管理志向型

プロジェクトマネージャ:プロジェクトに関わる人の取りまとめ

関連記事:プログラマのキャリアパス・キャリアプラン

フリーランスという選択肢

AやBのキャリアを実現するにあたり、「フリーランスとして働く」という選択肢があります。複数企業で多様な案件に参画することで、プログラマとしてのスキルの幅を広げることが可能です。

様々な案件で経験を積んでいくとスキルなど市場が求める条件を把握できるので、効率良くスキルアップを図ることができます。

関連記事:フリーランスのプログラマー・SE(システムエンジニア)で年収800万円以上稼ぐための16のヒント

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方へ
プログラマー(PG)の求人・案件
東京エリアでのプログラマー(PG)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとプログラマー(PG)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.